そば茶は体を冷やすか、温めるのかを考えてみる

日本人にとっても非常に馴染み深い食材である蕎麦。麺として食べるのはもちろんのこと、お茶にしたり、ソバの実の殻を詰めて蕎麦枕を作ったりもしますね。そばアレルギーが一般的に認知されているのも、それだけ使用される機会が多いという見方もできるのではないでしょうか?

 

一時期、韃靼蕎麦茶が美白に良いとちょっとしたブームになった記憶がありますし、血液サラサラ効果が期待できる健康茶として紹介されることも少なくありません。血液サラサラ効果が期待できるなら冷え性の軽減に良いのかなと思ったら、ソバは体を冷やすから避けたほうが良いとしているものもあり…どうしたものかと調べなおしてみました。

 

そば茶・韃靼蕎麦茶とは?

私達からすると蕎麦=ザ・和食というイメージがありますが、世界各地で食用とされている存在でもあります。と言っても比較的冷涼な気候を好む植物ですので、中国・ロシア・北ヨーロッパなどユーラシア大陸の北側での栽培・食用が多いそう。日本でも北海道や福島・山形など北側で多く栽培されています。

 

ソバの原産は中国南部あたりとする説が有力で、食用の歴史も古いと考えられています。日本においてもまだ大陸と陸続きだった時に人々と共に入ってきたと言われています。9000年以上前の高知県の遺跡からもソバ花粉が発見されているのだそう。弥生時代には既に栽培されていたと考えられていますから、米よりも古くから栽培されていた可能性もありそうですね。

 

現在日本人にとって最も一般的なソバの食べ方は麺として食べることですが、「そば切り」が成立したのは戦国時代頃、麺状の蕎麦を食べるのが主流になったのは江戸時代中期以降と言われています。鎌倉時代に“挽臼”が伝来するまでは米のような感覚で炊くか煮込むかして食べていました。現在でもロシアなどではそのままお粥のように煮込んで食べることもあるそうです。気にしたことがなかったですが韓国の冷麺やイタリアのパスタなど蕎麦粉を麺に加工して食べる国もありますね。国によって使い方は異なりますが、粉にしてから加工する食べ方のほうが多いでしょう。

 

あまり意識せずに食べていますが、私達が普段食べている「お蕎麦」は普通ソバや甘ソバとも呼ばれるFagopyrum esculentumという種を原料としたもの。植物分類ではタデ科ソバ属とされていますが、同じソバ属に分類される別種植物は19種くらいあるのだとか。お茶売り場で見かける“韃靼蕎麦(ダッタンソバ)”というのもFagopyrum tataricumという同属別種です。

青汁でもお馴染みの明日葉、冷え改善に嬉しい栄養素も

個人的には大麦若葉と並ぶ青汁の成分、というイメージだったりします。産地の方は野菜(野草?)感覚で食べられているそうですが、北海道出身の自分としては植物そのものに馴染みがまったく無かったり。青汁のイメージで体に良さそうな印象はあったものの、何が良いのかはさっぱりだったので調べてみました。

情報がありすぎて逆に分かりにくいっていう…;

 

明日葉について

明日葉は植物としてはセリ科のシシウド属に分類され、漢方薬でお馴染みのトウキ・ハーブとして用いられるアンジェリカなどと比較的近い存在と言われています。日本では太平洋沿岸部の温暖な地域に多く自生しており、地域によって伊豆大島系統(赤茎)のものと八丈島系統(青茎)の2つに大分されています。ちなみに多年草なので通年収穫はできるそうですが、新芽を出す春頃が旬とされており春の季語にも使われるそうです、

 

明日葉という名前は「若芽を摘んでも明日には伸びている」くらいに生命力が強いためなのだそう。実際に伸びるまでは4〜5日くらいかかりますが、その生命力の強さから不老長寿の妙薬と考えられていた時期もあります。中国では根の部分を朝鮮人参の代わりに使うこともあるそうで、秦の始皇帝が徐福などに探させた不老長寿の薬は明日葉のことだという伝承もあるのだとか。

 

江戸時代中期に貝原益軒が記した『大和本草』には八丈島の人々の元気の源として明日葉が記載されていますし、文献こそ少ないものの自生している地域では古くから食されてきたのではないかと考えられています。全国的に明日葉の名が知られるようになったのは、今から40〜50年前に八丈島の人々の若々しさに関心が集まって起きた“明日葉ブーム”以降と言われています。一旦このブームは収束したようですが、健康志向が高まったことや明日葉の成分・作用が報告されたことで近年再び健康商品に広く使われるようになっています。

