酵素ブームで話題の生野菜、冷えにも良い?悪い?

冷え性対策を本やネットで調べたことがある方であれば、大体「冷え性の人は生野菜を控えよう」という記述を目にした機会があるのではないかと思います。このブログでも冷たいものは食べすぎないほうが良い、とか、生野菜の食べ過ぎに注意とか書いた覚えがあります^^;

 

わりと(私が知る限り)昔から「冷え性の人は生野菜・冷たい状態の生果物は避けよう」というのは定説化していたような印象がありますが、最近は“酵素”というものが健康維持やダイエットなどで注目されていることもあり「野菜は生で食べた方が酵素やフィトケミカルを摂取できるのだからから、むしろ生で食べたほうが良い」という傾向も増えているよう。

前者は薬膳系の影響が強い方・後者はローフード系の考え方の影響が強い方とする見解もあるそう。

 

生野菜は体を冷やすと言われるのは何故?

まず生野菜NGと言われる「体を冷やす」という点について考えてみたいと思います。色々なことが囁かれていますが、大まかには3つに分けることが出来そうです。

 

1.摂取時の温度が低い

生野菜が体を冷やす原因になる点として最もイメージしやすいものとして、内蔵型冷え性を起こす原因でも紹介していますが、摂取時の温度が低い=内側から内蔵などをダイレクトに冷やしてしまう危険性がある事が挙げられます。生野菜をサラダやスムージーにして食べる・飲む場合は直前まで冷蔵庫に入れているという方も少なくないでしょう。メーカーや製品によっても異なりますが、冷蔵庫の温度は概ね2℃〜6℃、野菜室の温度は3℃〜7℃くらいと言われています。また常温を意識しても生野菜であれば温度は10〜15℃くらいと言われていますから、体温から比べるとかなり低い温度のものを摂取していることになります。

 

この冷たいものを摂取して起こる冷えは一時的なもので、人体に備わっているホメオスターシス(恒常性)と呼ばれる環境を一時的に保つ働きによって元に戻されます。そのため冷たいものの摂取が総じて悪いという訳ではありませんが、冷え性の人は元々不足しがちな発熱量が胃腸の温度を取り戻すために奪われる可能性があります。内臓の温度を正常に戻そうとする働きに負荷になるほど冷たいものを摂取すると、一時的の“一時”が結構な時間になってしまう・末梢部へ熱が回りにくくなることに繋がる=冷えが重くなると考えられます。

 

2.水分が多い・消化が悪い

生野菜の特徴として、加熱料理をした状態よりも水分量が多いということも挙げられています。と言っても『日本食品成分表』でキャベツや大根など幾つかの食材を見てみましたが生と茹での水分量の違いは100gあたり1g程度の差異であるものが多く、巷で言われるほど水分量に差はありません。この説は体が冷える=水分代謝が悪くなる説との混同ではないかと考えられます。

 

ただし冷たいものを摂取することで胃腸の温度が下がる=胃腸機能が低下するということは考えられます。また水分の吸収・代謝が上手く行かないと水分過多になり消化液が薄められる可能性もありますから、冷たい状態で摂取する前提であれば「水分量が多くなりすぎる」という事も完全には否定しきれないかもしれません。消化という点で言うと、より単純に固さのある生野菜として食べるよりも加熱して柔らかい状態にしたほうが負担は少ないでしょう。

 

3.カリウムが多い

調理したものを食べるよりも生野菜のほうが様々な栄養素を補給できると言われていますが、その中にはカリウムも含まれています。この点に関してはメリットでありデメリットでもあると言えますが、カリウムは体内の水分バランスに関係するミネラルであり、利尿効果があると言われている存在。

 

むくみによって冷えが起こっている場合はメリットとしても働きますが、尿の排出とともに熱を下げる働きも持ち合わせています。こちらも一時的なもので身体は正常な体温を保持するように動きますが、冷たいものの摂取と同様に冷え体質の方の場合は体温を戻すまでに時間がかかる・末梢部に行き渡る熱量が減るなどの影響がある可能性もあるでしょう。

