寝るときの靴下は温める?冷える?

冷え取り靴下が流行して、「寝るときに靴下を履く」のが冷えの改善に良いとされる一方、寝るときに靴下を履くのは冷えの悪化に繋がるから良くない、という意見もちらほら。
冷えの改善はさて置き、靴下を履いて寝ないと足先が冷たすぎて眠れない…という方も冷え性を自覚している方の中には多いはず。

寝るときの靴下は結局のところ良いのか悪いのかについて調べたことと、自分の体験を振り返ってみます。

 

眠っている時の人間の状態

眠るときは心臓も活動を低下させてゆっくりと動いている状態=送り出される血液が最小限になるので、活動時よりも体温は下がります。それに合わせて、眠る少し前から睡眠に適した状態に移行すべく、徐々に体温の低下が行われています。
太い血管が多い体幹部分などはそれほど顕著ではありませんが、毛細血管が多い末端ほど血液が行き届かずに冷たくなることは、人間の体のメカニズム上誰にでも起こることなのだそうです。
 

寝るときの靴下は冷える意見

眠っている時に靴下を履いてしまうと、靴下によって足が締め付けられることで血行不良を招いてしまい、冷え対策としては逆効果になります。起きている時よりも眠っている時の体は敏感な状態のため、普段それほどキツいと感じてない靴下でも毛細血管を圧迫し氷のような冷たさを引き起こしてしまいます。
また眠る時とは逆に起きるときは血液循環を増やして体温を上げる必要があります。その際に靴下で毛細血管が圧迫されていると足先まで血液が届かず体温の上昇の妨げになってしまいます。体温がきちんと上がりきらないとスッキリ起きられないことにも繋がります。

血液循環以外にも、昔ポカリスエットのCMで「寝ている間にコップ一杯の汗をかく」という言葉があったように、眠っている時は思っている以上に汗をかきます。靴下を履いたまま眠っていると、かいた汗で靴下が湿り、その水分が体温を吸収して外に逃がす作用を持ってしまいうと言われています。靴下自体が体温を奪う存在になりかねないので、どうしても寒いなら足元に湯たんぽを置いた方が良い。

<寝ている時の靴下NG派ポイント>
‖硫后締め付けのある靴下は血行を悪くすることで体温変動を妨げる
血行:靴下が血流を圧迫し、冷えの悪化やむくみを引き起こす
水分:汗などの水分を吸って、体温を吸収・放出することで余計に冷える

 

酒粕しょうが粒

寝るときの靴下は温める意見

※血行不良を起こすようなキツい靴下や、放湿性が低い靴下はNG派同様に悪影響であるとしています。そういった問題点に考慮したシルクの五本指冷えとり靴下を利用した場合の話です。

足が冷えて眠れないのは、足から「熱開放」が出来ていないことも原因として考えられます。
眠るときには体の深部の体温を徐々に下げていく必要があります。体温を下げるには体の熱を血液にのせ、血管が皮膚と近く皮膚が薄い手足にから熱を逃します。しかし冷え性=血行が悪い状態の場合、熱を持った血液を末端まで届けることが出来ませんから、体温を下げることも出来ないのです。これは睡眠に向かう体の状態を作れないということになります。
その際に靴下を履いている熱開放が行われやすくなり、寝つきがスムーズになります。

眠っているときは体のメンテナンスタイム。自然治癒力が高まり、排毒作用も活発になります。体の中でも特に足裏や足の指の間は排泄する毒素が多い場所。その時に素足だったり、汗を吸いにくい化繊の靴下を履いていると、排泄された汗(毒素)がそのまま肌に付着している状態になります。そこに空気が触れると、肌の熱を奪いながら蒸発しようとしてしまいますし、水分が蒸発したらせっかく排泄した毒素が肌に残ってしまいます。

<寝ている時の靴下OK派ポイント>
‖硫后Ъ分で体温変動を上手く行えない場合は外から温める必要がある
血行:毒素(老廃物)の排泄をサポートすることで血流が蓋然する
水分:寝ている時の汗が肌についたまま気化する方が体温が下がる

 

寝ている時の靴下着用について

眠るとき、無造作に普通の靴下や化繊のふわもこ系ルームソックスを履くのはNGというのは共通です。
寝るときに靴下を履いて温めようというのは、何でも良いから履こうというわけではなく冷えとり専用の重ねばき靴下(シルク+綿・ウール)を使うからこそ効果が得られるという話でした。寝るとき靴下NG派が「良くない」として上げている点を改善した靴下が冷えとり靴下だとも言えるでしょう。

使ったことがある方はわかると思うんですが、冷えとり靴下の内側の5本指の靴下、妙にデカいんです。ちょっとブヨブヨして落ち着かない感じ。締め付けないって言ってもこれはね〜、フリーサイズの弊害なんじゃ…と思うこともあったんですが、このデカすぎ感が締め付けないというポイントに大切だったということが良くわかりました(疑ってゴメンナサイ)
特に締めつけを感じず普通に履いている靴下も、寝ているときは血流を妨げるならあのくらいは必要なのかも。

私個人はあまり「毒出し」という点にポイントを置いていないのと、寝るときに靴下を履いていると落ち着かないタイプなので…寒い時は冷えとり靴下を履いて寝る・それほど寒くないときは裸足で寝る、という使い方をしているんですが、専用の冷えとり重ねばき靴下なら「冷え性を悪化させる」心配をせずに眠るときも着用して問題ないようです。

靴下を履いたまま眠れる人は、冷えとり靴下愛用者さんやメーカーさんがおすすめしているように「寝るときこそ冷えとり靴下」を利用してみると良い思います。心配な方はより締めつける心配がないレッグウォーマーがオススメ。

| 2015年03月02日 | 冷え取りグッズ | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 寝るときの靴下は温める?冷える? | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.