女性に優しいハーブ、アンジェリカとは?

生理前になると自分のめまいに酔ってグロッキーな感じになる管理人です。一時期婦人科にも行ったものの改善せず、婦人科医との相性が悪く憂鬱だわで…よく考えたらそれが冷え性改善とか、ハーブなど“民間療法”と呼ばれる類のものに足を踏み込むきっかけになっているのかもしれない。まぁ前世とか霊とかそっち系には行かなかったし、食べ物系に関しても「結局は自分に合うかどうかよね」っていう開き直り(?)の境地ですが。

 

で、多分そこまでメジャーでは無いものの“女性系トラブル”で検索するとよくヒットする「アンジェリカ」というハーブ。女性系なだけにホルモン様作用というものが大きいようですが、冷え・むくみにも良いと言われているので紹介します。

 

アンジェリカとは?

アンジェリカは和名を“セイヨウトウキ(西洋当帰)”と言う、セリ科シシウド属の植物です。名前の通り漢方の生薬として使われる当帰(トウキ)と同属で、そのほか生薬では白芷(ビャクシ)、より身近な植物としては青汁でお馴染みの“明日葉”も同属の植物です。セリ科全体で見るともっと色々なハーブ・生薬がありますから、世界的に古くから民間医薬として利用されてきたグループと言っても過言ではないのかも。

 

和名に“西洋”と付けられているように、アンジェリカは北欧〜東欧あたりに自生する植物です。学名はAngelica archangelicaと言い、属名と呼び名に使われている「Angelica(アンジェリカ)」というちょっぴりファンタジー感のある(?)名前もラテン語の天使に由来しています。種子名のarchangelicaは大天使を意味しているそうで“大天使が修道僧に疫病除けの草として教えた”という伝説が元となっているのだそう。その関係か“Angel glass(天使の草)”や“Holy Spirit Root(精霊の根)”など、ますますファンタジーというか…もはやゲームのアイテムみたいな別名もあります。

 

東洋(漢方など)では近縁種の当帰が古くから用いられてきましたが、こちらのアンジェリカもヨーロッパでは長らくハーブとして親しまれてきたそう。名前の由来となった伝説が先だったのか、古くからそう使われていたから伝説が出来たのかわかりませんが、宗教的にも悪霊を払う神聖なハーブとされ大切にされていたようです。中世頃にも修道院の薬草畑などでも積極的に栽培されていたハーブの一つで、修道院発祥とされる薬草系リキュールのシャルトリューズやベネディクティンにも使われています。

 

ちなみに神聖なハーブ・薬用植物と言うと敷居が高いようにも感じますが、原産地とされる北ヨーロッパあたりでは普通に野菜としても食べられているようです。日本では「フキ」が原料として使わてれいることがほとんどのようですが、製菓原料として使われている“クリスタルアンゼリカ”も元々はアンジェリカ(セイヨウトウキ)の茎を使ったものなのだのとか。ケーキとかクッキーにのっている、あの緑のグニュッとしたやつですね。

アンジェリカに期待される働き

日本でも知られている生薬“当帰”の近縁種で、ヨーロッパの伝統的なハーブでもあるアンジェリカ。ありとあらゆる不調に良いと言われることもあるようですが、代表的と思われるものを大きく5つに分けてご紹介します。

 

―性ホルモン調整

近縁種である当帰とともに「女性の為の朝鮮人参」とも称されるアンジェリカ。期待できる働きとしても女性ホルモンとの関係についてが取り上げられていることが多いのではないかと思います。この働きはアンジェリカや当帰などシシウド属のいくつかの植物に“フィトエストロゲン(植物性エストロゲン様物質)”が含まれていると考えられているため。

 

大豆イソフラボンなどもそうですが、植物性エスロトゲンというのは女性ホルモンエストロゲンをサポートするけれど、人体内で分泌される本物のエストロゲンよりは弱いという性質があると言われています。このためアンジェリカはホルモンバランスを整える働きがあるハーブとされており、エストロゲン分泌低下によって引き起こされる更年期障害を始め、エストロゲン不足・過剰両方のケースが考えられるPMS(月経前症候群)や生理不順などの軽減にも効果が期待されているそう。

 

