冬に嬉しい“日本酒入浴”は温め・保湿・美白と三拍子揃い

手先の冷えが本格化してきた冬場になるとちょっと恋しくなりるのが日本酒風呂。ギンギンに体が冷えていると体が温まるより早くお湯が冷めるんですが(私だけ?)、個人的な体感では日本酒風呂だと湯船に入ってから体が温かくなるまでの時間が塩やにがりよりも短いような気がします。ちなみに市販されているメジャーな発泡入浴剤とかはお湯だけよりも温まっているのか分からない人ですw

特に酒好きというわけでもないので気温の高い夏はあまりやりたく無い反面、冷えが悪化してくると日本酒の出番ですねと心のなかで呟いたり。家でお酒飲まないので、ひたすら入浴材用に安い日本酒をちら見している最近です(笑)

 

日本酒風呂=美容入浴方法?

日本酒風呂といえば「藤原紀香さんや長澤まさみさんの美肌(美貌?)の秘訣」という冠言葉付きで紹介されることも多いので、美肌効果がある入浴法という印象が強い方が多いのではないかと思います。

日本酒の美肌効果は古くから知られていたそうで、古くは舞妓さんが余った日本酒を化粧水代わりに使っていた・化粧水代わりに付けてシミが対策にしていたという話もあります。現代でも「日本酒を作る職人(杜氏)さんの手は綺麗」という話もよく耳にしますね。また手作り化粧水のレシピで精製水の代わりに日本酒を使ったものも多くありますし、お酒メーカーさんが出した化粧品も結構人気なのだとか。

日本酒風呂が美肌作りに役立つとされているのはいくつかの成分・働きが考えられます。大きく2つに分けてご紹介します。

 

【保湿効果】

日本酒に含まれているオリザブラン(米ぬかエキス)・αGG(アルファ・グリコシル・グリセロール)などは保湿成分として化粧品などにも利用されている存在です。またアミノ酸も水と結合する性質が強いため肌表面の水分を保持することで潤いを保ってくれる働きがあります。このため日本酒を入れたお風呂に入ると湯上がりの肌がプルプル・モチモチに感じたり、しっとり感が長続きするそうです。

さら湯に入った後すぐに保湿しないと乾燥が…という方も居ますが、日本酒風呂は湯上がりもコーディングされたような状態になっているので乾燥肌ケアに最適なのだとか。シャワーなどで淡い流してしまうと保湿効果も半減するので、乾燥肌の方はそのまま上がったほうが良いでしょう。ちなみに日本酒のアミノ酸含有量は赤ワインの約10倍とも言われていますから、乾燥肌が気になる方は赤ワイン風呂より日本酒風呂がオススメです。

 

【美白・ハリ向上】

日本酒にポリフェノールが含まれているというイメージがない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はフェルラ酸」という強い抗酸化作用が期待されるポリフェノールも含まれています。また保湿効果がある成分として紹介したαGG(アルファ・グリコシル・グリセロール)はヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す作用があるという報告もなされています。フェルラ酸とαGGが相乗して働くことで紫外線・ストレスなどによる活性酸素発生を抑制し、肌の酸化=シミ・シワ・たるみなどの老化現象を予防してくれると考えられます。

加えて日本酒のコウジ酸にはメラニン色素の生成を抑制する働きが報告されているほか、黄ぐすみなどを改善して透明感をアップさせる効果があると考えられています。フェルラ酸の抗酸化作用と合わせてシミ対策に高い効果が期待されていますから、昔の人がシミ消しに日本酒を塗っていたというのも効果を実感した方がいらっしゃったのかもしれませんね。
現時点でさほど肌老化(酸化)が気になっていない方でもコウジ酸による肌の透明感アップや、αGGによる肌のプルプル感やしっとり感アップなど美肌効果が期待できます。またフェルラ酸の抗酸化作用は過酸化脂質生成抑制にも役立ちますから、ニキビ対策にも役立ってくれそうです。

保湿効果によって肌の乾燥がなくなることでも肌のバリア機能が向上し、紫外線などのダメージ軽減・滑らかさやハリの回復などに繋がります。しかし日本酒にはそれだけではなく、より直接的に美白やアンチエイジング効果が期待されている成分も含まれていますから相乗効果が期待できると言えるでしょう。

 

冷え性改善やデトックス効果も期待

日本酒風呂が体を温める働きがある・冷え性の改善に良いとされているのも同様に大きく2つの理由に分かれます。

めぐりの十一源

美肌に嬉しい重曹風呂、冷え性の方は使い方に要注意

人にも環境にもやさしいエコ洗剤としてメジャーな重曹。100円ショップのお掃除グッズコーナーでもクエン酸と並ぶ定番商品として置かれていますし、重曹を配合したお掃除用品・消臭剤などの商品もよく見かけます。