 

明日葉はビタミン・ミネラル・食物繊維などをバランスよく含み、栄養価的に優れた食材であることから青汁の原料として選ばれているそう。またカルコンを筆頭にクマリンやルテオリンなどのポリフェノールが豊富なことも分かっており、近年はアンチエイジングや生活習慣病予防としても人気が高まっています。

 

冷え性軽減と美容面で嬉しい働き

豊富な栄養成分などから様々な効果が期待されている明日葉ですが、その中でも冷え性の軽減・女性が特に気になるダイエットや美肌についての働きを先にご紹介します。

スーパーフルーツ、クコの実(ゴジベリー)はお茶にすると摂りやすい

突然ですが、クコの実もしくはゴジベリーなるものをご存知でしょうか。少し前から健康食品系のサイトなんかで結構取り上げられていて、個人的には昨年話題になった某王手サイトに、昔別のところで書いた記事を大量にパクられた(あのサイト参照リンクとか貼ってくれないのよね…)苦い思い出もあったりますが。
簡単に分かりやすく言うと、杏仁豆腐の上に乗っている赤い小さい実・サムゲタンとか薬膳スープに浮いているあの赤い味のしない物体=クコの実(英語でゴジベリー)です。苦い繋がりでいうと、数年前に海外サイトで見て近所で買って食べたんですが…ドライフルール感覚で食べたものだから硬いわ苦いわで「不味っっ」と思った記憶があります^^;

でも古くから漢方・薬膳なんかで使われてきた存在なだけに体には良いし、美容面でも嬉しい働きが期待出来るようなのでこちらのブログで改めてまとめてみたいと思います。

 

スーパーフルーツ、クコの実(ゴジベリー)

クコの実は東アジア原産、ナス科クコ属に分類される木になる果実です。クコの実は枸杞子(クコシ)という名前で生薬としても利用されていますし、あまり馴染みはないですが根皮は地骨皮(ジコッピ)葉は枸杞葉(クコヨウ)という名前で生薬としても利用されています。ちなみに地域によっては若葉も野菜感覚で食べられているそう。

 

漢方(中国伝統医学)においては紀元前、今から4000〜3000年前から薬用として利用されてきたと考えられている歴史ある存在です。中国最古の薬学書と言われる『神農本草書』では毎日食べ続けても副作用がなく、不老長寿をサポートしてくれる“上品(上薬)”に分類されており、古代から不老不死の名薬になる植物の1つとして非常に大切にされていたと伝えられています。クコの実は「不死の実」、クコの葉などで作られたお茶は「延命茶」とも呼ばれていたそうですよ。

美容にも効果がある食材として知られており、世界三大美女の一人“楊貴妃”も毎日欠かさずクコの実を食べていたという伝説もあるそう。また外用でも肌を潤わせる・血色を良くするなどの働きもあると考えられており、クコの実を原料に使った軟膏(現代で言う保湿クリーム)などもあったと言われています。

 

現代になって資生堂さんがクコの実に日焼けによる紫外線ダメージを軽減する働きがあると発表したこと、様々な栄養素を含む「スーパーフルーツ」の一つとして海外のハリウドスターやセレブが食事に取り入れられていると報じられたことなどから日本でも取り入れている方が増えています。最も注目されているのはたおそらくアンチエイジングとダイエット効果かなと思いますが、その他にも様々な健康メリットがある果物ですよ。冷え性の改善にも効果が期待されていますよ。

 

クコの実と枸杞茶/ゴジベリーティー

クコの実の成分やら冷え性改善にどの辺が役立つのかをご紹介する前に、食べ方についてちょっと言わせてください。おそらくビタミンCなどの関係から生で食べましょうとか言われることもありますが、フルーツとしてはそこまで広く流通していないので(特に地方の方は)入手が難しいと思います。

 

また手に入ったとしてもドライフルーツになっているものよりもクセが強いので、そのまま食べると好き嫌いが結構分かれます。甘味はほとんどなく、かと言ってすごく酸っぱいわけでもなく…なんというか、個人的には微妙としか言えない味。美味しくはないです(苦笑)欧米では生クコの実を使ってスムージーにしたり、アサイーボウルのクコの実版(ゴジベリーボウル?)みたいな感じで食べたりしているようなのですので、生のクコの実が入手出来た場合は他の果物と組み合わせて食べると良いと思われます。

