知ってるようで知らない「ヒハツ」の秘密

最近「冷えとり」「温活」「ダイエット」など様々な分野で見かけることが多くなった「ヒハツ」。ヒハツという名前は見慣れてきたし、体を温めるものなんだろうなぁ…というのは何となくわかるけど、ヒハツが何者かとなるとクエスチョンマークが浮かびます。
ヒハツとは何者か、何故注目されているのかを調べてみました^^;

 

ヒハツとは

ヒハツは漢字で書くと「畢撥」。コショウ科に属す蔓性の常緑木本こと、もしくはその果実のことを指します。学名はPiper longum。ナガコショウ(インドナガコショウ)と呼ばれることもあり、英語でもロングペッパー(long pepper)と呼ばれています。
ちなみに沖縄あたりで「ひはち」と呼ばれているのはヒハツモドキという近縁種ですが、発汗作用や新陳代謝を促す作用があるようです。

実はヒハツは人間との付き合いがとても古い香辛料。原産は東南アジアと考えられていますが、早い段階でヨーロッパにももたらされ一時期は黒胡椒よりもメジャーな「piper」だったのだそうです。大航海時代になるとヨーロッパでの需要は廃れていきますが、アジア圏では香辛料や薬として用いられており、日本では昨今の「冷えとり」ブームで急遽スポットライトを浴び認知度をぐんぐん伸ばしている模様です。

【伝統医学での効能】
インドの伝統医療アーユルヴェーダでヒハツは消化不良時、食欲減退時時に良いとされており、長寿を促す強力な薬草ともされています。ヒハツの根の部分も解毒薬として用いるのだとか。
中国医学の漢方の生薬としても用いられ散寒、健胃、鎮痛、止瀉の効能があるとされており、冷えからくる嘔吐・腹痛・下痢、そのほか頭痛や歯痛の痛み止めとして利用されます。
 

生姜製品専門店!金時生姜(サプリ)-サンワ食研株式会社

実は万能! 八角(スターアニス)は冷え取りにも役立つ

シナモン(桂皮)やペッパー(胡椒)など、スパイスには体を温めてくれるものがたくさんありますが、なかなか手を出しにくいスパイス「八角」。中華料理のレシピでたまに見かけますが使い方がイマイチわからないアレですね。八角っていう名前もちょっと厳つくて、漢方臭い苦味がありそうなイメージじゃないですか?
 

八角と冷え性改善について

八角は「八角茴香(はっかくういきょう)」や「大茴香(だいういきょう)」という名前で漢方の生薬にもなっている成分。アロマに興味がある方なら「スターアニス」という名前の方が馴染みがあるかもしれません。その名前のとおり、ちょっと可愛らしい八角状の星形をしています。インテリア替わりにもなるんだとか^^

八角には柑橘系の成分でお馴染みの「リモネン」が含まれています。

冷え性改善&代謝アップに胡椒が役立つワケ

わりとメジャーなスパイス「コショウ」学食とか社食にもありますよね。
胡椒の効果というと、一時期減塩の助けになるともてはやされていた位しか思いつかなかったんですが、冷えにもダイエットにも役立つ模様です。
 

胡椒も元々は薬だった

胡椒の原産地はインド。紀元前3000年頃からすでに薬・香辛料に使われていたと考えられています。
奈良の正倉院に収められている「種々薬帳」という薬事典のようなものにも胡椒の記述があります。当時日本が影響を受けていた中国でも漢方薬として使用していますから、薬として渡来した可能性が高いと思われます。胃を温める作用から冷えによる腹痛・下痢、食欲不振などに用いられます。


ちなみにコショウは

  • 成熟前の実を乾燥させてたもの⇒ブラックペッパー
  • 熟成した実の皮を取り除いて乾燥したもの⇒ホワイトペッパー
  • 未成熟で緑色の実をもちいたもの⇒グリーンペッパー

と製法によって色と風味が変わります。

冷え性の人は山椒を鰻以外にも活用しよう

意外とマイナーながら、日本の代表的な香辛料と言われる山椒(さんしょう)。

山椒、普段のお食事に利用されている方って少ないと思います。
山椒=うなぎの蒲焼にかける粉山椒のイメージが強いですよね。イメージが強いというか、それ以外に使わないという方も多いのではないでしょうか。


「山椒は小粒でもピリリと辛い」ということわざは山椒が小さい粒なのに舌が痺れるような辛さと独特の芳香性を持っていることから「見かけは小さいけれど非常に優れていて侮れない人」という意味で使われます、
うなぎにしか山椒を使わないのって実はすごくもったいない!!
小粒でピリリと辛いだけではなく、山椒は嬉しい効能を持っている、侮れないスパイスでもあるんです。
 

山椒は生薬として使われています

うなぎにかけるイメージが強い山椒ですが、実は漢方の当帰湯(とうきとう)や大建中湯(だいけんちゅうとう)にも配合されているれっきとした生薬。普段香辛料として用いている山椒の果皮部分は「蜀椒(しょくしょう)」と呼ばれ、主に体を温めたり、冷えからくる腹痛などの痛みを取る目的で使用せれています。

※山椒の実は「椒目(しょうもく)」として、利尿効果・気の巡りの改善に用いられますが、体を冷やす作用があるとされるため冷え性改善という目的には適していません。無理して実を取る必要は無いので普通の粉山椒を使ってください。
 