手軽に使える入浴剤としても塩と並んで根強い人気がありますが、美肌の湯として知られる一方、血行促進や冷え性改善にどうなのかはあまり触れられることがないのでザックリまとめてみます。

重曹風呂とは

重曹風呂はその名の通り重曹を溶いたお湯に入浴します。

重曹は正式には炭酸水素ナトリウム、重炭酸ナトリウムや重炭酸ソーダとも呼ばれているナトリウムの炭酸水素塩で、アルカリ性を持つことと・加熱によって二酸化炭素を発生することが大きな特徴です。お菓子作りなどでよく使うベーキングパウターも重曹(炭酸水素ナトリウム)で、二酸化炭素を発生する性質から空気穴を作ることで生地を膨張させ、フワフワ・さくさくとした食感を作り出してくれるのだそう。

お風呂という点では天然温泉にも「炭酸水素塩泉(重曹泉/ナトリウム炭酸水素塩泉)」という重曹を含む泉質が全国に存在しています。一般的によく使われる呼び名は美肌の湯・清涼の湯で、皮膚をツルツルにする働きや湯上がりに熱感が後を引かない爽快感が特徴とされています。

重曹を入浴剤として利用した際に期待される効果は後ほど紹介しますが、目に見えるメリットとして価格が安く家計に負担がかからないこととが挙げられます。価格面で言うと重曹は安いものであれば1kg400円前後で販売されています。一回分量を30〜40gとして計算すると、一回の入浴にかかるコストは12〜16円になりますので市販の入浴剤よりもかなりお安いですね♪

 

【重曹風呂の方法と注意点】

一般的な浴槽(200リットル前後)のお湯に重曹を大さじ2〜3倍程度入れ、よくかき混ぜれば重曹風呂は出来上がりです。お好みによって塩やエッセンシャルオイルなどを入れても良いでしょう。

重曹風呂の注意点としては、肌に刺激があり敏感肌やアトピー肌の方は炎症を起こしてしまう危険性があります。アトピーや皮膚炎性のある方は使用を避け、肌が弱い方は大さじ1以下の量から開始するようにしましょう。また肌にさほど心配がない方の場合でも濃度が濃くなるとお湯がアルカリ性に傾きすぎるなどの関係で肌荒れ・皮膚炎証を引き起こす可能性があります。多く入れればそれだけ高い効果が期待できるというわけでもありませんので、お湯に溶かす量には注意するようにしてください。
お風呂を上がるときにはシャワーでしっかりと体を流すようにしましょう。

 

重曹は掃除用・料理用・化粧品用など用途別に分けて販売されていることもありますが、入浴剤に使うのは食用として利用出来るもの、化粧品用として販売されているものが好ましいとされています。小さいお子さんがいる場合などは特に料理に利用できるタイプのものを選ぶようにすると、誤って多少口に含んでしまった場合でも安心です。

「塩入浴」が冷えとりやダイエットに良い理由とは?

冷え性対策に役立つ入浴法を検索すると必ずと言って良いほどヒットする「塩」入浴。冷え改善から魂の浄化(?)までありとあらゆる効能が挙げられています。がしかし、細かく調べても「こういう効果があります」というだけで何故かという理由は紹介されていないものがほとんど。ちょっと消化不良気味だったので、自分なりに納得できる働き・期待できる効果についてだけまとめてみました。

予めお断りしておきますが、スピリチュアル観点からの見解についてと、「ミネラルが豊富」という微妙な表記についてはレポートから外させていただきます。ミネラルというならば塩自体の主成分がミネラルの一種“塩化ナトリウム”ですから豊富でなければそもそも塩でなくなりますし、カリウムやマグネシウムが豊富というのも雪塩など特別なもの以外にはさほど当てはまらないと思われるためです。
スピリチュアルな話は個人的に信じていないので紹介しようにも出来ないですm(_ _)m

 

塩入浴と冷え性改善

塩風呂とは異なりますが、温泉の中には食塩泉もしくは塩化泉物と呼ばれているものがあります。舐めてみると塩辛さを感じるのが特徴で、名前の通り塩(塩化ナトリウム)を含んでいます。このタイプの温泉は昔から体を温める・湯冷めしにくいことが知られており「熱の湯」「ぬくもりの湯」などとも呼ばれていたそう。慢性婦人病に良いとされているのも体を温める働きが強いためだと考えられています。