 

ただし北国引きこもり中の自分なんかは手軽に入手できるものでは無いので、簡単にあまり味を気にせず摂取しようと思うと“お茶”にしちゃうのが無難かなと思っています。水に溶け出さない成分(脂溶性ビタミン・ミネラルなど)はほとんど摂取できないのですが、紅茶などとブレンドしてお茶を入れる→ちょっとふやけた乾燥クコの実をハチミツなどと一緒にヨーグルトなどに入れるとドライフルーツそのままより食べやすいですし、栄養もしっかり摂れるのではないかと思います。

 

美めぐり習慣

お正月太りにも? 杜仲茶で冷えと脂肪対策

ダイエットのサポートや生活習慣病予防など健康をサポートしてくれる身近なお茶の一つ、杜仲茶。小林製薬さんからは血圧が高めの方向けとしてトクホマークの付いたものも過去に売り出されており、杜仲茶という存在については老若男女問わずご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

本日1月7日は「七草粥を食べて年末年始の暴飲暴食をリセットしようかな〜」って方も多いのではないかと思いますが(私はフリーズドライタイプを買いました)、一食大人しくお粥を食べたくらいでは落ちないのがお正月太り(´・ω・`)杜仲茶はスタイル的なリセット&冷え性改善、両方のサポート役として役立ってくれそうなお茶ですよ。

 

杜仲茶とは

ペットボトル飲料としても目にする杜仲茶。十年くらいおきに杜仲茶ダイエットブームが起こっているような気もしますので、一度は口にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。メディアで報じられるように飲むだけでスゴイ痩せるとか劇的な効果は期待しない方が良い(少なくとも個人的には無かった!)と思いますが、健康茶として定番の一つであり、根強い人気があることは間違いないでしょう。

 

中国茶系のものってお茶の名前なのか原料名なのか定かじゃないものも多いですが、杜仲茶はその名の通りトチュウ目トチュウ科トチュウ属のトチュウの木を原料としています。6千万年前くらいには各地に分布していたと考えられる比較的古い植物だそうですが、現在は中国でしか自生が確認されておらず近縁種も存在していません。

杜仲茶はこのトチュウの木の葉を乾燥し煎じたものですが、漢方で生薬(杜仲もしくは杜仲皮)利用されるのは樹皮を乾燥したものと部位が違います。生薬としては中国最古の薬学書とされる『神農本草経』で一番上の“上品”というランクに分類されており、現在でも五大漢方薬(冬虫夏草、人参、鹿茸、芍薬、杜仲)の一つとして杜仲は漢方界では大切な存在と考えられています。

 

日本にも奈良〜平安時代頃には中国から杜仲が伝えられていたようです。ただし国内には存在しない物ですし中国でも採取量に限度があるため非常に高価な存在で、皇家や公家などごく一部の富裕層しか口にすることはできなかったでしょう。不老長寿を叶える秘薬と信じられ、強壮剤のような感覚で利用されていたと考えられています。

明治時代中期に栽培を試みたことがあるようですが、国内での栽培が本格化したのは1970年代に第一次杜仲茶ブームが起きた後の昭和50年代とごく最近のこと。平成との境目である1980年代後半に缶・ペットボトル飲料が販売され1990年台に再びブームが再燃、その後10年〜15年間隔で杜仲茶に注目が集まるというサイクルを繰り返しているようです。ちょっと不思議ですね。

味としてはサッパリしていて好きという方と、青臭さがあって苦手という方に分かれる存在かと思います。コスパや色んな種類から選べるという点で考えると自分で入れるタイプの方がオススメですが、お茶やハーブティーで好き嫌いがあるという方の場合はペットボトル飲料や大手メーカーなど「多くの人の口に合いやすい」ことを考えている感じのものを選んが方が無難かもしれません。

冷え性対策・風邪予防にタイムが使えるらしい

ハーブとしてはそこそこ以上に名前が知られた存在ながら、デイリーに使うか、キッチンの必需品かと言われるとちょっと首を捻りたくなる存在のタイム(ちゃんとお料理する方とかは、活用してらっしゃると思いますが…)。日本では無くてもさほど困らないくらいのハーブですが、実は風邪予防や冷え性緩和などこれからの時期に嬉しい働きが期待されているハーブでもあるようです。
 