シナモンの効果⊇性に嬉しい美容効果など

前回シナモンの冷えとり効果(毛細血管の安定・修復作用・むくみ解消)について紹介しましたが、シナモンの女性に嬉しい効果はまだまだありますハート

インドの伝統的医学「アーユルヴェーダ」では生姜と並ぶ万能薬とされるほど、シナモンは幅広い薬効を持っているとされているくらい優秀なスパイスがシナモンなのです。

「あのニッキ臭さが苦手」っていう方以外は活用しない手はない!
…というわけで、シナモンの効果△箸靴董
シナモンの嬉しい効能効果をさらにご紹介します♪

精神的なリラックス効果から美肌・生理痛緩和まで…シナモン凄すぎる手

シナモン効果:ダイエットへの効果

シナモンには血糖値を安定させる効果が発見され、糖尿病の改善に海外で用いられることもあるそうです。 糖代謝・脂質代謝を促進させる効果や、脂肪細胞を縮小化させる作用があるとされ、ダイエットのサポート役としてもシナモンの注目が高まっています。空腹感と甘いものへの欲求を抑えるのにも役立つのだとか。

血液循環が悪く老廃物がたまっていたり、毛細血管が傷ついて老廃物や水分が大量に流れ出たまま滞ってしまったりすると、むくみだけではなく女性の敵セルライトを引き起こす原因となりますから、シナモンの摂取はセルライトの予防や改善にも役立つと言えますね。
 

シナモン効果:美肌・アンチエイジング

シナモンの血行促進効果と毛細血管の強化・修復効果は勿論お肌にも関わりがあります。毛細血管の減少や損傷によってシミ・シワ・たるみなどお肌の老化が起こりますから、シナモンを摂取して毛細血管をベストな状態へと導けばシミ、シワ、たるみの予防・解消に繋がると考えられます。 毛細血管が集中している目の周りのシワや、消えないクマ・くすみの改善は特に期待できるようです。

またシナモン自体に強い抗酸化作用があることも分かっており、活性酸素を除去することによって体のサビ付きを防ぐアンチエイジング効果を得ることが出来ると考えられています。
 

シナモンの効果[笋─Δ爐みの解消

日本だとお菓子に入っているイメージの強い「シナモン」。
あとスタバさんなどでコーヒーに入れるように置いてあったりもしますね。

シナモンシュガーやアップルシナモン、シナモンロール、シナモンティーなどシナモンと聞くと洋食(洋菓子)っぽいイメージがありますが、シナモンは漢方・中医学で生薬の桂皮(肉桂)として用いられてきた食材なのです。ちなみに八つ橋や飴に使われている「ニッキ」もシナモンのこと。
世界中で使われているスパイスなんです…生姜に近いものを感じますねw

桂皮(肉桂)=シナモン=ニッキ。

最近まで同一だと知らなかったのですが、分かってみると薬効的にも「効きそう」な感じが半端ない手
今回はそんなシナモンの嬉しい効果を紹介します。
…個人的には生姜より温め感が強く感じられて、大好きですハート


テレビ(世界一受けたい授業)でも、シナモンには体内の毛細血管を安定させる作用があるとして取り上げられたようです。冷えの改善からアンチエイジング・むくみ・セルライト・ハゲ予防など様々な効果が期待されていますが、今回はまず冷えと血行問題について見てみます。
 

シナモンの血行促進作用

「毛細血管の衰え」
耳慣れない言葉ですが、私たちの体の毛細血管は年齢を重ねるたびに減少し衰えてゆくのだそうです。
といってもいきなりと消えてしまうわけではなく、毛細血管は内側と外側の二重構造になっていてTie2(タイツー)という分子で繋がっています。Tie2の活動は年をとるほど低下していき、それによって血管の外側が壊れていってしまう⇒毛細血管が減少するという流れになっているのです。

シナモン(桂皮エキス)はTie2(タイツー)の活性化を促進させ毛細血管を若々しい状態で保ってくれる作用、血管の修復と血管拡張・血行促進作用があるため、脚光を浴びることとなったのですき

冷え性歴が長かったりストレスを受け続けていたりなどでダメージを受けている毛細血管では、体温を上げるように体を温めたり、血行を促進しようとしても、ボロボロの状態で血液がしっかり流れてくれない可能性もあります。
シナモンは毛細血管の機能を正常に戻す働きもあるとされ、シナモンを摂取することで血液の漏れを90%抑えることができるとも言われていますので、何をやっても末端が温かくならない人などは、体を温める以前の「温まり効果が出るためのベース作り」として取り入れてみても良いのかもしれません^^

 

【江崎グリコ株式会社】αGヘスペリジン

唐辛子は体を温めるのか冷やすのか

体を温めるスパイスの代表格とも言える、ホットなスパイス「唐辛子」。
最近は食べ物だけではなく、冷えとり靴下なんかにも「カプサイシン配合」の文字をよく見ます。

よく体を温める食材を漢方の考え方に則って、体をあたためる「温性」や、温性よりも温め作用の強い「熱性」などと分類しますが、唐辛子は熱性のさらに上を行くくらい強力なことから「大熱性」と言う方も多く、体を温めるスパイスのなかで最強いう意見もあります。
確かに食べるとかぁーっと熱くなったり汗ばんだりしまて、生姜やにんにくよりも「温まってきた」ないし「暑い!」という体感が強いと思います。温めるというより熱くなる感じ。

でも、ネットなんかで調べていると
唐辛子は体を温める食材とされる一方、体を冷やす食材であるという声も。

ホットなスパイス代表格の唐辛子。
体が温まるのか冷えるのか考えてみたいと思います。

続きを読む >>
Copyright (C) 体温かハーブ・スパイス | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.