おせちの名脇役(?)黒豆、冷え改善や美容に嬉しい食材です

お節シーズンになるとスーパーなどでも見かけることが多くなる黒豆。お店によって正月料理コーナーが出来ていて、普段は1〜2種類しか売られていない黒豆の種類が結構増えていたりもしますね。甘めの煮豆は好き嫌いもありますし、お砂糖の量の問題もありますが、黒豆そのものは健康にも美容にも様々なメリットがあると考えられている食材。冷え性ケアにも役立つとされていますから、黒豆を食事に取り入れてみようかなという方も種類豊富な今時期は要チェックな気がします♪

 

黒豆とは

極稀に「黒豆」という豆があると思っていらっしゃる方もいるようですが、黒豆というのは正式には「黒大豆」という種皮が黒っぽい色をした大豆の品種のこと。そのため基本的な性質や栄養価は大豆に近い存在で、未成熟状態で若どりした“黒豆の枝豆”もあります。ちなみに部分的に黒の片鱗はあるものの、黒豆枝豆も枝豆の緑色をしていますよ←黒いんじゃないかと期待したことがありますw

 

栄養価的にも大豆イソフラボンやレシチンなど、大豆に含まれている健康サポートに役立つとされている成分が含有量の差はあれどもれなく黒豆にも含まれています。また黒豆の“黒”の元となっている色素成分はブルーベリーなどでもお馴染みの「アントシアニン」であり、抗酸化作用が期待できるポリフェノールを豊富に含む豆として美容面での効果も期待されていますね。何年か前にテレビで黒豆ダイエットとか押していた時期もあったような…。

 

美容に良いということが報じられたためか、最近はサラダとか黒豆を使ったお惣菜系もあり親しみは増しているものの「お正月料理(おせち料理)」という印象が強い方も多いのではないでしょうか。何故か純和食のお節じゃなくても隅の方にちょこんといらっしゃることがありますね、黒豆(笑)。言って良いのか悪いのか、北海道人としてはお葬式に出てくる「黒飯(赤飯の小豆が黒豆になっているやつ)」の印象が強いですが。

地方ネタはさておき、お節料理に御目出度い感のある小豆ではなく黒豆が使われているのは“黒く日焼けするくらいよく働く、マメという音は体が丈夫なこと・苦労を惜しまず励むこと”に通じるためだと言われています。近代では黒というと喪の印象がありますが、元々は黒色=邪気を払う色と考えられていたので「厄を落として今年一年元気に生きられますように」という願いになるのだとか。

煮豆はふっくら仕上げるのが全国的ではありますが、地域によっては「シワが寄るまで健康・長生き」とかけてあえて皺を寄せるように煮る地域もあるそう。ふっくら派の方でも失敗したなぁと思ったらポジテイブに捉えて見ては如何でしょうか^^

 

黒豆と冷え性改善について

黒豆は冷え性の方にオススメの豆類として紹介されることも多い存在。色が黒いもの・身体が丸いものだから体を温める性質があるという説や、お腹から体を温めますなどの表記もありますが…もうちょっと明確な根拠はないものかと調べてみました。個人的にまとめてみたものなので保証はできませんが、ご参考までにm(_ _)m

【貧血・鉄欠乏予防】

黒豆には鉄分葉酸が含まれており、特に鉄分は成分表や食品ランキングで見ると多い部類に入っていたりします。実際は記載数値(※大体100gあたりの含有量が書かれています)ほど食べるものではありませんのでメインの補給源とは言い難いですが、黒豆ご飯にする・おやつ代わりにするなどして摂取すると日常の食生活で不足しがちな分の補給源として役立ってくれます。

ちなみに葉酸含有量は100gあたりの数値で見ても48μgとさほど多くはありませんし、鉄分は植物性鉄分で吸収率もそこまで良くないので、貧血予防としてはビタミンCを含むものと合わせて摂取すると効率が良いでしょう。

【血液循環のサポート】

黒豆に含まれている色素成分アントシアニンは、アイケア成分としての印象が強いですが抗酸化物質でもあります。黒豆にはアントシアニン以外にも抗酸化作用を持つビタミンE、血中コレステロールを溶かすことで血液を綺麗にする働きが期待されているレシチンやサポニンなども含まれています。

 

これらの成分が複合して働くことで血液や血管の状態をキレイに保ち、血液が隅々までしっかりと循環するサポートをしてくれると考えられます。ビタミンEには末梢血管拡張作用もありますので、手先・足先など末梢部の血流不足によって起こる末端冷え性の軽減にも役立ってくれそうですね。ドロドロ血液や生活習慣病が気になる方にも適しています。

 

めぐりの十一源
【代謝を高める】

血液循環が良くなると内臓や筋肉の働きが良くなり、基礎代謝が高まることに繋がると考えられます。またマウスにアントシアニン入りのエサを食べさせた実験では血中脂肪量・内臓脂肪量・血糖値などに有意な減少が見られた事も報告されており、アントシアニンにはメタボリックシンドローム予防やダイエット効果があるのではないかという説もあります。パープルフードダイエットとか言うのも一時期一部で話題になった記憶があります。

 

黒豆を食べるだけで痩せる件についてはあまり期待しないほうが無難ですが、代謝向上には効果が期待できます。ザックリ言うと血流改善→代謝向上→血流が良いので熱が行き渡る→体が温まるイメージですね。果物や野菜と比べると黒豆にはタンパク質量も多いので、ウォーキングなど有酸素運動と組み合わせて筋力アップから基礎代謝向上を狙いたい時にも役立ってくれそうですね。

