腸内環境が悪いと冷えとり失敗の可能性が

最近話題の腸内環境(腸内フローラ)。
美肌・ダイエット・アンチエイジングなど女性が気になる問題から、免疫力向上などお子様やお年寄りまで必要な健康維持問題まで全てに絡んできますよね。
冷えとりを実行するにあたっても、腸内環境が整っていないと上手く体を温められない可能性があります。

 

腸内環境と冷え性の関係

腸内環境が悪いと便秘をしやすい体質になります。これは何となく想像つきますねw
便秘の場合はもちろんですが、そこまで重度の便秘だと認識していない場合でも、腸内フローラが悪玉菌優勢の状態だと、悪玉菌は有害物質を発生させます。毒素とか言われるものも含みます。便秘の場合は悪玉菌の食べ物が常に満ち溢れている状態なので有害物質の発生量が多くなりますが、排便されていたり下剤を飲んでいても元気な悪玉菌がたくさんいれば毒素は生産されていますから要注意です。

腸内に住んでいる悪玉菌が出した有害物質。おならになって全部出て言ってくれればマシなんですが、大半は腸壁から吸収されて、血液に溶け込みます。すると『血液+毒素=ドロドロ血』となり、血液がスムーズに流れなくなるために、血行不良による冷えを起こします。
さらに血液と一緒に毒素が体を回ってしまうと、筋肉や内臓機能が低下して代謝が低下=熱生成量も低下してしまいます。
『血行不良+熱生成低下=冷え性』まっしぐら。

デトックスや代謝向上を心がけるのも大切ですが、腸内環境が悪いとその毒素が自分の体の中で発生している・代謝アップのために食べた食材のカスが(悪玉菌の代謝によって)毒素の元になるというジレンマを抱えることになってしまうのです。

ヘスペリジンの威力! 冷えにも敏感肌にも

冷え性や冷えが気になる方、もしくは美容や健康のために温活をしようとしている方のすべてが寒がりという訳ではありませんよね。気温が高くなってくるにつれ、唐辛子や生姜など「体を温める」と言われる成分を摂るのが苦痛になってくる方も多いのではないでしょうか?

暑い・辛い、という時は無理やり「体を温める」「かっと暑くなる」ものを食べるよりもビタミンEや今回紹介するヘスペリジンなど、血流を整えてくれる成分をメインに摂るのがオススメです^^

 

ヘスペリジンと冷え性改善

ヘスペリジンは別名ビタミンPとも呼ばれるビタミンの仲間で、柑橘類に多く含まれる天然ポリフェノールです。オレンジやミカンなどの特に薄皮や白いスジに多く含まれています。

余談ですが漢方でもミカン科の皮(厳密にはマンダリンオレンジの果皮)を干したものを「陳皮」という生薬として利用しており、発汗作用などがあることから風邪の症状に用いられています。

へスペリジン(ビタミンP)には末梢血管を丈夫にしてくれる効果があります。またポリフェノールの一種なので抗酸化作用も期待できますから、ドロドロ血液の改善による血流の改善にも役立ってくれます。毛細血管の強化と、血液のコンディションを整える作用から血流が改善されれば、冷え性の改善(特に末端冷え性の改善)が期待できます。

参考:Slow Beauty

 

敏感肌の改善にも役立つヘスペリジン

栄養を届け・老廃物の排泄を促すなど、お肌の血行を整えるのも美肌作りには大切ですよね? 肌にもまんべんなく血管は通っていますが、大事なのはお肌の血管のほとんどが毛細血管であるということ。

生理前の冷えと女性ホルモンの関係

生理前に体が冷たく感じる

冷えを引き起こす原因…と言われているものは様々ですが、女性の冷え性の場合は女性ホルモンとの関係も無視することはできません。元々冷え性の女性は勿論ですが、普段それほど体の冷え・寒さを感じない女性でも「生理前」の時期になると体が冷たく感じる人が多いんだとか。また、冷えが悪化して起こる「戻り冷え性」や「ホットフラッシュ」という状態も生理前症候群(PMS)の症状として挙げられます。

