冷えとり靴下の穴(めんげん)でみる「悪い部分」

冷えとりをしっかりしてみようと思う中で、一番の難所とも言えるのが「瞑眩(めんげん)」と言われる好転反応。毒素が出て体が良いコンディションに向かってくれるのは嬉しいことですが、中にはものすごいめんげんが起きて、壮絶な我慢をされている方のブログなんかも出てきます。
面倒くさいとかシルクが高いとかとかよりも、めんげんの記事を読んで心が折れる方・手を出すのをためらってしまう方もいるのではないでしょうか(私だけ?)

実際にめんげんと言われるものが起こるのか・いつ起きるのか・どれくらい続くのか・症状の軽重なんかは全て個人差。私みたいに不安になりながら手を出したら、そんなに重くないというケースもあります。実際どうなるのかはやってみないと分かりませんが、ただ辛いだけよりも、自分のどこが悪くて、好転に向かっているのかがわかっている方が、精神的ダメージは少ないはず!

というわけで調べてみました。
まずは一番わかりやすい「靴下に穴があく位置」についてです。

※画像はイメージです
 

その前に、なぜ破れるのか?

安いとは言えないシルクの冷えとりソックスに穴があくと、なんかこの商品大丈夫?と不安になりますが、穴があくのはシルクがちゃんと働いている証。老廃物をたくさん吸い取った部分が、毒物によって溶かされた状態になって薄くなってしまうので穴があくと言われています。毒出しが落ち着いてくると破れることは減るようです。

ちなみに破れてしまった箇所は縫って履いてOKです。効果がなくなったりはしません。
大きく穴があいた靴下は取っておいて、別の靴下とつなぎ合わせて利用する方もいるようです(そこまで破れてみて欲しい…)穴が空きやすいのは1枚め(重ね枚数が多い人は&3枚め)に来るシルクの靴下で、一番外側ではないので、見えませんから綺麗に縫えなくても大丈夫ですkyu

指に穴があく人

【親指】消化器・肝臓
【人差し指】肺・大腸
【中指】心臓・小腸
【薬指】肝臓・胆嚢
【小指】腎臓・膀胱・生殖器
(女性の場合は子宮と卵巣のこと)
 

指以外の部分に穴があく人。

【足指の付け根】心臓
【土踏まず】腎臓
【かかと】腎臓・膀胱・婦人科
【足の甲】消化器
【くるぶし】腎臓

色々参考にさせていただいた中でも、 「841」さんのめんげん辞典 はかなり細かく勉強になりましたm(_ _)m そういうとこまでしっかり作りこんでくれる販売者さんって安心感ありますね↓

ちなみに私は「かかと」。婦人科系でございます。
病院の検査ではなんでもないって言われるけど、良くない自覚はあります(生理不順気味だし)。ので、結構当たってるのかも…。
| 2015年03月10日 | 冷え取りグッズ | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 冷えとり靴下の穴(めんげん)でみる「悪い部分」 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.