温泉と同等の効果が得られるというわけではありませんが、塩を入浴剤として利用することでも食塩泉の温泉と近い効果が期待できると考えられています。

 

【保温効果】

塩が冷え性の方の入浴剤として適しているとされる大きな理由の一つが「保温効果」。塩は皮脂などと結合することで皮膚表面を薄い膜でコーティングしたような状態を作り出してくれます。この膜によって熱が逃げにくくなることで温めのお湯でも体の芯までしっかりと温まることが出来ますし、お風呂から出た後もポカポカ感が持続します。

ただしこのコーディングによる保温効果はお風呂あがりに上がり湯・シャワーをすると減少してしまうとされており、そのままお風呂から出てきて体を拭くようにすることが(冷え性改善のために)塩入浴をするときの最大のポイントとも言われています。

塩が付くことで石鹸等の泡立ちが悪くなるため体を洗ってから入浴するのが好ましいとされていますが、始めたての時などはかなりドロドロの汗をかく可能性もあります。サラサラな汗なら問題ありませんが、脂汗に近い感じだったり、臭いが気になる場合は固執せず流してしまったほうが衛生的ですのでケースバイケースで対処するようにしてください。

ミネラルバスパウダー トライアル(分包セット)

 

【発汗・デトックス効果】

塩には「浸透圧」と呼ばれる、塩分の濃い方に水分を引き寄せて濃度バランスを保とうとする性質があります。生理用食塩水などがよく知られているように、私達の体の中にも塩分(ナトリウム)が含まれていますから、浴槽のほうが体液よりも塩分濃度が濃ければ体内の水分を引き寄せることになります。簡単に言うと青菜やナメクジに塩を振ることで水分が抜ける、あのイメージ。

ベンゾイン(安息香)は冷えとり効果×保留剤にもなる便利アロマ

香りを漂わせているだけで冷えの改善になるのかはさておき、せっかくアロマを使うなら冷えとり効果が期待できるものを取り入れてみたい。冷え解消にお風呂・マッサージなど肌に付けられるものなら尚可!と探した所、ヒットしたのがベンゾイン。

お手頃価格な量販店・雑貨コーナーではあまり見かけないものの、香水のノート表記などでミドル〜ベースノートのあたりでよく見かけるやつですね。調べてみたところベンゾインは香水原料としても香り付けと揮発保留材を兼ねて配合されているそうで、ルームフレグランス的な使い方をする時にも保留剤として役立つのだとか。

スキンケア精油としても高い効果が期待されているので、買って使い道に困ることは少ない部類なのでは無いでしょうか。

 

ベンゾインとは

ベンゾインは和名だと安息香と呼ばれる、エゴノキ科アンソクコウノキの樹脂のことを指します。オイルはこの樹脂から揮発性有機溶剤抽出法で生成されるアブソリュートで、厳密にはエッセンシャルオイル(精油)ではありませんが、様々な作用が期待できることからアロマテラピーなどでもよく利用されている存在です。
ベンゾイン(安息香)の元となるアンソクコウノキの原産はアジアで、インドシナ半島インドネシアのスマトラ島の2系統に別れます。ちなみに一般的にはスマトラタイプの方が質が良いとされています。

ベンゾインの香料としての歴史は古く、原産地付近である東洋からヨーロッパに至るまで数々の古代文明で香料・医薬品として利用されていたと伝えられていますし、原産地から遠く離れた古代エジプト文明でも既に香料として利用されていたそうですから、紀元前のうちにかなり知られた存在だったと考えられますね。またベンゾインは悪霊を追い払う力がある力があるとして、宗教儀式の際の薫香にフランキンセンス(乳香)やミルラ(没薬)と並んで重宝された存在でもあります。
 

ところで樹脂系(バルサム系)の香りというと、スモーキーさや油っぽさの強いイメージがあってイマイチ手を出しにくいという方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。かく言う私も柑橘系などは安全ラインで、バルサム系は要注意ラインと思ってました。好き嫌いが別れる個性的なヤツが多いイメージよね。

ところがベンゾインの香りって、案外クセが少なくて「バニラのような」と例えられることの多い甘い香りがします。“バルサム”と聞いて連想するようなキツイ感じはなく、普通に室内芳香剤とかにもありそうな感じです。好き嫌いは勿論ありますが、甘めの香りに耐性ある方ならあまり抵抗なく行け入れられる香りではないかと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ブラックペッパーはアロマでも冷え性さんをサポート

私は個人的にショウガよりも胡椒が好きなので、冷え対策効果を期待して振り掛けるのは七味ないし胡椒が多いのですが(笑)ルームフレグランス用に安い精油を探していた時に発見した“ブラックペッパー”のアロマが気になってしまった次第。