 

ちなみにカリウムは水に溶けやすい性質があるので加熱料理、というか茹でるような調理法を摂った場合に流出し減少する傾向があります。例えば『日本食品成分表』の中でホウレンソウ(通年平均)を見てみると、生の場合のカリウム量は100gあたり690mgであるのに対し、茹で状態では490mgとなっています。水分量は生92.5g・茹で91.5gですから、摂取目安量から考えると水分量よりもカリウム量の差異の方が大きいと言えますね。

 

生野菜が冷えとりに役立つとされる理由は?

生野菜が体を冷やすとされる理由としては上記の3つが大半を占めていますが、では逆に生野菜が冷え性の改善に良いとされている理由を見てみましょう。

手足は冷たくない、内蔵型冷え性って…?

以前夏の冷え性についてご紹介した際に、ちらりと触れた内臓型冷え性。手足が冷えないでお腹が冷える冷え性?と漠然な紹介になってしまったので、今回はこちらを掘り下げて調べてみたいと思います。

 

内蔵型冷え性とは

内臓型冷え性というのは文字通り体の内側(内蔵)が冷えている状態を指します。冷え性というとイメージすされやすい「手先が冷たい(末端部が冷える)」という症状はほとんど無く、むしろ手足は温かく感じるので冷えているという自覚症状を持つことが少ないとも言われています。自分でわからないまま冷えが悪化してしまうケースも多いことから“隠れ冷え性”とも呼ばれています。

 

【内蔵型冷え性の症状】

  • 平熱が低い(36℃未満)
  • お腹に手を当てると冷たく感じる
  • 太もも・二の腕などが冷たい
  • 手先・足先はわりと温かい
  • 風邪をひきやすい
  • 疲れやすい
  • 顔色が悪い
  • 寝付きが悪い・寝起きが悪い
  • 倦怠感・だるさを感じる
  • 肌荒れしやすい

当てはまるものが多いほど、内臓型冷え性の可能性が高いと言われています。特に上5つに当てはまる方は要注意。

 

【内臓型冷え性の弊害】

内臓型冷え性が“怖い冷え性”と言われるのは、自覚症状がないうちに冷えがどんどん進行してしまうということだけではありません。弊害として末端部ではなく体の中心(内蔵)が冷えることで各臓器の働き・免疫力が低下する、ということが第一に挙げられるでしょう。人の免疫細胞の大半が腸に存在していおり、体が内側から冷えると腸の免疫細胞の働きが低下することが報告されています。

 

体温が1℃下がると免疫力が30%低下する」とも言われるほど、深部体温と免疫力は関わりが深いと考えられています。このため内臓型冷え性のチェック項目にも用いられているように、免疫力が低下して風邪をひきやすくなる可能性が高いと言われています。また風邪だけではなくインフルエンザほか様々な病気に対する抵抗力も低下してしまいますから、健康を維持が困難になる危険もあるのだとか。

お腹が冷えることで腹痛・便秘・下痢・お腹のハリなどを感じる方も多いそう。血行不良にも影響してくれることから肩こり・むくみなどの症状にも繋がりますし、内臓機能や血行が低下することで基礎代謝が落ち太りやすい体質になってしまう可能性も高いそう。肌荒れや顔色の悪さなど外見面の問題が起こりやすくなるのも、血流・代謝・免疫力の低下に起因していると考えられます。

 

内蔵には卵巣や子宮なども含まれていますから、生殖器官が冷えることで月経不順や生理痛など女性特有の不調を引き起こす・悪化させる原因にもなります。妊娠にも影響するので、特に妊活中には注意したいですね。また内蔵冷えは脳の冷え(機能低下)に繋がるという説があり、だるさや倦怠感をはじめ情緒不安定になりやすいとも言われています。

まさに冷えは万病の元…って感じ;;

夏でも冷え性・身体が冷たい…その原因と対策は?