【食品の性質について】

個人的にはそこまで厳密に信じているわけではないんですが(ゴメンナサイ)、冷え性に悩む方の多くが一度は通るであろう陰性食品と陽性食品の分類。多くは色が黒いことから小豆とともに陽性食品=身体を温める性質がある食材として挙げられていますが、“陰性より中庸”にも含む分類もあるようでハッキリしません。ただし陰性・極陰性に入れられているものは調べた限りありませんでしたので、さほど心配する必要はないでしょう。漢方では黒豆衣(黒豆の種皮)が使われていますが、平性とされているようです。

 

黒豆を食べる際の注意点としては、お節に入っているような甘いタイプの煮豆はお砂糖が多いので自分で作るときにはお砂糖を控えめにする(あまり美味しくないですけど^^;)か、食べすぎないように注意したほうが良いと思います。冷えの改善だけでなく、健康と美容のためにも。

 

普通に取り入れるならおやつ代わりに食べられる素焼き(?)タイプの炒り黒豆や蒸し黒豆、黒豆茶の方が無難ですね。お茶も黒豆そのものを使っているものであればさほぼ心配いりませんが、抽出物配合の商品(ドリンク・サプリメントなど)であればイソフラボン過剰摂取の可能性があります。なるべく心配が少ないと言われている食品そのものから摂るようにすると、摂取量も把握しやすくて良いのではないかなと個人的には思います。

 

こんな嬉しい効果も期待♪

【眼精疲労・眼病予防】

黒豆に含まれているアントシアニンは目の網膜にある“ロドプシン”というタンパク質の再合成を促す働きが認められています。ロドプシンは光の情報を受け取ると分解され、脳に情報を伝えています。一旦分解されたロドプシンは再合成された後に再び分解されるという流れを繰り返していますが、長時間目を酷使しているとこの再合成サイクルが追いつかなくなり目のかすみ・ピント調節機能の低下などを引き起こします。

 

アントシアニンはロドプシンの再合成を促すほか、抗酸化作用によって活性酸素による目のダメージ軽減にも役立つと考えられています。このため目の疲れを軽減し眼精疲労予防に、また白内障・緑内障・黄斑変性症などの眼病予防にと、目の健康を守る働きが期待されています。パソコンやスマホなどで目を酷使している方は、紫外線やブルーライトの怪訝効果が期待される「ルテイン」を含む食黄色野菜と組み合わせて食べると良いでしょう。

【デトックス&ダイエット】

黒豆は食物繊維を比較的多く含む食材です。食物繊維には不溶性食物繊維が多いので腸内の老廃物や脂質を包み込み、蠕動運動を促すことで便通の改善に役立つと考えられます。また「大豆オリゴ糖」と呼ばれるやや甘みのあるオリゴ糖も含んでおり、食物繊維と合わせて腸内環境の改善にも効果が期待されています。冷え性の項目と被りますが、アントシアニンには脂肪蓄積予防効果が期待されていますし、レシチンやサポニンなどの働きと合わせて血行促進から新陳代謝向上にも繋がると考えられています。

 

血液循環改善はりンパ液の滞りの軽減にも役立ってくれますし、黒豆には正常な体液循環をサポートするマグネシウム・ナトリウム排出を促すことで水分バランスを整えるカリウムなどのミネラルもバランス良く含まれています。便通改善と合わせて老廃物排出促進(デトックス)にも繋がりますし、腸内環境が良くなることも代謝向上に繋がります。これらのことから黒豆はダイエットサポート食材としても取り入れられています。

【美肌&アンチエイジング】

アントシアニンやビタミンEなど抗酸化物質を含む黒豆は体内・外見のアンチエイジングにも役立つと考えられます。大豆と同じく女性ホルモン(エストロゲン)をサポートしてくれる「大豆イソフラボン」が黒豆にも含まれていますから、コラーゲン生成をサポートしたり・肌の水分量を保つ働きも期待できるでしょう。

 

大豆や黒豆に含まれているペプチド(アミノ酸集合体)はお肌の元にもなりますし、血液循環が良くなることでしっかりと肌に行き渡ってくれるでしょう。相乗して肌のハリ・潤い保持などに効果が期待できますし、顔色がくすんでいる方やクマが出来やすい方などにも役立ってくれそう。そのほか大豆イソフラボンの働きから、更年期障害や月経トラブルの軽減・骨粗鬆症予防などにも役立つと考えられています。

【花粉症の軽減】

マウスを使った実験ではアントシアニン入りのエサを食べたマウスのほうがヒスタミン量が減少したことが報告されており、アントシアニンにはヒスタミンの低減効果あるのではないかと期待されています。

黒豆に含まれるアントシアニンでも有用なのか・人間に対してどの程度の効果があるのかなど不明な点もありますが、黒豆はコレステロールや活性酸素・過酸化脂質を抑制することで血液をきれいに保つ働きや、便通改善・腸内フローラ改善などにも効果が期待されている食材です。抗ヒスタミン剤のような効果が得られるとは期待しないほうが良いでしょうが、体質改善という方向からもアレルギーの軽減に繋がる可能性がありますね。

参照:【黒大豆】黒豆の栄養・効果 

 

上記でご紹介したほか、疲労回復や集中力アップ・精神安定などにも効果が期待されているようです。一時期ブームになったのも納得できるほど吸収な食材。余談ですが我が地元北海道で売り出し中(?)の「黒千石」という黒豆はポリフェノール含有が特に高いのだとか。農家さんはさておき、札幌の勤め人にはあまり縁がなかったりしますけどね^^;

 

| 2016年12月30日 | 体温アップ食材 | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) おせちの名脇役(?)黒豆、冷え改善や美容に嬉しい食材です | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.