タイムとは

一口にタイムと言っても植物分類上で、イブキジャコウソウ属 (Thymus) に属すものはおよそ300〜400種とかなりの種類があります。鑑賞専用種類やレモンタイム・キャラウェイタイムなど他植物の芳香を持つものまで幅広くありますが、料理用ハーブとして単に「タイム」と言われているものは、ヨーロッパ南部原産のコモンタイム(学名Thymus vulgaris、和名タチジャコウソウ)を指すのが一般的です。

タイムはハーブとしてはかなり歴史のある存在の一つとされており、古代エジプトではミイラ作成用の防腐剤としても利用されていたと言われています。紀元前数年前には“防腐作用がある草”として評価される存在であったと言えるでしょう。ギリシア人は神殿や浴場でお香感覚で焚いていたそうですし、ローマ人は部屋を清めるためにも利用していたのだとか。勿論現在で言う芳香剤のような感覚での利用だけではなく、肉や魚の保存剤としてやお酒の香り付けなどにも利用されていたようです。

また香りや薬効がある植物は何らかの象徴や宗教的な意味合いを持たされる傾向にありますが、タイムも例外ではなく、古代ギリシアやローマでは品位や勇気中世になると勇気や行動力の象徴としても大切にされていたそうです。持ち主に勇気を与えるとして、女性が男性への贈り物としても利用していたそうな。
菌作用などがあっことからペスト対策としても利用されていたそうですし、料理・保存食の作成、蜂蜜を採るための蜜源植物などにも利用されていましたから、精神的にも実用的にもヨーロッパの人々にとっては欠かせない存在だったと考えられますね。

現在では観賞用もしくは肉の臭み消しなど料理用ハーブとしての利用がメインですが、ハーブなどを使った自然療法でも定番の存在ですし、抽出されたエッセンシャルオイルは石鹸・消毒薬・口腔ケア用品などにも配合されているそうです。

 

タイムはハーブの中でも殺菌効果が高い

タイムに期待される効果としては“ハーブ類トップの殺菌・抗ウイルス効果”がよく取り上げられています。特に風邪やインフルエンザが流行る冬なんかに見かけますね。この働きはタイムに含まれている精油成分でフェノール類の「チモール」や「オイゲノール」などが、高い殺菌・抗真菌・抗ウィルス作用を持つと考えられているため。

成分を濃縮したエッセンシャルオイルになると刺激が強くなりすぎて使用に注意が必要とも言われています。ハーブ・お茶として利用する場合は、過剰摂取は避けたほうが無難ですが、一時的な利用であればそこまで刺激の心配はいらないようです

酒粕しょうが粒

サマーセイボリーはスパイス・ハーブティー両方で活躍

スーパーの見切り品ワゴンに大量に入っていた謎のハーブ「savory」。見た目がパセリっぽかったので使えるかなと興味本位で買ってみたものの、硬くて口の中でカサカサする食感にちょっと悲しくなったことがあります笑

香りはサッパリとしたtheハーブという感じで、肉を焼くときとかカレーとかに入れたら良さそうな気がしたんですが、使い方がわからず調べた所…血行促進で冷え性改善に良いらしいという文字が!! 買ったのが見切り品だったからか乾燥だからか仕上げには使えませんが、スープ系や水分の多いものを焼く時になかなか重宝しています。

 

サマーセイボリーとは

セイボリーというのはシソ科キダチハッカ属(木立薄荷)の総称で、種類としては約30ほどあると言われています。ハーブやスパイスとして利用されるのはその中でもサマーセイボリー”と“ウィンターセイボリー”の2つが主かと思いますが、一般的にサマーセイボリーのほうが香味が良いとして評価されています。ただしサマーセイボリーが一年草なのに対し、ウィンターセイボリーは多年草で通年収穫出来ますし、香りがよりシャープな傾向にあるので好みによるところも大きいのではないかと思います。

ところでサマーセイボリーはドイツで「豆のハーブ」とも呼ばれているように、豆料理によく利用される存在です。これは豆の煮込み料理と相性が良いだけではなく、豆料理に使うと腸内ガス発生を抑制する(お腹の張りを抑える)働きがあるとされていたという説もあります。
日本でセイボリーはさほと馴染みのないハーブですが、地中海原産で五代ギリシア・ローマから利用されていたと言われていますから、ヨーロッパの方々にとっては身近な存在なのかもしれません。