冷え性というと「寒い」「手足が冷たい」など自分で冷えを認識しているというイメージがありますが、暑がり・汗っかきの方なども冷え性である可能性があります。暑がりなのに冷え性という方もかなり多いという見解もあります。夏でも「暑いから冷えとは無関係「「手足がポカポカしているから大丈夫」と思っていても、冷えを起こしていることもあります。

冷えの部位や原因によって様々な冷え性のタイプが紹介されていますが、冷え性ではないと感じている方や夏場に起こりやすい“冷え”の代表的な2つがこちら。

 

戻り冷え性

ほてり型冷え性・かくれ冷え性とも呼ばれる冷えの一種で、代表的な特徴としては足や手などが異様に熱く感じるということがあります。このほてり感の原因としては、血行が悪くて末梢部に滞った血液が熱を持つ・冷えが酷い部位に血液を送ろうとして熱くなるなどが考えられています。冷やすと一時的に落ち着きますが、元々の原因が冷え(血行不良)なので再びすぐに火照りを感じる傾向にあるのも特徴。暑がりである・手や足が熱くて寝苦しいと感じている場合、もしかすると単に暑いのではなく冷え性の可能性もあります。

>>戻り冷え性の詳細はこちら

 

内臓型冷え性

こちらは呼び名の通り、冷たい食べ物や飲み物を摂取することで内蔵(胃腸)が冷えてしまうことを指します。寒い・手足が冷たいなど「冷え」の実感がないため悪化しやすいとも言われており、自分は冷え性ではないと思っている方にも結構このタイプが多いのだとか。チェックポイントとしてはお腹の調子が良くない方・平熱が36℃以下の低体温であることが挙げられます。また下腹部を触ってみると冷たく感じる方も要注意と言われています。

>>内臓型冷え性の詳細はこちら

 

夏、暑いのに冷えてしまう原因は…

一見冷えとは全く関係無さそうな夏。日中外に出ればむわっとした空気にゲンナリし、夜になっても気温が下がらないのは日常茶飯事。それでも夏は冬以上に冷え性悪化の要注意シーズンであると言われています。夏場に冷えてしまう原因として考えられるものをザックリとご紹介します。

 

1.エアコンで冷える

夏の冷え性の原因として最もイメージしやすいのが、エアコンが効きすぎた空間にいるということではないでしょうか。エアコン冷えや冷房病・冷房弱者なんて言葉もありますね。寒いと感じることと冷え性というのは別物と上で紹介しましたが、寒すぎる部屋に薄着の状態で長時間居ることで冬よりも寒く感じる・体が冷たく感じる方も居るのでは? 夏なのに暑さバテではなく、冷えすぎによる頭痛や吐き気などを感じる方もいらっしゃいますね。

 

またエアコンによってキンキンに冷やされた環境にいることで起こる直接的な冷えだけではなく、交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなることで自律神経の乱れにも繋がります。自律神経のバランスが乱れることで臨機応変に体温調節が出来にくくなる・筋肉の収縮機能が低下するなど冷えの悪化にも繋がってしまいます。自律神経のバランスを崩してしまう気温差は5℃〜7℃以上との説が有力ですから、外気温32℃の時にオフィスや自宅の温度が27℃以下だったら危ないかもしれません。 

>>寒暖差疲労についてはこちら

マグネシウム不足を無くすと冷え改善に繋がるかも

カプサイシンやショウガオールなどは有名ですが、ビタミンB群は代謝アップ・ビタミンEは血行促進などビタミン類も冷え改善に役立ちそうな成分はなんとな〜く想像付きます。しかし“ミネラル”というと鉄欠乏性貧血改善に役立つ鉄分、むくみ緩和に役立つカリウムが間接的に冷え改善に関係するかな〜くらいで、あんまり冷えとりと関係ないと思っていた私。

最近「マグネシウムが冷え性に良いらしい」との話を聞いて(今更かよって話ですが)、調べてみたら、よくわからないけどマグネシウムすごいやつらしいです。冷え性改善に確かに色々関係している模様。
 

マグネシウムの働きとは?

