美肌に嬉しい重曹風呂、冷え性の方は使い方に要注意

人にも環境にもやさしいエコ洗剤としてメジャーな重曹。100円ショップのお掃除グッズコーナーでもクエン酸と並ぶ定番商品として置かれていますし、重曹を配合したお掃除用品・消臭剤などの商品もよく見かけます。

手軽に使える入浴剤としても塩と並んで根強い人気がありますが、美肌の湯として知られる一方、血行促進や冷え性改善にどうなのかはあまり触れられることがないのでザックリまとめてみます。

重曹風呂とは

重曹風呂はその名の通り重曹を溶いたお湯に入浴します。

重曹は正式には炭酸水素ナトリウム、重炭酸ナトリウムや重炭酸ソーダとも呼ばれているナトリウムの炭酸水素塩で、アルカリ性を持つことと・加熱によって二酸化炭素を発生することが大きな特徴です。お菓子作りなどでよく使うベーキングパウターも重曹(炭酸水素ナトリウム)で、二酸化炭素を発生する性質から空気穴を作ることで生地を膨張させ、フワフワ・さくさくとした食感を作り出してくれるのだそう。

お風呂という点では天然温泉にも「炭酸水素塩泉(重曹泉/ナトリウム炭酸水素塩泉)」という重曹を含む泉質が全国に存在しています。一般的によく使われる呼び名は美肌の湯・清涼の湯で、皮膚をツルツルにする働きや湯上がりに熱感が後を引かない爽快感が特徴とされています。

重曹を入浴剤として利用した際に期待される効果は後ほど紹介しますが、目に見えるメリットとして価格が安く家計に負担がかからないこととが挙げられます。価格面で言うと重曹は安いものであれば1kg400円前後で販売されています。一回分量を30〜40gとして計算すると、一回の入浴にかかるコストは12〜16円になりますので市販の入浴剤よりもかなりお安いですね♪

 

【重曹風呂の方法と注意点】

一般的な浴槽(200リットル前後)のお湯に重曹を大さじ2〜3倍程度入れ、よくかき混ぜれば重曹風呂は出来上がりです。お好みによって塩やエッセンシャルオイルなどを入れても良いでしょう。

重曹風呂の注意点としては、肌に刺激があり敏感肌やアトピー肌の方は炎症を起こしてしまう危険性があります。アトピーや皮膚炎性のある方は使用を避け、肌が弱い方は大さじ1以下の量から開始するようにしましょう。また肌にさほど心配がない方の場合でも濃度が濃くなるとお湯がアルカリ性に傾きすぎるなどの関係で肌荒れ・皮膚炎証を引き起こす可能性があります。多く入れればそれだけ高い効果が期待できるというわけでもありませんので、お湯に溶かす量には注意するようにしてください。
お風呂を上がるときにはシャワーでしっかりと体を流すようにしましょう。

 

重曹は掃除用・料理用・化粧品用など用途別に分けて販売されていることもありますが、入浴剤に使うのは食用として利用出来るもの、化粧品用として販売されているものが好ましいとされています。小さいお子さんがいる場合などは特に料理に利用できるタイプのものを選ぶようにすると、誤って多少口に含んでしまった場合でも安心です。

重曹風呂といえば美肌と消臭

重曹を入浴剤に利用したは場合に期待できる効果としては、美肌効果・消臭効果がよく取り上げられています。個人的な見解ですが、重曹を入浴剤として利用している方の多くは肌を綺麗にする・体臭予防のどちらか、もしくは両方を期待している方が多いのではないかと思います。

 

‐箪

体臭や加齢臭対策に重曹風呂が良いとされておりのは主に重曹がアルカリ性であることに起因しています。体臭や加齢臭の主な原因としては皮脂や汗などが時間経過・皮膚常在菌によって酸化することと考えられています。重曹は肉や魚などの臭み消しとして利用されることもあるように酸性の臭いに対する脱臭効果がありますから、酸化よって起こる悪臭(体臭)に対しても効果があると考えられています。

 

