サフランと並ぶ冷え・婦人科系ハーブ「サフラワー(紅花)」

前回ご紹介した月経トラブルや冷え改善など、女性に嬉しいハーブ「サフラン」。そのサフランと並んでよく登場するハーブに「サフラワー」もしくは「紅花」と呼ばれているものがあり、どちらかといえばこちらの方がよく使われるようなので続けてご紹介します。
 

サフラワー(紅花)とは

サフラワーは日本では「紅花(ベニバナ)」という和名での方が良く知られている、キク科ベニバナ属の植物です。紅花染の染料、紅花油の原料として使われていることはよく知られていますし、ナチュラル系コスメが好きな方なら口紅の色などに用いられているイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。

サフランも古代エジプトの医学書に記載があるほど古い存在ですが、サフラワーはというと紀元前2500年頃のミイラの着衣がサフラワー(ベニバナ)で染められていたと言われています。薬用植物としてよりも天然染料として知られた存在であり、古い時代から栽培が行われていたため原産地もはっきり分かっていないそうです。

日本への伝来時期もはっきりとはわかっていなないものの、3世紀〜6世紀頃にシルクロードを経由して中国から伝えられたようです。奈良時代には染料として用いられており、聖徳太子が定めた女性の最高位色が「紅」であることから当時は貴重な存在であったと考えられています。平安時代には関東などで盛んに栽培も行われていたことが分かっています。
 
サフラワーの花↓
サフランは雌しべだけを利用するのに対し、サフラワーは花(花弁)全体をハーブとして利用します。
乾燥したものはベニバナではなくコウカと読み、腹痛・月経不順・更年期障害など婦人病、血行障害による瘀血(おけつ)・冷え・腫瘍などの改善に生薬として用いられます。
 

サフラワー(紅花)と冷えとりの関係

サフラワーも血行促進作用がある生薬として日本薬局方に収録されています。「代謝が〜」「冷えが〜」などのCMでお馴染みの薬用酒「養命酒」にも配合されていますし、大きめのドラックストアでは血行を整える効果が期待できる健康茶として「紅花茶」も置いてあるので、目にしたことがある方・飲んだことのある方も多いかもしれません。
成分的に見てもサフラワーには末梢血管拡張作用があるビタミンE血液サラサラ効果が期待される不飽和脂肪酸黄色色素サフロミン(サフロールイエロー)や紅色色素カルタミンなど血行促進・血液浄化に有効とされる色素成分が含まれています。
これらの成分の相乗効果からサフラワーは血液の状態を整え、血液循環を改善することで、冷え性の改善に効果が期待出来ると言われています。冷えとり用ハーブティーとして飲むなら、ジンジャー(生姜)を入れたり、カモミールティーとブレンドしても美味しくいただけます。

生薬として、もしくは健康茶としての利用はもちろんですが、古くは「紅花で染めた布を身につけると体が温まる」という言い伝えがあり、腹巻や腰布に利用されていたようです。ちなみに昔の日本では赤(紅)色は生命力を高める・邪気を払うとも考えられていたようですよ。紅花から絞った汁(紅花水)もしくは乾燥した紅をツボに塗りつける「紅灸」という火を使わないお灸の一種もあり、赤ちゃんの宮詣りなどで健康祈願的な目的なのだそうです。

現代でも赤い下着は体を温める・健康に良いという方がいらっしゃいますが、邪気祓いなどの意味と、「紅花染めのもの」が体を温める説が合わさって出来た考え方なのかもしれませんね。
 

サフラワー(紅花)のその他の働き

サフラワー(紅花)は生理痛・月経不順・PMS(月経前症候群)・更年期障害など、女性特有の不調全般にも利用されることの多いハーブです。漢方薬としてもめまい・頭痛や月経トラブル、肩こりなどに処方される漢方薬“葛根紅花湯”にも配合されています。

月経トラブルにサフラワーが良いとされる理由として、第一に血行を良くする働きがあることが挙げられます。血行促進により体の冷えを取ることで子宮が正常に機能できるようになり、月経リズムの安定や生理痛の緩和などに繋がると考えられています。
加えてサフラワーに含まれているポリフェノールの一種「リグナン」にはホルモンバランス調整作用が期待できるとする説もあり、血行促進(冷え改善)作用と複合することで、婦人科系トラブルの緩和に幅広く役立つと考えられています。

女性特有の不調以外では、血行促進・冷えの改善から腹痛・腰痛・肩こりなどの緩和に、整腸作用のあるフラボノイド類と合わせて便秘や下痢などの改善にも有効とされています。
またビタミンEやフラボノイド・色素成分など抗酸化作用を持つ成分が多く含まれることからアンチエイジングティーとしても期待が高まっているそうです。血行が良くなるのでお肌のくすみ・クマ・角質のゴワつきの改善やハリ感アップなど、美肌面でも嬉しい副次効果が期待できますね。
 

サフランとサフラワーの違い

サフランとサフラワー、名前もよく似ているし、和名も番紅花(サフラン)と紅花(サフラワー)だし、主な作用としても「血行促進・婦人科系トラブル」と、いろんなものが重なって紛らわしいですよね?
恥を忍んで言いますと、私はめしべ=サフラン、花弁=サフラワーだと勘違いしていた時期があります(苦笑)

改めて見比べて見ますと、まず植物分類上サフラワーはキク科サフランはアヤメ科。サフランのページと見比べていただくと分かりやすいですが、お花の形状も色も全く異なります(乾燥させてドライハーブ・茶葉化しているものは似てますけどね!)

勿論成分構成なども異なりますが、
分かりやすく、しかも大きな違いは価格面。

ちなみに楽天市場では
サフランは1g、734円。
対して
サフラワーは15g、500円。

…なので単純に1gあたりの金額で見ると、サフラワーはサフランの20分の1以下の価格。
サフラワーについて調べた時に書籍でもWEBでも「価格面からも近年はサフランよりサフラワーが用いられる」って表記が大体ありましたが、納得ですね。

サフランは香り(精油成分サフラナール)による働きやセトロニン分泌調整作用などが報告されており、サフラワーよりも幅広い働きが期待できるような印象がありますが、サフラワーもサフランの代用として用いられるようですし、PMSや更年期障害などホルモンバランスや精神面の不調が気になる場合はさておき、冷えとりにはサフラワーで十分な気がしています←個人的に
スパイスとして料理には入れ込みにくいですけど、サフラワーティーのほうが香りとか味とかも飲みやすいですよ。
 
| 2016年03月05日 | ホットドリンク | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) サフランと並ぶ冷え・婦人科系ハーブ「サフラワー(紅花)」 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.