可愛い絹100%の冷えとり靴下発見♪

冷えとり靴下(重ね履き靴下)が手放せない季節です。
私が住んでおります北海道(札幌)は雪は降り積もるわ、気温マイナスのときはあるわで12月も折り返していないのに真冬感が半端ありません^^;

「下着は全部シルクにすべし」という冷えとりブロガーさんもいらっしゃるし、素材の特性から考えるにも納得なんですが…金銭面的な問題と、北の大地北海道の寒さから「裏起毛」シャツとレギンスが手放せません。
最終的には靴下とショーツをシルクで揃えるのが野望です。
消費税再び上がったら再び遠のきそうな予感がいていますが…←貧乏人w

冷えとりソックスって一回慣れると結構病みつきになりますし、重ねて履くわけだから温かいんです。
先日衣替えの時に出てきたモコモコソックスを履いたら、ムレるわりにあんまり温かくなくて、一年ちょっと前はコレ履いてたんだなぁ…と遠い目をしてしまった次第です。

でも冬物のふわもこソックス的なやつ、デザインでは圧勝なわけ。
100均にだって、ちょっと可愛いと思うやつあるじゃん?笑

友達や彼氏と家に呼ぶ機会が多かったり、自分の部屋でくらい全力で可愛いものを身に付けたい、という方にとっては
「デザインがおばさんくさい」
「頑張ってもシンプルだよね、レベル」
なデザインが大半なのって、冷えとりソックスの隠れ大デメリットだと私は思うのです。

私が利用させていただいている冷えとり・重ね履き靴下のリンマーも、おばさん臭くななく、普通に外出時に履いてて居酒屋さんとかで靴脱いでも恥ずかしくないレベル(最初買うとき、天然野蚕にも惹かれたけど、デザインの普通さも購入ポイントでした笑)ではありますが、可愛くはないんですよ。

シマムラさんとかで可愛めの冷えとりソックスも売られているのですが、あれは2枚重ね設定のうえに、「シルク」ないし「綿」がほとんどですよね。100%ではないっていうか、絹が良いって言われてるからちょっと混ぜときゃ良いよね的なニュアンスを感じてしまいます←穿ちすぎw

と思ってたら、楽天市場でちょっと良いの発見↓

まぁ超可愛いっていうよりはナチュラル可愛い系ですけどね。
お家で履くならやっぱりこのくらいは色味とか選びたいし、何セットか買って色の組み換えとかささやかに遊べるし、おまけに安いのもポイント高し。ちなみにここのショップさんシルク100%のレッグウォーマー(短めの方)が500円だったりと色々ミラクルが起きています。

次の楽天セールか買い回りあるときに買うリストとしてお気に入り登録しておきました(笑)

冷えとりソックスのメーカーさんももっと可愛い・楽しい柄とかの作ってくれれば良いのにね〜と思うけれど、冷えとり靴下の購買層って「冷えとりファッション」系で、あんまりネタ的な可愛さとか派手さとか嫌いな方多いのでしょうか…?
| 2015年12月12日 | 冷え取りグッズ | trackbacks(0) |

冷えとり靴下のめんげん:体調編

前回の「冷えとり靴下の穴のあいた箇所のめんげん」とは違い、よく分かりにくいのが、体調や心の状態に表れる瞑眩(めんげん)です。風邪なのか・ストレスなのか・疲れなのか・めんげんなのかは判断しにくい気がします。

私の場合、履いて少し経った時に精神的に辛かった時期があって、不眠(&不眠のせいで頭痛やめまい?)と「人生報われない感」に苛まれていたんですが(苦笑)当時、心のめんげんがあるとは知らず、しかも仕事でストレス半端なかったので…めんげんだったのか、仕事ストレスだったのか未だに定かじゃありません。
でも、当時めんげんが精神面にも起こると知っていて「冷えとりが報われている」と思えたら、ちょっと心の持ちようが違ったとは思います。少なくとも冷えとり靴下を買ったことについては報われているから「人生報われない感」は薄らいでいたかもしれない。

めんげんについては色々言われていますが、科学的根拠がないものなので「あてにならない」という批判的な人がいるのも事実です。漢方薬とか薬の場合は副作用との区別が素人では難しいラインでもあります。
強いて言うなら、東洋医学的なものは統計とか、いろんな人の経験・経過を元に言ってる事が多いように感じます。めんげんの不調や位置も、確実に信頼できるとは言えません。
が、
上記の私の場合のように「めんげん」「好転反応」と考えると不調や不安がマシになるケースも多いと思います。自分にプラスになることは信じて活用するのも手ではないでしょうか。
 