マグネシウムはミネラルですが、何の働きがあるのと聞かれるとちょっと微妙な存在。一番知られているのが「腸に水分を送ってくれるから、便秘改善に役立つ」ということかなと思います。マグネシウム系の便秘薬もあるしね。

マグネシウムの基本的な働きとしては“300以上の酵素の働きを助ける存在・補酵素”ということらしい。マグネシウム自体が体を温めるとか、血液を送るように刺激するような作用はないものの、タンパク質の合成・エネルギー代謝・体温調整・血流調整・筋肉や血管の収縮弛緩・神経伝達物質の合成など、ありとあらゆることに関係している存在です。

そのためマグネシウムの不足は疲労感や無気力、偏頭痛、イライラなどの情緒不安定をはじめ、骨粗鬆症や不整脈・心疾患などなど幅広い不調の原因となるそう。原因不明で治らない不定愁訴と言われる不調も結構当てはまりますし、PMS(月経前症候群)の症状が重いのもマグネシウム不足では?という説があるようです。 

とことで。マグネシウムってたまに単体サプリも見かけますが(海外サプリ系は結構ある?)、身近に売られてるものってカルシウム&マグネシウムがセットのものとか、マルチミネラルタイプが多いくないですか?こういうの↓


なぜカルシウムとマグネシウムがセットのサプリが多いかというと、カリウムとナトリウムがバランスを取り合う存在であるように、マグネシウムはカルシウムがペア相手だから。血中のカルシウムとバランスを取り合うことで筋肉や血管の収縮・弛緩のバランスを取るなどの働きがあるほか、神経伝達物質の働きを正常にする効果も期待されています。
…そういえば昔“精神安定に良い組み合わせ”って健康番組で見たような。

冷えや不調の原因になる「寒暖差疲労」とは?

寒暖差による不調や寒暖差アレルギーなどの話題は春先や秋など季節の変わり目によく取り上げられています。がしかしエアコンやヒーターが完備された現代において寒暖差(気温差)があるのはほぼオールシーズン。

寒暖差があるからと用心している春先よりも、寒暖差に加えてエアコンが効き始める今時期のほうがちょっと危険なんじゃないかなと思ったり。表現する言葉は違いますが、夏場の「エアコン冷え」「エアコン疲れ」も原理はほとんど同じなので、何時何時も用心するに越したことはないと思います。
 

寒暖差疲労とは

冷え性に悩む方の多くは既にご存知かと思いますが、体温調節には自律神経が関係しています。風邪をひいた時のように暖かい部屋で暖かい格好で居るというだけでは冷え性の根本改善にならないのも、この自律神経の関係が大きいと思われます。

ご存知自律神経は心拍・呼吸・血流など様々な働きを担っていますが、
寒い時には代謝を上げる・血管を収縮させるなどして体温を上げる
暑い時には血管を開く・汗を出すなどして熱を放出し体温を下げる
という体温調節も主な働きの一つ。
特に意識しなくて体の中では皮膚などが感知した気温を元に、自律神経が私達の体温を一定に保っています。この働きがしっかりしているからこそ変温動物にみたいに日光浴して体温を上げるとかそういう工程が要らないわけですね(笑)ちなみに冬のほうがダイエットの効果が出やすいと言われるのも、寒い時のほうが代謝アップに拍車がかかるからなのだとか。

体外の気温差が激しい場合は、自律神経が加熱保温モードと冷却モードのスイッチを何度も何度も切り替える事となります。一説では温度が一定に保たれている場合の数倍のエネルギーを消耗すると言われるほど、この激しいスイッチの切替はエネルギーを使います。エネルギーの消耗と共に疲労の原因物質であるタンパク質の一種「FF(ファティーグ・ファクター)」を発生させるため、寒暖差疲労と呼ばれる疲労症状を起こします。