美肌

重曹泉が「美肌の湯」と言われている用に、重曹風呂も美肌効果が期待できる入浴法として親しまれています。これは皮脂や古くなった角質を綺麗にしてくれる働きがあるためで、理由としては汚れや皮脂などを重曹が乳化することで浮き上がらせてくれるためと言われています。この働きから毛穴の黒ずみや汚れ・肌のゴワつきなどを改善してツルツルの滑らかな肌へ導く効果が期待されていますし、背中などのニキビ予防にも良いとされています。

外側の汚れ・老廃物を取り除くことに加え、血行促進作用などから肌の新陳代謝を高める働きも期待できると言われています。かかとなど角質が重なって厚く固くなってしまった部分の改善にも有効とされていますが、こちらは1回の入浴でどうこうと言うよりも継続したことで期待できる働きと考えたほうが良いでしょう。

重曹には古い角質や毛穴の皮脂などを浮き上がらせてくれる働きがありますし、掃除などで利用されるように研磨効果もあります。それならゴワゴワの踵なんかは重曹でこすれば良いのでは…と思いがちですが、アルカリ性の刺激と表面を削るという性質から皮膚を傷める危険性が高いので止めましょう。

加えて直接的な入浴効果ではありませんが、重曹風呂にするとお風呂掃除が楽になるというのも嬉しいポイント。お湯を抜いてから重曹水をスプレーしてつけ置きしている方もいらっしゃるかと思いますが、入浴剤として利用した場合はお湯自体がそのまま重曹水ですから、人が入浴している間に浴槽の汚れも浮かせてくれている事になりますね。

お湯を抜く前にスポンジで擦るだけでもかなり浴槽の汚れを落とすことができるので、面倒な風呂掃除時間を短縮できます。その水を流すことで排水口の消臭にも役立つと言われていますから、まさに一石二鳥かも知れません。

 

冷え性改善には役立つ?

ツルすべ肌と体臭対策に役立つ重曹風呂ですが、冷え性改善に役立つかというと正直微妙な所。重曹にも血行を促す働きがあり、温浴効果を高めて体を心から温める働きは期待できます。が、乳化作用によって皮脂を取る働きが強いため、お風呂を上がった後に湯冷めしやすいという問題があります。これは入浴後に皮膚を覆うことで保湿効果を高めるにがり(マグネシウム)などと逆の働きになります。

お風呂あがりに汗が引かない方や夏場などには適していますが、寒がりで芯からの冷え性…という方には若干心もとない気がします。重曹泉が冷えの湯や清涼の湯と呼ばれる所以でもありますね。逆に冷え性だけど暑がり傾向の方・部分的に火照りが出やすく不快感がある方などは使い方次第では役立ってくれると思います。

ちなみに肌が乾燥しやすくなるので乾燥肌の方にもあまり適していないそう。そこまで乾燥がひどくない場合でもしっかりとお風呂あがりに保湿するようにした方が良いでしょう。

 

冷え改善をメインにする場合は重曹単体で使うよりも重曹を大さじ2にして、クエン酸を大さじ1加えて「炭酸入浴剤」として活用したほうが良いと考えられます。重曹とクエン酸それぞれの働きも期待できるようですし、炭酸にすることで炭酸ガスが肌を刺激して毛細血管を拡張させより血行促進効果アップが期待できます。
また炭酸水は通常の水よりも肌への浸透率が高い=保湿効果があるといわれていますので単体で利用するよりは乾燥対策にもなりそうです。どちらにせよ保湿はした方が良さそうですが…^^;

参照:重曹のお風呂で湯上がり爽快&美肌

冷え性改善の手軽&プチプラの入浴剤としては、重曹大さじ2:クエン酸大さじ1:塩大さじ1〜3くらいのブレンドで使う方法がよく使われているようです。

血行促進やデトックスなどにはかなり効果が期待できそうですが、さほど保湿・保温性は期待できない感じがします。ちょっと奮発する場合は塩をミネラル塩にすると保湿方面でも役立ってくれるかと思いますが、プチプラを極めるのならニガリやハーブなどの方が手頃かもしれません。

私は一応うがい用に所有してはいるので、肌に不安があるので重曹は正直あまり使いません。今度使う際には湯冷めしやすいことを肝に念じようと思った次第です><

| 2016年10月16日 | バス&アロマ | trackbacks(0) |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 美肌に嬉しい重曹風呂、冷え性の方は使い方に要注意 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.