体調に出るめんげんの代表例

【心臓が原因のめんげん】
汗をかく、熱が出る

冷えとり靴下の穴(めんげん)でみる「悪い部分」

冷えとりをしっかりしてみようと思う中で、一番の難所とも言えるのが「瞑眩(めんげん)」と言われる好転反応。毒素が出て体が良いコンディションに向かってくれるのは嬉しいことですが、中にはものすごいめんげんが起きて、壮絶な我慢をされている方のブログなんかも出てきます。
面倒くさいとかシルクが高いとかとかよりも、めんげんの記事を読んで心が折れる方・手を出すのをためらってしまう方もいるのではないでしょうか(私だけ?)

実際にめんげんと言われるものが起こるのか・いつ起きるのか・どれくらい続くのか・症状の軽重なんかは全て個人差。私みたいに不安になりながら手を出したら、そんなに重くないというケースもあります。実際どうなるのかはやってみないと分かりませんが、ただ辛いだけよりも、自分のどこが悪くて、好転に向かっているのかがわかっている方が、精神的ダメージは少ないはず!

というわけで調べてみました。
まずは一番わかりやすい「靴下に穴があく位置」についてです。

※画像はイメージです
 

その前に、なぜ破れるのか?

安いとは言えないシルクの冷えとりソックスに穴があくと、なんかこの商品大丈夫?と不安になりますが、穴があくのはシルクがちゃんと働いている証。老廃物をたくさん吸い取った部分が、毒物によって溶かされた状態になって薄くなってしまうので穴があくと言われています。毒出しが落ち着いてくると破れることは減るようです。

ちなみに破れてしまった箇所は縫って履いてOKです。効果がなくなったりはしません。
大きく穴があいた靴下は取っておいて、別の靴下とつなぎ合わせて利用する方もいるようです(そこまで破れてみて欲しい…)穴が空きやすいのは1枚め(重ね枚数が多い人は&3枚め)に来るシルクの靴下で、一番外側ではないので、見えませんから綺麗に縫えなくても大丈夫ですkyu

むくみ防止の着圧ソックスで冷え性悪化?!

「メディキュット」や「スリムウォーク」を筆頭に、DHCや大手通販メーカーなども売り出している着圧ソックス。ネットショップでは500円くらいの激安ものもあります。着圧ソックスを愛用している女性は多く「家に帰ってきてまず履き替えないと落ち着かない」という人もいるよう。

着圧ソックスがなぜそんなに人気かというと、やっぱり「脚が細くなる」ことが大きいのではないでしょうか。むくみを解消するのは理由であって、最終目的は脚やせっていう印象が強いです。
…はい、私も使ってました。
数年前までは依存症みたいに使っていて、お風呂入る時以外着圧レギンスか着圧ソックス履いてました。確かに履いているとサポート力のお陰で細く見えるし、むくみを減らしてくれるから細くなったように感じるんですよね。

しかし着圧ソックスのトラブルが多いのも事実。
冷え性をなんとかしたい。「水死体」のあだ名返上には温活じゃなく暖活レベルでやんないと、と思ったときに「着圧ソックスのせいで冷え性が悪化している」というコラムを見て、使用の停止を決めました。
私にとって衝撃だった着圧ソックスの弊害をまとめ直してお伝えします…
 

着圧ソックスで何故冷え性が悪化するのか

答えはズバリ簡単、血行が悪くなるから。
寝るときの靴下は温める?冷える?で触れたように起きて動いて活動している日中はまだしも、眠っている時間は締めつけに敏感。普通の靴下やスエットのゴムでも血管を締め付けてしまい、血管が圧迫されて冷え性を悪化させてしまいます。なるべく締め付けないゆったりパジャマを着ようと言われています。
血液循環が悪化してしまうと、冷えの悪化はもちろんですが、むくみ自体も悪化・むくみやすい体質になってしまいます。

「寝ながらメディキュット」みたいな睡眠時用の着圧ソックスもありますが……個人的にはオススメしません。理由は下記項目で。
 

着圧ソックスの問題点

【サイズの問題】
市販されている着圧ソックスはワンサイズ、もしくはM~LとL〜LLといったような2サイズ展開が普通です。伸縮するからそこまで厳密なサイズ展開はないですね。着圧ソックスの販売ページなどを見れば記載がありますが、着圧ソックスは足首・ふくらはぎ・膝・太ももなどに効率的な圧力がかかるように計算されています。
でもその圧力を計算するうえでの元になるサイズがありますよね?
その想定サイズと違うサイズを履いていたり、位置がずれたりヨレていると本来の効果は発揮されません。最悪の場合ただキツいハイソックスを履いているだけという状態になってしまいます。
 

温活宣言

冷えとり靴下での不調=瞑眩(めんげん)反応…?

