冬至かぼちゃ?冬至以外にもカボチャ♪

気がつけば12月も半分以上が過ぎ、年末に入っていたりする今日この頃。クリスマスや年末年始などのイベントで霞んでいますが、その前に「冬至」というイベントがあります(今年2015年の冬至は12月22日火曜日)。冬至にかぼちゃを食べる週間は全国に残っていますし、最近はスーパーなどのお惣菜コーナーでもそれを売りにしてかぼちゃの煮付けやかぼちゃと小豆のいとこ煮を売り出していたりしますよね。

現代の科学的な栄養成分分析は勿論ですが、昔の人の経験知識も結構すごいものです。民間療法で伝えられている〜の効能を示す根拠はない、と言われていた食材からのちのち有効成分が発見されたってこともありますもんね。
というわけで冬至カボチャについて調べてみました^^
 

冬至かぼちゃ(かぼちゃと小豆のいとこ煮)について

冬至といえばかぼちゃでしょ、という認識は年齢や地域を問わずに広く知られているものの、なぜかぼちゃなのかについては様々な説があります。有力そうなものをざっくりとまとめてご紹介します。

【説 ̄鏥担ぎ・語呂合わせ】
冬至の「と」に因んで、冬至の日に「と」から始まる食べ物を食べると演技良いという語呂合わせ的なものがあり(カボチャは唐茄子とも言われるため)、この場合は豆腐とかドジョウとかでも良いそう。

最初の「と」揃えだけではなく、最後を「ん」で揃えた冬至の七種(ななくさ)というものもあります。こちらはカボチャ(南京/ナンキン)・ニンジン・レンコン・ギンナン・カンテン・キンカン・ウドンの7種類を食べると良いというもので、「運盛り」とも呼ばれています。運気がアップする・金運が上がると言われているのもこの関係ではないかとする考えが有力ですし、どの食材も冬場の健康維持に役立つことから健康でいる=運気も良いという見方もあります。

【説栄養価】
かぼちゃの収穫時期は夏ですが、採ってすぐ鮮度が良いものを食べるのが良いというわけではない野菜。寝かせておくことで余分な水分が抜けたり、熟成されることでデンプン質が糖分に変わり美味しくなります。栄養価も高くなると言われています。通常収穫から3ヶ月以上は貯蔵熟成期間となるため、冬至時期がちょうど食べ頃。収穫時期は夏ですが、旬は冬という野菜なのです。
 

また冬至に食べると風邪をひかない、中風(脳卒中)にならないなどの伝承もあります。
現在のように貯蔵技術・栽培技術がなかった時代は緑黄色野菜の取れない冬はビタミン類が不足しやすかったと考えられます。β-カロテンなどのビタミンが含まれ、体を温める食材でもあるカボチャは免疫力や健康維持に欠かせない野菜であり、理にかなっていると現代でも認められています。


【いとこ煮について】
いとこ煮の語源は一緒くたに煮ず煮えにくいものから順に鍋に入れていく=追々入れる、に「甥甥」を引っ掛けたものという説が一般的です。その他にも別々に煮る=銘々を姪姪と合わせた説、似たようなものを入れるから従兄弟とした、など様々な説があります。
ちなみに「いとこ煮」と呼ばれるのはかぼちゃと小豆だけではなく、小豆と何を煮るかは地域によって異なっているようです。wikipediaによるとかぼちゃ+小豆は奈良のものだそうで、神棚と仏壇に供えてから食べるのが本式の模様です。
 

冷えの改善にかぼちゃが良い理由

漢方(中医学)的な考え方ではカボチャは温性=体を温める性質で、「補中益気」=胃腸を整えて気力を補い体力を付ける食べ物、であることから、冷え性や虚弱体質の方に適した食材とされています。


栄養成分的に見てもカボチャには100gあたり4.9mgという野菜類トップクラスのビタミンEが含まれており、ビタミンEによって血管拡張・血流改善効果が期待出来ます。血行不良による冷え性、特に末端冷え性の方に役立ちます。
またカボチャは三大抗酸化ビタミンと呼ばれ、合わせて摂取することで相乗効果をもたらすビタミンE・ビタミンC・β‐カロテン(ビタミンA)を豊富に含んでいますから、抗酸化作用による血液サラサラ効果からも血流改善が期待出来ます。

その他にもカボチャには鉄分と鉄分の吸収を促進するビタミンCが含まれていることから貧血(鉄欠乏性貧血)の予防や改善にも役立ちますし、代謝に関わるビタミンB群も野菜の中では比較的多く含まれていますので熱生成アップにも効果が期待出来ます。カボチャは疲労回復にも役立つと言われています。

血行を良くしたい時はコショウショウガ(乾燥・加熱したもの推奨)、貧血気味の方はアマランサスや小松菜・枝豆などと組み合わせて食べると良いのではないでしょうか。
 

美容面にも嬉しい効果がいっぱい

ビタミン・ミネラル類が豊富で栄養価の高い食べ物として知られるカボチャには様々な健康メリットが期待されていますが、女性に嬉しい美容面で役立つ働きも勿論たくさんあります。

食物繊維(3.5m/100g)カリウム(450mg/100g)の含有量が比較的多い部類に属し、体を温めることで内臓機能や巡りがよくなることと合わせて便秘やむくみの解消に役立つこと。あずきもカリウムと食物繊維が多く含まれているので、「いとこ煮」で食べることで冬むくみ・冬太りの予防により高い効果が期待できます。カボチャ+小豆は「むくみの特効薬」とも呼ばれているようです。
むくみと冷えは近い関係にありますので、むくみの改善から冷え緩和も期待出来ます(逆も然り)。

カボチャビタミンE・ビタミンC・β‐カロテンが豊富なため、老化防止にも高い効果が期待出来ます。加えて成分単体で見てもそれぞれが美肌作りにも役立ちます。β‐カロテンは体内でビタミンAへと変換されることで皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きがありますし、ビタミンEは血行促進作用によりお肌に栄養素を届け、くすみの解消や肌の新陳代謝向上に役立ちます。ビタミンCはコラーゲンの生成促進やメラニン色素生成阻害による美白効果などが知られています。

 


冬至カボチャは勿論、冬至以外にも美味しく頂きたい食材です
カボチャは種も冷え性改善やむくみ緩和に効果が期待できる、優秀な野菜ハート

| 2015年12月19日 | 体温アップ食材 | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 冬至かぼちゃ?冬至以外にもカボチャ♪ | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.