スパイス系のアロマって結構使いにくいイメージがあって、今まで柑橘系と樹木系をメインに買っていたんですが、ブラックペッパーのアロマってどの文献やサイトさんでも「初心者〜中級者」向けってことになっているようです。使いやすいなら使ってみたい!ということで胡椒の香り効果について調べてみました。

 

胡椒について

大分昔に胡椒についての記事を書かせていただきましたが…でも自分でも忘れかけていた胡椒効果をザックリとおさらい。


 

【スパイスとしての胡椒の働き】

胡椒に含まれている辛味成分、アルカロイド類の「ピペリン」には血管拡張作用があり、血行促進に役立つと考えられています。また神経伝達物質の一つであるアドレナリンの分泌を促す働きも報告されており、結果としてエネルギー代謝向上にも効果が期待されています。

この2つの働きから臭み消しや食欲増進などの目的だけではなく、冷え性改善やダイエット促進などに役立つスパイスとして取り入れられています。同様の働きは唐辛子にもありますが、胡椒のほうが作用が穏やかなので副作用・毒性の心配が少ないということも取り入れやすさに繋がっているのかも。料理にかけるにしても和洋中その他問わず、何ににでも合いやすい(そしてさほと辛くない)というのも胡椒の魅力なのではないでしょうか?

ブラックペッパーのアロマと冷え性緩和について

コショウは製法によってブラックペッパー・ホワイトペッパー・グリーンペッパー・ピンクペッパーに分かれます。精油で一般的に利用されるのは「ブラックペッパー」ですが、ホワイトなどを原料としたものもあるそうです。ただし流通量が少ないことと、ブラックペッパーが最も香りが良いと言われていますから、何らかのこだわりがない場合はブラックペッパーで十分でしょう。

 非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】αGヘスペリジンプロモーション

「にがり」は手軽な保湿・冷えとり入浴剤だった?!

結構昔に健康食材として持て囃されたらしい「にがり」。敏感肌(アレルギー肌)がなかなか改善しないため、何か良い物はないか(なるべくお安めで)と探していたところヒットしたのがコレ。

調べていくうちにニガリは肌だけじゃなく冷え性にも良いこと、入浴剤として利用できることなどがわかり、スーパーで購入してみました(500円以内!!笑)。かぶれることもなく利用できたうえ、いつもよりも汗が出やすいような気はしています。今までスルーしてたけど、にがりすごいじゃないかと見直した次第です。

にがりについて

にがりって豆腐を作るときに入れる透明のアレ、舐めると不味い液体…みたいな印象があります。漢字だと「苦汁」と書くように強い苦味があるのが特徴です。

にがりの原料は主に海水。

海水から水分をある程度飛ばして行った後、まず塩(塩化ナトリウム)が結晶化するのでそれを取り出した後に残るのが“にがり”なのだそう。そのため塩を作る時の副産物という扱いで、お塩に関して言うならばにがりをしっかりと抜いたもののほうが苦味・エグみが無くて美味しいとされています。

ただし海水からナトリウムだけを抽出した“塩”に対し、にがりは海水に含まれる様々なミネラルを含んでいます。大雑把に言うならば海洋ミネラルの濃縮体ですので、塩よりもにがりのほうが栄養的には優れていると考えられています。お豆腐を作るだけではなく、現代人に不足しがちなミネラルを手軽に補給出来る素材としても活用されています。

 

一般的に炊飯や料理の隠し味としてごく少量入れるとコクが出る・素材の味が引き立つと言われています。炊飯用に使ったところ味の違いはわかりませんでしたが、確かにモチモチ感はちょっとアップしたと思います。食用以外の活用法としては化粧水やヘアトリートメントなどにミネラル分として加える方もいらっしゃいます。

近年はにがりを原料に使ったエコエネルギー「マグネシウム燃料電池」なども考案され、環境に優しい燃料としても活用が研究されているそうです。

 

にがりに含まれる成分

にがりの主成分はマグネシウムです。

その他にカリウムやナトリウム・ヨウ素・ケイ素など様々なミネラルも微量づつ含まれていますが、にがりの健康効果として紹介されている多くはマグネシウムの働きによるものと考えられます。

マグネシウムというと直接的には便秘改善・むくみ緩和に良いくらいの印象ですが、約300種類の酵素の働きを助ける“補酵素”として働く成分のため様々な生体機能に関与している存在でもあります。そのため代謝の維持や血流正常化・血液合成など冷えとは切っても切れない関係です(大体の栄養素がそうですけどね^^;)