黄金と同じ価値を持つと言われたほど胡椒が高価だった中世頃には、胡椒の代用品としても利用されていたためサマーセイボリーを「ペッパー・ハーブ」と呼ぶ国もあるのだとか。そのため豆以外にも肉・魚料理やスープ、酢や油に風味を付けたりドレッシング作りなどに幅広く利用されています。フランスの有名なブレンドハーブ“エルブ・ド・プロヴァンス”にも欠かせない存在のようです。

ちなみに錬金術や黒魔術などが盛んだった中世頃には「媚薬」としての効果もあると考えられ、その方面でも需要がったようです。16世紀にイギリスで記された『バンクスの本草書』にもサマーセイボリーの効能として胃腸トラブルに良いことの他に催淫作用があるとも書かれているそう。17世紀を代表するハーバリストのニコラス・カルペパーは目のかすみや耳鳴りにも良いとしているそう。

 

期待される効果と冷えの改善について

「豆のハーブ」とも言われるように、胃腸機能サポートや腹部膨満感(腸内ガス)改善というのがサマーセイボリーが古くから利用されていた用途だと考えられます。肉・魚料理に利用されるのも香り付け・臭み消しだけではなく消化を助けるという意味合いもあったのかもしれません。

ハーブティーとして利用する場合も胃腸の調子が悪いとき(消化不良・胃もたれ・食欲不振など)に利用されることが多いようです。しかしその他にもサマーセイボリーは風邪予防・冷え性・リフレッシュ用などにも役立つのではないかと考えられています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レモンバームは季節の変わり目、自律神経の乱れにも良さそう

ハーブティーにハマっていろいろ目移りしている中、これだけは外せないという私が大好きなハーブ「レモンバーム」。個人的な好みがかなり入っているのでアレですが、風味で言うとカモミールよりもクセがなく親しみやすいと思います。

メジャーなものなので比較的安価でどこでも変えるのもおすすめポイント。緑茶とか麦茶とか普段飲んでるお茶に加えても美味しいですし、適当にブレンドしても失敗したことがない便利なハーブでもあります。

レモンバームって、どれ?

結構ハーブとかアロマについて調べているんですが、レモン何とかって名前のものは一瞬混合します。きっと私だけでははいハズ…!! レモンバームはシソ科の植物で、個人的には別名の“メリッサ”の方がわかりやすいと思うんですが、メリッサは属名で広義だと他の植物も含んじゃうからレモンバームと表記されることが多いのではないかと思います(笑)

以前紹介したレモングラスイネ科っぽい細長い形状であるのに対して、レモンバームは外見は同じくシソ科植物のミントに似ています。和名もコウスイハッカ(香水薄荷)やセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)など薄荷=ミントの仲間を意識した命名がなされています。

レモンバームの原産地は南ヨーロッパで、古代ギリシアやローマ時代には栽培が行われていたとされる歴史の古いハーブの一つです。薬草としてのほか蜜源植物としても欠かせない存在であったようですし、古代ギリシアの医者・薬理学者のディオスコリデスが噛傷の治療に利用したと伝えられていることから、紀元前には既に知られた存在であったと考えられます。

8世紀頃からはレモンバームは若返り効果がある薬草という考え方も登場し、若返りや長寿を願う方からの需要も高くなっていきます。錬金術師として有名なパラケルスス(16世紀)はレモンバームを「生命のエリキシル =不老不死の霊薬」と呼び、“プリムム・エンス・メリッサエ”という薬を調合した話もよく知られています。このあたりの話は民間信仰や錬金術などの眉唾ものと思われていましたが、近年レモンバームはポリフェノールが豊富なことが認められ再びアンチエイジングハーブとして注目されているそうです。

 

ストレス・自律神経の乱れ緩和に

レモンバームは8世紀前後に活躍したフランク王国のカール大帝はレモンバームに不眠・頭痛などのを改善する作用があるとして、すべての寺院で栽培を行うように推奨したそうです。11世紀にはペルシアの医学者イブン・スィーナーがうつ症状の改善への有効性を認めたとも言われていますから、今から1000年位前には広い範囲で精神面への作用があるハーブと認められていたようです。

酒粕しょうが粒
続きを読む >>
| 2016年10月02日 | ホットドリンク | trackbacks(0) |
Copyright (C) ホットドリンク | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.