生理前になると冷える・冷えを強く感じる・冷えが悪化して火照る…などの症状がある場合、女性ホルモンの影響を受けている可能性があります。女性ホルモンの変動が冷えを引き起こすのには「むくみ」と「自律神経」2つが原因として考えられます。
 

ホルモンバランスによるむくみから冷える

生理の約2週間前くらいから分泌が活発になるホルモンに黄体ホルモン(=プロゲステロン)があります。生理痛や生理前の体重増加を引き起こす原因と言われ、妊活などをしていない女性には「悪者」扱いされることもあるホルモンですね。

プロゲステロンの働きは体を妊娠しやすい状態に整えること。
そのためには身体に栄養を蓄えようとして水分や便の排出まで抑えてしまいます。

体がむくむと、体内で生成している熱エネルギーは蓄えた(余分な)水分を温めることにも用いられます。むくんでいない時よりも熱が行き渡るのは少なくなってしまいますから、体が冷えることになります。
また体が冷えていると血液循環や水分代謝が低下してむくみやすくなり、そのむくみによってさらに体が冷えるという悪循環を起こしてしまいます。
 

足の裏が熱くて眠れない4つの原因…戻り冷え性?

こんばんは。最近不眠気味で頭がガンガンしている管理人です。
何で寝られないかといいますと、足が暑い…足の裏が、熱いのが気になって気持ち悪くて仕方がないからです…ガーンネコ

冷え性でいつも足が冷たかったから違和感があるのか?
春で温かくなってきたから?
冷えとり靴下が早くも効いた?
…と色々考えたんですが、調べてみたら「それも冷え性の症状」という結論に至りました;
冷え性なのに暑いのかよ…。。

覚書的に調べたことをメモしておきます。
 

足の裏が熱くなる4つの原因

【自律神経が乱れている】
自律神経が乱れていると温度調節・体温調節がうまくできなくなり、汗を出す機能を調節する機能も低下してしまったりするので、冷え・のぼせ・ほてりなどを感じます。

【疲労で血流の流れが悪い】
一日中歩き回るのは勿論ですが、立ちっぱなし・座りっぱなしでも足に疲労が溜まりますし、血の巡りも悪くなってしまいます。ストレスから発熱・発汗作用によって熱く感じますし、疲れきった足は冷却機能がうまく機能せずにオーバーヒートを起こすことも。

春冷え注意…冷え性・温活女子の踏ん張りどころ

春、何となく暖かくなってきて、街ゆく人は皆薄い上着一枚か、上着なし、ちょっと気温が高い日なら半袖の人もいたりしますね。冷えないように暖かい格好と言われても、
自分だけ着込んでいるのもなんかなー、とか
綺麗な色の春っぽい服着たいなー、とか
ぽかぽか暖かい陽気で寒いって感じないから大丈夫
…と思っていませんか?

春は上半身は温かい空気に触れてぽかぽかと暖かく感じますが、足元までは温かくなりません。そのため冬よりも体の冷えに気づかないまま悪化させてしまう可能性が高い一方、足先の冷え(末端冷え性)の人は冷えや冷えによる火照りを感じやすい季節であるとも言われています。
厄介な期間ですねパンダ
 

春冷え・春に冷えを起こす原因

春は温かい…と言ってもまだ寒い日もあります。
「三寒四温」という言葉はもともと冬季の気候を表す言葉だったのに、「寒い日が3日ほど続くと、その後4日くらい温暖な日が続き、また寒くなる」という状態は、冬よりも春先に低気圧と高気圧が交互にきた際の気温変化に当てはまることから、春の気温変化を表す言葉として使われることのほうが多くなっています。
日による気温差も勿論ですが、朝夜の気温と昼間の気温差もあります。1日の中の気温差は冬よりも春の方が大きいです。
お昼の気温に合わせて出かけると夜ヒヤヒヤと寒かったり、朝に着込んで出かけたら昼間汗をかいて、夜にその水分が冷えて体を冷やしたりしてしまいます。

