和の柑橘系カボスの香りは冷え性改善にも効果が期待

最近雑貨屋さんで「カボス」の香りの付いたハンドクリーム(?)がありまして。匂い系のテスター大好き女である私、手に塗ってみたところスゴイ良い香りで、個人的にカボス香が気になって仕方がない最近ですw

 

柚子はいっぱいあるけどカボスって珍しいですよね〜と思いながら、化粧品に匂いつけるってことは精油があるのではと探したところ「生活の木」さんからだけ出ているようです。で、アロマテラピー的に(?)良い匂いだって事以外に何かあるのか調べると“冷え性”の文字があったのでブログでも紹介します。

 

カボスについて

カボスと言えば柚子・スダチとともに“和”な印象の柑橘類。柑橘系と馴染みの薄い北国出身の私としては柚子は色で判別できるものの、カボスとスダチの区別がイマイチ付いていなかったりします。同じ人のために一応紹介しますと、カボスはテニスボールくらいの大きさでお尻(果頂部)がやや窪んでいるスダチはゴルフボールくらいと小ぶりなのが特徴だそうです。柚子は種類にもよるようですが、大きい順にカボス>ユズ>スダチとなる模様。

 

またカボスの主産地は大分県で、流通しているものの9割以上が大分県産なのだとか。江戸時代に京都から苗木を持ち帰って植えたのが大分県のカボス栽培の始まりと言われていますが、県外にカボスの古木が見られないことから大分県が原産という説もありハッキリしていないようです。

 

全国的に最も馴染み深いカボスの利用法は“ポン酢”ではないかと思いますが、お味噌汁や麺類などにかける方も結構いらっしゃいますよね。カボスそのものを使わなくとも、和洋スナック問わずお菓子類や飲料類などにも活用されていますから何となく香りや味の印象は根付いているような気がします。

 

カボスの香りが冷え改善に役立つ?

で、本題のカボスの香りは冷え性緩和にも役立つらしいというお話。

カボスの精油成分としては柑橘系に多く含まれているリモネンが主成分で、全体の約75%前後を占めています。リモネンは交感神経を刺激することで血行を促す作用が報告されており、代謝向上などにも繋がると考えられています。全体の75%というのはオレンジスイート(95%以上)より少ないものの、レモン(70%)よりもやや多いくらいですので、カボス精油も血行促進作用が期待できると考えられます。血行促進から冷え性の改善に良いとされていますし、疲労回復・消化機能全体のサポートにも効果が期待できると言われています♪

 

またリモネンは体内に吸収されるとα波がでる=リラックス効果があることも報告されています。スッキリとした香りは頭をスッキリさせたり眠気を覚ます働きなども期待されていますから、ストレス対策や仕事中のリフレッシュ用にも役立ってくれそうですね。クセがなく、甘さも少ないスッキリとした柑橘系の香りなので基本的に何とでもブレンドしやすくTPOを選ばない存在なのも使い勝手が良いですね。

参照:カボスのアロマ(精油):効果効能紹介

食材として摂り入れても冷え改善に

ざっくりとカボスの“香り”成分に期待される働きを紹介しましたが、勿論精油ではなくカボスそのものも冷え取りに役立ってくれます。というか精油成分以外にもカボスには冷え性改善をサポートしてくれる成分が含まれていますので入手できる環境であればお魚に掛けたり、フレッシュジュースやスムージーに入れたりと活用してみて頂きたい存在です(羨ましい!)カボス丸かじり…というわけには行きませんが、絞り汁には酸っぱいだけにビタミンCクエン酸が含まれています。

 

またカボスにはポリフェノールでビタミンPの一種「ヘスペリジン」も含まれています。ヘスペリジンは抗酸化作用があるほか、ビタミンCの吸収・作用をサポートする働きがあります。ビタミンCによるコラーゲン生成促進作用というと“肌のハリ”など美容面での働きに目が行きがちですが、実はコラーゲンは血管を構成している成分でもあります。特に毛細血管など末端の細い血管ほど血管壁が薄くなるので、コラーゲンが正常に生成・利用されていないと破裂や壊死などを引き起こしてしまうそう。

加えてヘスペリジンには血管の透過性を適度に保つ働きや、抗酸化作用による血液サラサラ効果も期待されていますので、ビタミンCとともに末端までの血液循環をサポートする=冷え性の改善に役立つと考えられています。摂取した栄養素がどこに使われるかは定かではありませんが、肌にも嬉しい効果があるかも^^

 

ちなみに産地の大分県などでは柚子湯のような感じでカボスをお風呂に浮かべて「カボス風呂」にすることもあるのだそう。絞った後の果物そのものを利用することでビタミンCの働きによる美白・老化予防効果があると言われていますし、香り成分も蒸気になって充満するので入浴効果とリモネン効果で血行促進にも相乗効果が期待できそうですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和精油 カボス(3mL)【生活の木 和精油】
価格:1944円(税込、送料別) (2017/3/18時点)

 

あんまり裕福ではないので…加湿器とかに入れる普段使いの精油は大体ネットで3ml1000円以下、5ml1500円以下くらいで買ってたりします。欲しいんだけどちょっと予算オーバーで悩んでたりします笑 天然カボスオイル配合と書かれた入浴剤も楽天さんにあったんですが、生カボスを入れたらビタミンC・精油の場合は濃縮された精油成分と香りの調節がしやすいってメリットがあるんですよね…。いっそカボス1箱をお取り寄せしようか迷い中(苦笑)精油3mlってアロマバス用にしたらすぐ無くなりますよね。

 

北海道はカボスどころか柚子もそうそう売られていません;;

まぁリモネン+ビタミンC+ペスペリジンなら大抵の柑橘類に含まれているんですが…なんかカボスの香りにぐっと来てしまったんだもん。。

| 2017年03月18日 | バス&アロマ | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 和の柑橘系カボスの香りは冷え性改善にも効果が期待 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.