レモングラスティーは夏バテ・夏の冷え性にピッタリ

なんとなく蒸し暑いような、その日の天気によって寒いような、オフィスやお店で気を抜くと寒いような…ハッキリしない気候にゲンナリしています。足先は冷たいけど顔とか頭とかは「暑い」感じで非常に微妙な状態になる予感がしているので、これからますます暑くなる、夏場に使っても暑苦しくないスッキリ系のハーブで冷えにも良さそうなレモングラスをご紹介します。

 

レモングラスについて

アロマスプレーなどの芳香剤や、ハーブティーのブレンドなどで良く目にするレモングラス。名前に“grass(草)”と付くようにイネ科の多年草で、東南アジアに広く分布しています。料理だとトムヤムクンやタイカレーなどにも利用されることが知られていますが、インド料理やカリブ料理などにも使われています。基本食べませんので「邪魔だなぁ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、独特の爽やかな風味付けや食材臭み消しとして無くてはならない存在なのだとか。

原産地でもあるインドでは古くから「チューマナ・ブールー」という名前で知られており、伝統医学アーユルヴェーダでは熱を下げる・感染症・吐き気の治療などに利用されてきました。ブータンでも同様に薬草として利用されていたそうですし、中医学(漢方)でも頭痛や腹痛などに対する鎮静・鎮痛効果を持つ生薬「檸檬茅(もしくは香茅)」として利用されています。

現在でもレモングラスのハーブティーは風味を楽しむほかリラックス用などとして活用されていますし、精油はアロマテラピーをはじめ香水・室内芳香剤・入浴剤・防虫剤など様々な製品に配合されています。その用途や期待される働きの広さから“万能ハーブ”や“アジアの薬草”とも呼ばれているのだとか。

 

ちなみにレモンバームレモンバーベナなど「レモン」が付くハーブが幾つかあって紛らわしいですが、レモンバームは地中海原産のシソ科多年草・レモンバーベナは南米原産のクマツヅラ科落葉低木・レモンマートルはオーストラリア原産のフトモモ科常緑樹と原産地や植物分類(科)が異なります。

 

共通しているのは呼び名にも付けられている「レモン」様の芳香成分であるシトラールを含むこと。ただし成分含有率やシトラール以外の成分の違いから期待される働きも若干異なっています。原産地や製造社などによって差はありますが、レモングラスはシトラール含有量は中くらい〜高めくらいのポジションの模様です。ちなみに本家であるレモンのシトラール含有量は10%前後とかなり低いのだとか。

ミネラルバスパウダー_冷え改善

 

レモングラスと冷え性の関係

レモングラスの爽やかな香りのもと「シトラール」には血管弛緩作用があることが報告されています。

ラズベリーリーフティーって冷えにも良いんだろうか?

宝石のような綺麗な赤い果実のラズベリー。日本では昭和くらいまでほとんど使われませんでしたが、21世紀に入った頃からムースやジャムなど洋菓子原料として需要が伸びているのだそう。ベリーとしてだけではなく女性に優しいハーブとして、ダイエットの助っ人として、色々注目されているラズベリー。

ダイエットに良いんなら代謝が上がるとか冷えにも良いん働きがあるんじゃなかろうかと、調べてみました。(※私自身は飲んでor食べるだけで痩せる、的なものは信じてません。平均の1.5倍位体重あったらアレですけど、一応標準圏内だからか、温まるのはわかるけど痩せたためしはない;)
 

ラズペリーについて

ラズベリーはバラ科キイチゴ属の低木植物とその果実のことを指す言葉で、広義であれば日本で自生しているキイチゴなど数十種類以上が含まれるそう。ブラックベリー・デューベリーなども近縁種で、ラズベリーに含まれるのだそう。ですが、食べ物としてラズベリーという場合は和名「西洋木苺(セイヨウ/ヨーロッパキイチゴ)」やその栽培品種のことのみを一般的には指します。

ラズベリーは世界各地に自生し地域の人に食用とされてきましが、栽培の歴史は比較的新しく、最初の栽培の記録は1548年と言われています。イギリス修道士が滋養強壮用に栽培したとも言われ、徐々にヨーロッパへと栽培が拡大し交配・品種改良も行われていきます。
ヨーロッパ人はラズベリーを食料としてだけではなく、メディカルハーブ(東洋で言うところの生薬)としても利用していました。助産婦さんなどがラズベリーの葉を「出産(安産)のためのお茶」として出産準備に利用していたことが知られていますが、その他にも下痢・消化不良や扁桃炎などの喉の炎症、外傷のケアなど家庭薬として親しみのある存在だったようです。
 