⇒マグネシウムについて詳細はこちら

 

ミネラルバスパウダー トライアル(分包セット)

 

豊富なビタミンCが魅力の「柿の葉茶」は冷え性的にどうか

ビタミンCやポリフェノールを豊富に含むことから、美肌・美白・抗酸化と美容効果が期待できる健康茶として注目されている「柿の葉茶」。花粉症緩和への有効性なども報じられ、美容・健康維持に気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

一方で果物の「柿」は体を冷やすからあまり食べないほうが良い、柿の葉茶も冷え性の人には良くないという話もちらほら。美肌と冷え性改善とどっちをとる、と言われると結構困るところです…笑よくわからないまま遠ざけるのも悔しいので、冷え性が柿の葉茶を飲みたいときはどうすれば良いのかを(超個人的に)考えてみました。

 

柿の葉茶について

秋の味覚としても代表的な柿。「柿の実が赤くなると医者が青くなる」という言葉があるほど、健康維持に役立つ存在として利用されてきました。現在は果物として柿を食べるのが主流ですが、古くは捨てる部分がない植物と言われていたように葉・幹・ヘタ・柿渋と様々な生活を支えるために利用されてきました。今回ご紹介する「柿の葉」もおばあちゃんの知恵袋的な民間療法や、健康維持に役立つ野草茶として親しまれてきた存在です。

 

柿の葉茶の特徴と言えるのが、体内でビタミンCへと変換されるプロビタミンC(ビタミンC誘導体)と呼ばれる状態でビタミンCを含有していること。プロビタミンCは熱に強い性質があるため吸収・利用率が高く、柿の葉茶は緑茶の約20倍のビタミンCを含むと言われています。加えてフラボノイドやタンニンなどポリフェノール類も多く含むことからビタミンCと相乗して抗酸化作用を発揮することで、肌の老化予防・美白(シミ予防)・コラーゲン生成促進など美肌の維持に役立つと考えられています。

 

またビタミンCはストレス下において分泌される副腎皮質ホルモンの生成に必要ですから、補給することでストレス耐性を高める働きがあるとも言われています。そのほか殺菌作用を持つタンニンと相乗しての風邪予防、ポリフェノール類と症状しての生活習慣病予防などにも効果が期待されています。柿の葉に含まれるポリフェノール「アストラガリン」はヒスタミン分泌を抑える働きが報告されており、花粉症などのアレルギー症状緩和にも注目されているそう。

冷え性緩和に役立つ成分としては、柿の葉のポリフェノール中に含まれるルチンやケルセチンなどのビタミン様物質(ビタミンP)があります。ビタミンPは血管の強化・血流改善作用などが認められている成分ですから、柿の葉茶にも血流を改善する働きが期待できるでしょう。ビタミンCなど他の抗酸化物質もドロドロ血液の予防・改善をサポートしてくれます。

 

【柿の葉茶は冷え改善にも役立つものの、飲み過ぎ注意】
ここまでの紹介でも何度か登場した「タンニン」という成分。抗酸化作用や殺菌作用など有用な作用がある一方で、鉄分吸収を阻害する・便を固めるなどの働きもあります。そのため貧血・便秘気味の方は摂り過ぎると貧血が悪化する可能性がありますし、鉄錠やサプリメントなどの吸収を阻害してしまう可能性もあります。

 

おそらくこういった理由から、タンニンは体を冷やす成分とされています。柿の葉茶の効能としても高血圧やのぼせ緩和・解熱などに役立つと紹介されているとことが多いので、逆を言うと飲み過ぎると低血圧や冷え性の場合はあまり良くないと考えられます。

特にタンニンの鉄分吸収阻害作用がネックかなと思うので、血液・鉄分自体が不足している(貧血)タイプの冷え性の場合は要注意かと。摂取量はもちろん、食事やサプリメントからの鉄分吸収が阻害されないように飲むタイミングに注意が必要です。またタンニンによる胃腸への刺激があるので、空腹時の飲用は避けたほうが良いそう。

 

柿の葉を入浴剤として利用する

冷え性という観点で見ると、柿の葉をお茶として飲むよりも「入浴剤として利用」した方が無難です。というのも、柿の葉茶は摂り過ぎで体を冷やしてしまう可能性がありますがkyukyu、入浴剤としての利用であれば飲用時ほどタンニンの摂取・体を冷やす心配する必要が少ないため。

酒粕しょうが粒
続きを読む >>
| 2016年06月25日 | バス&アロマ | trackbacks(0) |
Copyright (C) バス&アロマ | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.