普段と変わったことをしていないのに体がだるかったりぐったりしてしまう原因の一つが、この寒暖差疲労であるとも言われています。ちなみに夏バテの原因としても、昔は汗をかくことでカリウムが失われて低カリウム血症状態に陥ることが主要因でしたが、現在はカリウム濃度の低下よりもこの寒暖差の方が主要因ではないかとする説もあります。
 

自律神経の乱れにも

自然の寒暖差であれ、クーラ(暖房)の効いた室内と屋外の気温差であれ、気温が急激に変化すると自律神経は体を「冷やす」と「温める」のスイッチを激しく切り替えます。家電品のスイッチも素早く何度もon/offをカチカチさせてしまうと壊れてしまうように、自律神経も当然この切替を繰り返し行うことで疲弊してしまい、交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなり機能低下を起こします。
 

セロトニンと冷え性の関係

このストレス社会ですっかり有名になった、ハッピーホルモンことセロトニン。
不足すると不眠や抑うつなどの精神問題にも発展すると言われているセロトニンですが、冷え性とも深い関わりがあることをご存知でしょうか? …私は最近まで知らなかったです^^;
 

セロトニンと冷え性の関係

セロトニンと冷え性がどう関係しているかというと、「体温変動」「体温調節」この2つです。

【体温変動】
人間の体のメカニズムとして、日中は活動のために体温が高くなり、夕方頃からは睡眠・体のメンテナンスのために体温が低下、明け方頃からは再び起きて活動するために体温が上昇…という体温変動を繰り返しています。健康な時でも最高と最低体温の差は1℃くらいあるのだとか。
セロトニンの分泌量も体温と同じカーブを描いて変動しており、一般的にセロトニン分泌量(セロトニン神経亢進)に伴い体温が上昇することが認められています。逆を言うと、セロトニンがきちんと分泌されていない場合は明け方〜日中の体温上昇が少なく、ずっと睡眠時のような低体温状態のまま1日を過ごすことになると考えられています。

セロトニン欠乏の代表的な症状の中にも、抑うつや不眠・日中の眠気などに並んで「低体温」というものがあります。抗うつ薬などを服用している時のセロトニン症候群と呼ばれる副作用では、セロトニン過剰による異常な体温上昇や発汗を起こす場合もありますから、セロトニンと体温には深い関わりがあると考えて問題ないでしょう。

【体温調節】
冷え性の原因の1つとして、冷暖房の完備によって一年中一定の温度で保たれている時間が長いために皮膚の温度を感じる感覚が鈍っていることが指摘されていますし、女性の場合は締めつけの強い補正下着や足に負荷のかかる靴などを身につけている時間が多いことも原因として考えられています。
また皮膚以外にも脳にも温度を感じるセンサーがあり体温調節に関する指示を出していますが、調整された室内と室外の温度差が激しかったり、冷蔵後でキンキンに冷えた飲み物を飲んだ際などに2つの温度調節機能が上手く連動できずに、対応が遅れることも大きな要因です。

セロトニンはこの温度調節機能の連動に利用されるホルモンでもあります。
皮膚や血液の温度変化をセロトニンが脳に伝えることで、寒い場合は「毛細血管を収縮する・熱生成を上げる」、暑い場合は「毛細血管を拡張する・汗腺を開いて汗を出す」などの対策が決まるのです。
セロトニンが少ないと伝達が上手く行きませんし体の対応も送れます。暑い屋外からエアコンが効いた室内に入っても体が放熱モードのままでどんどん体温を下げていってしまう。温かい部屋から寒い外に出たのに、身体はいつまでも暖かい時の状態のままで保温・発熱モードにならない…なんて事態も引き起こしてしまいます。
 

暖かくなるほど悪化する? 戻り冷え性

以前足の裏が熱すぎて眠れなかった時に慌てて調べた「戻り冷え性」なる冷えのタイプ。まだあの時は4月だったこともあり、寝るときに再び冷えとり靴下を履くようにして、お風呂に入ったときは足先をマッサージするようにして…と冷えない努力をした結果、なんとか落ち着いてくれたのですが…

