冷えや不調の原因になる「寒暖差疲労」とは?

寒暖差による不調や寒暖差アレルギーなどの話題は春先や秋など季節の変わり目によく取り上げられています。がしかしエアコンやヒーターが完備された現代において寒暖差(気温差)があるのはほぼオールシーズン。

寒暖差があるからと用心している春先よりも、寒暖差に加えてエアコンが効き始める今時期のほうがちょっと危険なんじゃないかなと思ったり。表現する言葉は違いますが、夏場の「エアコン冷え」「エアコン疲れ」も原理はほとんど同じなので、何時何時も用心するに越したことはないと思います。
 

寒暖差疲労とは

冷え性に悩む方の多くは既にご存知かと思いますが、体温調節には自律神経が関係しています。風邪をひいた時のように暖かい部屋で暖かい格好で居るというだけでは冷え性の根本改善にならないのも、この自律神経の関係が大きいと思われます。

ご存知自律神経は心拍・呼吸・血流など様々な働きを担っていますが、
寒い時には代謝を上げる・血管を収縮させるなどして体温を上げる
暑い時には血管を開く・汗を出すなどして熱を放出し体温を下げる
という体温調節も主な働きの一つ。
特に意識しなくて体の中では皮膚などが感知した気温を元に、自律神経が私達の体温を一定に保っています。この働きがしっかりしているからこそ変温動物にみたいに日光浴して体温を上げるとかそういう工程が要らないわけですね(笑)ちなみに冬のほうがダイエットの効果が出やすいと言われるのも、寒い時のほうが代謝アップに拍車がかかるからなのだとか。

体外の気温差が激しい場合は、自律神経が加熱保温モードと冷却モードのスイッチを何度も何度も切り替える事となります。一説では温度が一定に保たれている場合の数倍のエネルギーを消耗すると言われるほど、この激しいスイッチの切替はエネルギーを使います。エネルギーの消耗と共に疲労の原因物質であるタンパク質の一種「FF(ファティーグ・ファクター)」を発生させるため、寒暖差疲労と呼ばれる疲労症状を起こします。

普段と変わったことをしていないのに体がだるかったりぐったりしてしまう原因の一つが、この寒暖差疲労であるとも言われています。ちなみに夏バテの原因としても、昔は汗をかくことでカリウムが失われて低カリウム血症状態に陥ることが主要因でしたが、現在はカリウム濃度の低下よりもこの寒暖差の方が主要因ではないかとする説もあります。
 

自律神経の乱れにも

自然の寒暖差であれ、クーラ(暖房)の効いた室内と屋外の気温差であれ、気温が急激に変化すると自律神経は体を「冷やす」と「温める」のスイッチを激しく切り替えます。家電品のスイッチも素早く何度もon/offをカチカチさせてしまうと壊れてしまうように、自律神経も当然この切替を繰り返し行うことで疲弊してしまい、交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなり機能低下を起こします。
 
この自律神経のバランスを崩してしまう気温差は5℃もしくは7℃以上と考えられているようです。個人差も勿論あるでしょうが、さしずめ5℃ならイエローカード、7℃ならレッドカードというところでしょうか…。

機能が鈍ってしまった自律神経は体温調節を上手く行えなくなりますから、冷えを起こしやすくなります。また寒暖差疲労によって発生した疲労物質FFなどの影響で筋肉が強張ってしまい、血管が圧迫されたり、ポンプとしての機能が低下し血行不良も引き起こされます。体温調節において重要な役割を持つ血液の循環が滞ることで自律神経への負担が増しますます症状が悪化していく危険性もあります。

自律神経のバランスが乱れてしまうこと・冷えの悪化が相乗することで肩こり・めまい・頭痛・吐き気・むくみ・ほてり・不眠などの他の不調を併発もしくは悪化させる可能性もあります。

また近年取り上げられることの多い「寒暖差アレルギー」と呼ばれる症状も、厳密に言えばアレルゲンに免疫機能が過剰反応して起こるものではなく、自律神経の誤作動で鼻の粘膜の血管を広げ“むくみ”を引き起こすことで起こる「血管運動性鼻炎」だとされています。
自律神経のバランスが乱れることで起こるためか、鼻水・鼻詰まり・くしゃみなどの鼻炎症状以外にも、頭痛・食欲不振・睡眠トラブル・慢性疲労・イライラなどの気分症状も寒暖差アレルギーの特徴として挙げられています。
 

寒暖差疲労や自律神経の乱れを予防する

寒暖差などから自律神経が影響を受けて冷えの悪化や不調を引き起こしている場合には、自律神経を整えるような生活(規則正しい睡眠や栄養バランスの整った食事、体温保持に必要な筋肉を維持するための適度な運動など)を心がけることが基本となります

副交感神経をリラックスさせるにはゆったりとした有酸素運動が良いとされていますが、筋力アップという意味ではちょっと負荷のあるきつめの運動を少量取り入れたほうが効果的です。疲労物質FFによる細胞へのダメージを修復してくれるFR(ファティーグ・リカバー・ファクター)と呼ばれる疲労回復因子もまた運動時に発生し、その後のリラックスタイムでも増えると言われていますから、ダイエットも兼ねてスクワットなどを取り入れてみても良いかもしれません。

自律神経の負担を和らげるのに重ね着をして服で温度差を少なくするほか、冷えてしまった時は長めの半身浴でじっくり温まる・体を温めるスパイスを使ったりハーブティーを飲むなどもオススメです。基本的には普通の「冷え性改善方法」と変わりません。  
| 2016年05月14日 | 冷えとり小話 | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 冷えや不調の原因になる「寒暖差疲労」とは? | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.