ラズベリーリーフティーの成分と働き

【女性の体とラズベリーの関係】
ラズベリーリーフティーは「女性の体を整える健康茶」として紹介されることが多いかと思います。これはラズベリーリーフに含まれるポリフェノールの一種「フラガリン」という成分が子宮周りの筋肉の強化に役立つと考えられているためです。

古くは出産準備や母体の回復などへの使用がメインでしたが、近年は子宮を強壮すること・そこからホルモンバランス調整にも役立つと考えられ、月経困難、月経過多、PMS(月経前症候群)など女性特有の不調の多くに役立つのではないか考えられています。鉄分など女性に不足しやすいミネラル類も豊富に含まれていることから、相乗して女性の体を整える働きがあるハーブとして利用されています。

【老化防止や美肌効果も】
ラズベリーリーフにはフラガリン以外にもポリフェノール(フラボノイド類)・エラグ酸などの抗酸化物質を含んでいるため、酸化による老化を抑制する働きも持つと考えられています。子宮周りの強壮に役立つフラガリンと相乗した働くことで更年期障害の緩和にも役立つとする説もあります。

またエラグ酸は「肌の漂白剤」といわれるハイドロキノンと並ぶ美白成分としても注目されています。チロシナーゼという酵素の働きを抑制することでメラニン色素生成を予防し、肌を白く保ってくれるそう。漂白するというような危険な働きではなく、抗酸化作用とメラニン色素生成抑制によって日焼けやシミを防いでくれます。またミネラルや葉酸を微量含むことから貧血や血行不良が改善してくすみがとれる=透明感をアップさせる手助けもしてくれそうですね。
 

オレンジ・ミカンの皮=体を温める生薬「陳皮」?!

南国や欧米などと比べると果物を食べる習慣があまりないと言われる日本でも、メジャーな果物ベスト5に入りそうな存在「ミカン」。特に酸味が少なく、手で剥いてパクパクと食べられる温州蜜柑(冬ミカン)は小さいお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで皆の人気者と言える存在ではないでしょうか。

子供の頃、冬休み中はゴミの袋の中のみかんの皮比率が非常に高かった覚えがあるのですが(笑)、この捨てていたミカンの皮が低コストでなかなか優秀な冷えとり素材のようなのです。今時期ミカンかよって話ですが、オレンジの皮でも代用できるのでとりあえずメモ。
 

陳皮(チンピ)とオレンジピールの違い

陳皮の定義として日本薬局方では温州蜜柑又はマンダリンオレンジの成熟した果皮とされています。生薬「陳皮」として利用・販売されているものは数ヶ月〜年単位で乾燥・熟成されています。乾燥の浅いものは橘皮(キツヒ)ビターオレンジ(ダイダイ)やナツミカンの未熟な果実を乾燥させたものは枳実(キジツ)など種類や完熟度合いによって同じ「柑橘類の皮」でも区別されてそうです。

漢方で陳皮は健胃・鎮静・鎮嘔・去痰作用が期待出来ると考えられており、主に芳香性健胃、鎮咳薬として利用されています。そのほか感冒(風邪薬など)や痰が絡む咳、魚類による中毒などにも利用されることがあります。橘皮なども得意とする点に多少異なりはあるようですが、概ね同じような目的で利用されているようです。

温州蜜柑と言えば冬ミカンとも呼ばれる、日本の冬・こたつの上の定番果物。ワックスや農薬を落とすため洗ったあと水に数時間付ける・細かく切って一週間くらい天日干しにするという工程で、普段捨ててしまうミカンの皮を再利用して作ることが出来ます。手作り陳皮と言われますが、厳密には橘皮になるのかな?
本式に作るのはなかなか大変ですが、身近にあるもの・しかも普段捨ててしまう部分で作れるというのは嬉しいポイントですよね。エコ度も高くて地球に優しいですし、お財布にも優しいですね。

では製菓原料・ハーブとして利用されるオレンジピールはというと…

サフランと並ぶ冷え・婦人科系ハーブ「サフラワー(紅花)」

前回ご紹介した月経トラブルや冷え改善など、女性に嬉しいハーブ「サフラン」。そのサフランと並んでよく登場するハーブに「サフラワー」もしくは「紅花」と呼ばれているものがあり、どちらかといえばこちらの方がよく使われるようなので続けてご紹介します。
 