⇔笋─Δ爐み緩和

アンジェリカにはクマリン・ピネンなど血液・リンパ液などの体液循環を促す香り成分が含まれています。体内の巡り(循環)を整えてくれることで、むくみや冷え性ほか血行不良に起因する様々な不調軽減にも効果が期待されているそう。お茶にして飲む場合は鉄分はそんなに浸出されていませんから、貧血に良いなどと言われるのも血液循環が良くなることが大きいのではないかと考えられます。

 

また血液循環が良くなり冷えやむくみが緩和されることも、生理痛やPMSの諸症状軽減に繋がってきます。植物性エストロゲンの働きというのもありますが、血行不良(冷え)から起こる生理痛・むくみから起こる倦怠感・だるさなども女性の不調には大きいのでしょう。ホルモン分泌調整と体液循環改善という2つの働きが期待できるからこそ、東洋でも西洋でも女性向けハーブとして使われているのではないかなと思います。

 

I邪や喉の不調に

血行を促すなどの働きから体を温めるハーブともされるアンジェリカ。体が温まって基礎体温が上がることで免疫力を高める(低下を防ぐ)ことにも繋がりますし、悪寒がする時や解熱用としても役立ってくれるでしょう。加えて香り成分の中には抗菌・抗ウィルス作用があるものや免疫力亢進作用が期待されているものもあり、風邪予防からケアまで幅広く役立つと考えられています。

 

ハーブとしては去痰・鎮痙などの作用があると言われており、風邪以外に喘息や気管支炎などの症状軽減にも効果が期待されています。殺菌作用も期待できるので、喉に不快感がある・痰が絡むなどの場合も蒸気を吸い込む事をイメージしながらお茶を飲んでみたり、うがい薬代わりに使ってみても良いかもしれません。

 

ぅ好肇譽后ι毀佳从に

アンジェリカの香りには鎮静作用(気持ちを落ち着ける働き)があると考えられています。アトマテラピーではアンジェリカの精油が使われていますが、こちらもメンタルサポートに優れた精油と考えられているそう。気持ちを落ち着かせる働きに加えて、血行促進によって体が温められるということもあり寝付きを良くする・快眠をサポートにも効果が期待されています。ヨーロッパではドライハーブをベット周りに使うこともあるのだとか。

 

イ腹の不調に

アンジェリカは胃液や胆汁分泌を促す成分が含まれている考えられており、消化促進にも役立つハーブと言われています。味的にも苦味があって確かに効きそうな感じがします(苦笑)。そのほか直接的な働きかけ以外にも、血行促進による内臓機能全体の活発化・冷えから起こる腹痛や下痢の緩和などが期待されているのだとか。PMS軽減に良いと言われるのは、このあたりの働きもあるのかもしれません。

 

精油を使う方法も…

なかなか期待できそうなアンジェリカティー。

が、ネットショップなどでは検索すると出てくるものの、家の近くのスーパーやハーブショップでは「アンジェリカ」シングルは置かれていないことが多いです。ミントとかカモミールとかするとマイナーなのか、禁忌・注意事項が結構あるので避けているのか…。あと個人的にはアンジェリカの問題は味だと思います。結構苦くてスパイシーというか土臭いというか、私的には“漢方”っぽい感じ。気分良く優雅にリラックスタイムを演出、という感じではないです。

 

 

なのでアンジェリカ、特に根の部分を原料とした「アンジェリカ・ルート」の精油の方が、茶葉よりも入手しやすいと思います。アンジェリカルートの精油は“不安と力の精油”とも呼ばれているそうで、どちらかと言うとストレスケアなどメンタル面のサポート用として取り入れられることが多いそう。またハーブティー同様に身体を温める働きや女性ホルモンへの働きかけなども期待できると言われているので、冷え性やむくみのケア、PMS(月経前症候群)・更年期障害などの軽減用としても取り入れられているようです。

 

参照:アンジェリカルート|ハーブ・期待できる効果効能紹介 

 

精油もアンジェリカルートの場合は結構土臭いというか、原液では嗅ぎたくない感じがします(苦笑)柑橘系の精油とは違って、人を選ぶと言いますが好き嫌いがある感じかなと。ラベンダーやカモミールの精油と相性が良いと言われているので、アンジェリカを全面に押し出すというよりは少量加える程度にした方が無難だと思います。私は漢方風味がわりと平気なのでハーブティーの方が使いやすいですが、とにかくネットで買わなきゃいけない(そして送料がかかる)というのが微妙な所><


トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 女性に優しいハーブ、アンジェリカとは? | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.