最近再び再発しましたorz

冷やしちゃいけないと頭ではわかっているんですが、熱いし、さっさと寝たいのに足湯なんかしたら寝付けなくなりそうで…布団から足だけ出して眠っていた最近です。さすがに冷えピタとかは貼ってませんけど、多分悪化した原因の何割かは余計冷やしたことだよなぁと思います。

でね、前回は原因と対処法をまとめた以外にも何か出来ることはないのか調べてみたんですが…「戻り冷え性」の情報ってほとんどネットにないんですよね。原因は「血行不良・冷えすぎている」か「自律神経・ホルモンバランスが乱れている」で、解消方法は「温める」か「マッサージする」

寝ようと思って布団に入っているのにわざわざ足湯するか? とか起きだしてマッサージを始めるか? と言うと…私はぶっちゃけ面倒なのでしません。一回布団に入ったら出たくないタイプです(・∀・)自律神経やホルモンバランスも「整えよう」と思ってすぐ治せるものではないし…kyu
…という訳で、ズボラな私が戻り冷え性を改善するのに実践している方法をご紹介します。専門家ではないので、正誤、効果については保証できませんが、個人的には緩和されてきていますので同じようなスボラさん(?)の参考になればと思います^^;

 

私がやった戻り冷え性対策

【,風呂編】
お風呂は出来れば半身浴をしてふくらはぎ辺りを揉んでいますが、半身浴をした時も出来ないときも、足だけでも温シャワーと冷シャワー交互を3〜5セットくらい行います。お風呂上がりは時間が取れれば脚をマッサージ。出来ない時も足指の間に手の指を入れて足指を開くようにして持ち、足首をクルクルと時計回り・反対周りに回します。足首を回し始めてから風呂上りのホカホカ持続度が長くなった気がします。
最低限行うこと:温冷交互シャワー、足首回し

【靴下編】
寝るときに裸足で寝ていたんですが、冷えとり靴下をガッチリ重ね履きせずに1枚めと2枚めだけ履きます。(保温効果を高めすぎると暑さに拍車が掛かって履いていられないため)。シルクとコットンが吸湿・放出を促してくれるので、ある程度の保温をしてもらいつつ靴下が汗を吸って余計冷やすことがないようにしてくれます。暑く感じると苦痛なので何枚も何枚も重ね履きはしませんでした。足が冷たい・寒い時は3枚目にウールとか持ってきても良いかもw
 

一枚目の靴下を「絹混」もしくは「綿」にしてしまうと、化繊混じりの場合は吸湿性が低すぎて肌が冷える・綿の場合は放出性が少なくて靴下ごと汗冷えするので1枚めはちょっと高いけどシルクが良いです。夏こそシルクが良いような気がします。
余談ですがイ○ンで重ね履き用のソックスがそれぞれ単品が売ってて「安!」と思ったんですが、冷静に考えると重ね履きセットになっているものの方が安かった…しかもシルクの質とか考え始めて結局買わなかったっていう…ちょっと残念な夏バーゲン参加。クリアランスで50%とかにならないかな…なりませんよね、冬も売れるから笑

【寝る前編】
ベッドに入ってから足が熱いと感じたときは布団の中で足首を回したり、足指をグーパーして動かします。それで耐えられないようなら渋々起きてマッサージしたりツボ押ししますが(苦笑)最近は生理前の時期以外は起きなくても大丈夫な感じになってきました。生理前はホルモンバランスもあるのでダメそうですが、布団の中で足が冷たくも熱くもないって幸せです。

…こんな感じで雑にいろんな要因を取り入れて自己流戻り冷え性対策をしています。自律神経を整える温冷交互シャワーが効いているのか、足首や足指をほぐして血行が良くなったのか、冷えとり靴下が汗を逃がしつつガードしてくれているのか、サプリや食生活改善がじわじわ効いてきているのか、、、
どれが一番効いているのかよくわからないんですが、寝られないくらいの足裏火照りレベルは解消されてきています手
| 2015年07月03日 | 冷えとり小話 | trackbacks(0) |
Copyright (C) 冷えとり小話 | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.