サフラワー(紅花)とは

サフラワーは日本では「紅花(ベニバナ)」という和名での方が良く知られている、キク科ベニバナ属の植物です。紅花染の染料、紅花油の原料として使われていることはよく知られていますし、ナチュラル系コスメが好きな方なら口紅の色などに用いられているイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。

サフランも古代エジプトの医学書に記載があるほど古い存在ですが、サフラワーはというと紀元前2500年頃のミイラの着衣がサフラワー(ベニバナ)で染められていたと言われています。薬用植物としてよりも天然染料として知られた存在であり、古い時代から栽培が行われていたため原産地もはっきり分かっていないそうです。

日本への伝来時期もはっきりとはわかっていなないものの、3世紀〜6世紀頃にシルクロードを経由して中国から伝えられたようです。奈良時代には染料として用いられており、聖徳太子が定めた女性の最高位色が「紅」であることから当時は貴重な存在であったと考えられています。平安時代には関東などで盛んに栽培も行われていたことが分かっています。
 
サフラワーの花↓
サフランは雌しべだけを利用するのに対し、サフラワーは花(花弁)全体をハーブとして利用します。
乾燥したものはベニバナではなくコウカと読み、腹痛・月経不順・更年期障害など婦人病、血行障害による瘀血(おけつ)・冷え・腫瘍などの改善に生薬として用いられます。
 

サフラワー(紅花)と冷えとりの関係

サフラワーも血行促進作用がある生薬として日本薬局方に収録されています。「代謝が〜」「冷えが〜」などのCMでお馴染みの薬用酒「養命酒」にも配合されていますし、大きめのドラックストアでは血行を整える効果が期待できる健康茶として「紅花茶」も置いてあるので、目にしたことがある方・飲んだことのある方も多いかもしれません。

ネトルのハーブティーで冷えとり&今から花粉症予防

今更ながら、新年明けましておめでとうございます。
今年もゆるーく楽しく冷え性改善とダイエットを頑張るのが豊富です←

今年一発目にご紹介したいのはハーブティーの「ネトル」。
血行改善・冷え症の改善は勿論ですが、近年花粉症予防としても人気急上昇のハーブティーです。

花粉症に良いハーブティーと言え…で3本指に入るといっても過言でないほど定番の存在でもあります。ネトルティーを花粉症予防として使用する場合には「症状が出そうな時の2〜3ヶ月前から飲み始めると良い」と言われていますので、1月から1日1杯飲むようにしておくと症状緩和が期待出来ますき

ネトルとは

ネトルもしくはスティンギング・ネトルとハーブ関係では呼ばれることが多いですが、実は日本にも自生している植物で「イラクサ(刺草)」と呼ばれています。地域によってアイコ、アエコ、イラナ、アエダケなどの方言があります。

イラクサ(刺草)という和名の通り、茎や葉の表面に毛のような細い刺があるのが特徴。刺自体は鋭いわけではないのですが、刺に触れることで刺激性化学物質が皮膚下に混入されることで強い痛みを感じます。英名のネトルも英語の針(needle)が語源とされており、万国共通痛い思いをした人がいたことがうかがえます。

↓白いホコリみたいなものが問題の刺。
知らなかったら普通に触ってしまいそう汗

ネトルはヨーロッパでは2000年以上も前から利用されてきた歴史を持つハーブ。1世紀頃には利尿や便通改善作用があることが報告されていたほか、幅広い用途に利用できるハーブとされていました。浄血や造血用としても古くから用いられていたほか、アメリカ南北戦争ではネトル浸出水に浸けた包帯を止血用として利用したそうです。
 

ネトルティーと冷え性改善

ネトルティーはビタミン・ミネラル・ポリフェノール・葉緑素(クロロフィル)などを豊富に含んでいます。
冷えの解消に役立つとされているのも特出した有効成分の働きというよりも、豊富な栄養成分・ポリフェノールなどの複合効果によるところが大きいと考えられます。

【冷えとり効果”老豌善】
ネトルティーは鉄分が豊富に含まれていることから、特に女性に多いとされる鉄欠乏性貧血の予防・改善に役立ちます。また葉緑素(クロロフィル)もベジタリアンやヴィーガンの貧血防止成分とも言われる存在で、ヘモグロビンに似た構造を持ち血液合成を助けてくれる成分です。

