むくみ防止の着圧ソックスで冷え性悪化?!

「メディキュット」や「スリムウォーク」を筆頭に、DHCや大手通販メーカーなども売り出している着圧ソックス。ネットショップでは500円くらいの激安ものもあります。着圧ソックスを愛用している女性は多く「家に帰ってきてまず履き替えないと落ち着かない」という人もいるよう。

着圧ソックスがなぜそんなに人気かというと、やっぱり「脚が細くなる」ことが大きいのではないでしょうか。むくみを解消するのは理由であって、最終目的は脚やせっていう印象が強いです。
…はい、私も使ってました。
数年前までは依存症みたいに使っていて、お風呂入る時以外着圧レギンスか着圧ソックス履いてました。確かに履いているとサポート力のお陰で細く見えるし、むくみを減らしてくれるから細くなったように感じるんですよね。

しかし着圧ソックスのトラブルが多いのも事実。
冷え性をなんとかしたい。「水死体」のあだ名返上には温活じゃなく暖活レベルでやんないと、と思ったときに「着圧ソックスのせいで冷え性が悪化している」というコラムを見て、使用の停止を決めました。
私にとって衝撃だった着圧ソックスの弊害をまとめ直してお伝えします…
 

着圧ソックスで何故冷え性が悪化するのか

答えはズバリ簡単、血行が悪くなるから。
寝るときの靴下は温める?冷える?で触れたように起きて動いて活動している日中はまだしも、眠っている時間は締めつけに敏感。普通の靴下やスエットのゴムでも血管を締め付けてしまい、血管が圧迫されて冷え性を悪化させてしまいます。なるべく締め付けないゆったりパジャマを着ようと言われています。
血液循環が悪化してしまうと、冷えの悪化はもちろんですが、むくみ自体も悪化・むくみやすい体質になってしまいます。

「寝ながらメディキュット」みたいな睡眠時用の着圧ソックスもありますが……個人的にはオススメしません。理由は下記項目で。
 

着圧ソックスの問題点

【サイズの問題】
市販されている着圧ソックスはワンサイズ、もしくはM~LとL〜LLといったような2サイズ展開が普通です。伸縮するからそこまで厳密なサイズ展開はないですね。着圧ソックスの販売ページなどを見れば記載がありますが、着圧ソックスは足首・ふくらはぎ・膝・太ももなどに効率的な圧力がかかるように計算されています。
でもその圧力を計算するうえでの元になるサイズがありますよね?
その想定サイズと違うサイズを履いていたり、位置がずれたりヨレていると本来の効果は発揮されません。最悪の場合ただキツいハイソックスを履いているだけという状態になってしまいます。
 

【江崎グリコ株式会社】αGヘスペリジン

【圧力の問題】

圧力が強いものの方がむくみ解消に効きそう。メーカーによっては強い圧力でギュギュッと締め付けることを売りにしているところもあります。
ですが、圧力は強ければ強いほど良いというわけではありません。
その人のむくみ具合・疲れ具合・血行などによって最適の圧力は異なり、本来は医師の診断を受けて選ぶべきもの。「締めつけが強い」とか「締め付け感がない」というレビューや自分の主観できちんと選ぶのは難しいことだと言われています。
この圧力が合わないとむくみを悪化させる事もありますので注意してください。

【繊維の問題】
化繊のものから絹のものまで様々な着圧ソックスが売られていますが、どこでも安価で買えるものは化繊のものが圧倒的に多いです。素材が合わなくてかぶれてしまったり、化繊て発生しやすい静電気によって血行が悪くなる可能性があります。

 

着圧ソックスの使用について

自分で着圧ソックスを選ぶ場合は、サイズ・繊維・圧力値(mmHg)・むくみ解消効果・血流が妨げられないかを見ることになります。商品を買う際は口コミ・レビューを参考にされる方も多いかと思いますが、上記の理由からある人に合っていても、自分には合わない可能性があります。
ということは様々な商品を数週間〜1ヶ月位ずつ試してみて、自分に合った着圧ソックスを探すことになってしまうわけ。これって着圧ジプシーになる可能性がありそうでちょっと嫌ですよね涙

また着圧ソックスの長時間の使用は足の血行を悪くしてしまいます。あんまり厚着しすぎると冷え性が治らないのと同じように、着圧ソックスで外部からずっと圧をかけていると、素の状態で足の血管がしっかりポンプの役割を果たせなくなるという指摘もあります。
そうなると起きて活動している時間帯、血行が妨げられる危険性の少ない時間に着圧ソックスやタイツを履いて、帰宅後はゆったりした服を着るというのが理にかなっていると言えます。上の問題点と、使用する時間を考えると「おやすみ用」を使用する必要性は低いので、血行を妨げる危険を冒してまでの使用はオススメできないという結論になるのです。

 

冷え性とむくみの関係

冷えとむくみには密接な関わりがあります。冷えはむくみを起こす大きな要因ですし、むくみで溜まっている水分が冷えを引き起こすケースもあります。
また冷えとむくみの原因としても、栄養バランスの偏り、血行不良、筋力不足(運動不足)など共通しているものが多くあります。どちらかだけに焦点を当てて片方を改善・片方を悪化させるのではなく、両方の問題を解決できる方法を採るべきだと思います。

着圧ソックスの利用自体は悪いことではありません。
が、以前の私のように過度に履きすぎていたり、血行を妨げて自然治癒力とか「自分の力で不調改善する能力」を一切動かさないのは間違いです。ちなみに、むくみは一時的に良くなりますが、痩せるわけじゃありませんし。

夜はゆったりした冷えとりソックスを履いて、足先をポカポカにして血の巡りを促したほうが有意義だと思っています。冷えとりソックスはデトックス効果があり老廃物の排出を促してくれるので、着圧ほどの即効性はなくともむくみ解消につながっていると言えます。個人的には冷え性が改善されたことでむくみにくくなった実感はあります。 

| 2015年03月07日 | 冷え取りグッズ | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) むくみ防止の着圧ソックスで冷え性悪化?! | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.