一日の中の気温差も、昨日と今日の気温差でも、激しい気温差はストレスになり、自律神経を乱してしまいます。気温差によるストレスによって自律神経が乱れることで体温調節機能の低下や血行が悪くなってしまい、さらに冷え性を悪化させていく可能性が高いと言えます。

また、春の温かさによって急に薄着になったり、重ねばきしていた靴下や、ブーツ、厚手のタイツなど足元の防寒対策を止めてしまうことも春に冷えを起こす原因として考えられます。
 

簡単にできる4つの春冷え対策

_屡梢箸諒櫺
春に最も冷えるのは足元。とは言え、筋金入りの冷えとりファッションの方はさて置き、仕事や見た目の関係で春なのにもこもこのレッグウォーマーをガッツリ履くのはちょっと…という人も多いのではないでしょうか。
そういう場合は休憩中や家に帰ってきた時にふくらはぎを揉んで下半身の血行を促進させたあと、家の中では靴下やレッグウォーマーで足元をガッツリ温めるようにしましょう。

気温の変化(気温差)と乱天候冷え

温かい…というか暑いと思って気を抜いたら、初春に戻ったような寒さが来たり、何かと気温の変化が激しい近頃。
北海道では4月末に雪がふることもあるとかで、まだまだ気の抜けない季節です。
 

自律神経について

自律神経が乱れるから冷えるというのは定番。女性の不調と合わせて自律神経失調症という言葉もよく聞きますね。
自律神経というのは末梢神経の一つで体性神経(運動神経など)のように自分の意志で動かのではなく、自動的に体の機能を調節するために働いている神経で、私たちの生命活動を支配している重要な神経です。

自律神経は交感神経・副交感神経の2つに分かれます。

【交感神経】
交感神経は一言で言うと「緊張の神経」。
「いつでもすぐに動き出せる状態」を保つために、呼吸や心拍数を速くして、血管を収縮・胃腸の動きを抑えるなどの働きがあります。主に日中や活動・興奮・ストレス時に活発化します。暑い時に活発になるのも交感神経。

水分の摂り過ぎでも、水不足でも冷えは悪化します

冷え性の原因として「水分代謝が悪く余計な水分が溜まっている」「むくみ」などがあり、水分の摂りすぎって良くないのかなと思う反面、水分不足でも冷え性は起こります。
水を飲み過ぎると冷えが悪化する・水不足だと冷えが悪化する、どちらも間違いではありません。

美容や健康のために、冷え性解消のために、水との付き合い方を考えてみたいと思います
 

水分過剰と冷え性

何年か前にモデルもやってる美容法のような感じで一日最低2L水を飲む…なんていう方法が流行りました。中学の時にバレリーナを目指していた子も大きいペットボトルのミネラルウォーターを担いできた覚えがあるので(笑)まぁ、結構ベーシックなダイエット法・美容法と言えるのかもしれません。

ですが、胃腸が弱い人・冷え性の人・水分代謝が悪い人などが大量に水を飲むとダイエットやデトックス効果よりも、水分が溜まってしまって起こる「水毒」と言われる状態を起こすリスクが高まります。

水飲みダイエット推奨者には「水太りするのは一時的なもの」と切り捨てている人がいますが、一時的なもので終わらない可能性ももちろんあります。代謝が悪い人は冷えが悪化してより水分を溜め込みやすくなり…と悪循環を起こしていってしまい健康面での問題を起こしますから無理をせずに中断してください。
水をあげすぎた植物が根腐れを起こすように、人間だって水を飲み過ぎると危険な状態になるのです。

【水分過剰による水毒のサイン】
むくみ・胃にポチャポチャと水が溜まっている感覚がある・めまい・頭痛・偏頭痛・頭重感・疲労感・倦怠感・鼻炎・鼻詰まり・くしゃみ・下痢・吐き気(嘔吐)など

※症状が悪化した場合は低ナトリウム血症を起こし、ひどい場合は精神錯乱・痙攣・昏睡・呼吸困難や脳出血から死に至る場合もあります。
 
ミネラルバスパウダー トライアル(分包セット)
続きを読む >>
| 2015年04月07日 | 冷えとり小話 | trackbacks(0) |
Copyright (C) 冷えとり小話 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.