鉄分と葉緑素により貧血状態が改善することにより、血液自体が不足して起きている冷え性の改善にも効果が期待できるでしょう。貧血予防に役立つこと、その他のミネラルも豊富なことからネトルティーは女性向けの健康茶にもよくブレンドされています。

年末年始はシナモン甘酒でほっこり温まろう

初詣に行った際、神社の境内にある出店でもよく見かける甘酒。ほんのりお酒っぽい香りと、優しい甘味は寒い中飲むとものすごく美味しく感じますよね。何年か前から「飲む栄養点滴」「体に良い甘味」「甘酒ダイエット」などメディアで取り上げられ、飲む人の増えてきた甘酒。
冷え性に良いっていうのも良く聞くので調べてみました。

甘酒には2つ製造方法がありますので、まずそちらから紹介します。


【酒粕甘酒】
蒸したお米と米麹を発酵させ、日本酒を圧搾した後に残る「酒粕」と言われる部分を水に溶いて作ります。一般的に「甘酒」として販売されているものの多くはこちらのタイプ。

酒粕から甘酒をつくる場合、基本的には水に溶くだけなので手軽で簡単。砂糖・塩などを自分で入れて調整します。
 

<酒粕甘酒のデメリット>
若干アルコールが残っている場合がある。
砂糖を入れないと飲みにくい。

 

【米麹甘酒】
米麹と米だけで作る甘酒です。何年か前に美容・健康に良いと言われて流行した甘酒はこちらのタイプ。ジャパニーズヨーグルトとも呼ばれているのだとか。

米麹で作った甘酒のメリットはお砂糖不使用でも充分に甘いこと。そのためローカロリーですし、料理の際にお砂糖替わりに利用することで砂糖(極陰性食品)で体を冷やしてしまうことの予防にもなると言われています。

ちなみに「玄米甘酒」というものもあり、白米よりさらに栄養価は高いと言われています。

マテ茶は冷え性・ダイエッターの味方です♪

体に良いお茶として某ペットボトル飲料でも見慣れている「マテ茶」。栄養価が豊富とか、体に良い、とか漠然としたイメージはありますが、実のところ何がそこまでもてはやされているのか分からない…という方もきっと私だけではないはず(苦笑)

ハーブティーを筆頭にお茶ってなんやかんや体に良いって言われてるじゃんね…と思っていたんですが、調べてみるとマテ茶結構すごいです。最近はダイエットティーとして売り出されていましたが、どちらかというと栄養補給や体質改善なんかに役立ちそうな印象です。
 

マテ茶の基本知識

マテ茶は「イェルバ・マテ」と呼ばれるモチノキ科の潅木の葉を原料にしています。日本では最近(2010年以降)までマイナーなお茶でしたが、世界的には消費量の多いお茶のようで、コーヒー・茶(紅茶や緑茶を総合)と並んで世界三大飲料とも呼ばれています。

原産はアルゼンチン・ブラジルなどの南アメリカ大陸。南米では日本のお茶感覚で親しまれているお茶ですが、嗜好品としてだけではなくビタミン・ミネラルが豊富な「飲むサラダ」として、野菜などの栽培にあまり適していない地域では栄養補給源としても必需品であったのではないかと考えられています。

ビタミン・ミネラルが豊富で心身の強壮や疲労回復に有効であることから、飢えてはいない割に栄養価が偏っている現代人(日本人)の食生活を支えるのに適しているというのがマテ茶が定着した第一の理由と考えられます。
 
↓どうも会社の自販で買っていたコレのイメージが強いw
マテ茶が日本で有名になったのもコカ・コーラさんのこの商品のおかげなのだそう。

ちなみにコーヒーやお茶よりは少ないですがカフェインを含んでいます。妊娠中・授乳中の方や、カフェインを避けている方は要注意。
 

冷え性に嬉しいポイント

マテ茶は豊富な栄養成分と植物アルカロイド「マテイン」などの複合効果によって様々な健康効果が期待されています。直接的に体を温めたりする働きはあまり期待できませんが、心身のバランスを整えることから冷えの改善にも役立つと考えられます。

【”老賤祝鼻Ψ豺埖タ覆法
マテ茶にはテオブロミンとテオフェリンから形成される植物アルカロイド「マテイン」を含んでいます。マテインには血管拡張作用があり、血行を促進させることで冷え性の改善新陳代謝向上にも役立つと考えられています。
続きを読む >>
| 2015年11月21日 | ホットドリンク | trackbacks(0) |
Copyright (C) ホットドリンク | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.