冷えとり靴下を使ってみようかな〜、実際効果あるのかな〜と調べてみると、結構な確率でぶち当たる言葉が「めんげん」。正式には瞑眩反応というらしいです。起こるか起こらないかは人次第。すっごい痒くて心が折れた、という人が居る反面、全然分からなかったという人も。

起こるか起こらないかはさて置き、冷え取りを始める・もしくは初めてまだそんなに経っていない人は「冷えとりで冷え改善どころか具合が悪くなった」と勘違いしてしまわないために知識として知っておきましょう。
 

めんげん反応とは

めんげん=好転反応のことで、主に漢方約で使用される言葉です。
冷えとりなどを実践して体の機能が高まってくると、自然治癒力(自分で自分の体を癒そうとする力)が高まって、いままで体の中に溜まっていた毒を外に出そうとします。その時に体に負荷がかかってしまって体調を崩したり、毒素が出てくることで肌トラブルが起きてしまったりするのが「めんげん」なので、人によってはかなりの不調に悩まされるケースもあります。
 

冷えとり靴下(重ねばきソックス)のめんげん

たかが冷えとり靴下とはいえ、めんげんは人それぞれ。ですが、いろんな人の冷え取り実践記を見ていたり、自分が感じたりもして、結構多いと思われるのは「かゆみ」「足が冷えとり前より冷たくなる」事なんじゃないかと思います。
「足が開始前より冷たくなる」は痒いとか痛いとかそういうことはないんですが、精神的に辛かったです。めちゃくちゃ不安になりますが、冷えとり靴下が逆効果というわけではないので止めないで履き続けてくださいね。

寝るときの靴下は温める?冷える?

冷え取り靴下が流行して、「寝るときに靴下を履く」のが冷えの改善に良いとされる一方、寝るときに靴下を履くのは冷えの悪化に繋がるから良くない、という意見もちらほら。
冷えの改善はさて置き、靴下を履いて寝ないと足先が冷たすぎて眠れない…という方も冷え性を自覚している方の中には多いはず。

寝るときの靴下は結局のところ良いのか悪いのかについて調べたことと、自分の体験を振り返ってみます。

 

眠っている時の人間の状態

眠るときは心臓も活動を低下させてゆっくりと動いている状態=送り出される血液が最小限になるので、活動時よりも体温は下がります。それに合わせて、眠る少し前から睡眠に適した状態に移行すべく、徐々に体温の低下が行われています。
太い血管が多い体幹部分などはそれほど顕著ではありませんが、毛細血管が多い末端ほど血液が行き届かずに冷たくなることは、人間の体のメカニズム上誰にでも起こることなのだそうです。
 

寝るときの靴下は冷える意見

眠っている時に靴下を履いてしまうと、靴下によって足が締め付けられることで血行不良を招いてしまい、冷え対策としては逆効果になります。起きている時よりも眠っている時の体は敏感な状態のため、普段それほどキツいと感じてない靴下でも毛細血管を圧迫し氷のような冷たさを引き起こしてしまいます。
また眠る時とは逆に起きるときは血液循環を増やして体温を上げる必要があります。その際に靴下で毛細血管が圧迫されていると足先まで血液が届かず体温の上昇の妨げになってしまいます。体温がきちんと上がりきらないとスッキリ起きられないことにも繋がります。

血液循環以外にも、昔ポカリスエットのCMで「寝ている間にコップ一杯の汗をかく」という言葉があったように、眠っている時は思っている以上に汗をかきます。靴下を履いたまま眠っていると、かいた汗で靴下が湿り、その水分が体温を吸収して外に逃がす作用を持ってしまいうと言われています。靴下自体が体温を奪う存在になりかねないので、どうしても寒いなら足元に湯たんぽを置いた方が良い。

<寝ている時の靴下NG派ポイント>
‖硫后締め付けのある靴下は血行を悪くすることで体温変動を妨げる
血行:靴下が血流を圧迫し、冷えの悪化やむくみを引き起こす
水分:汗などの水分を吸って、体温を吸収・放出することで余計に冷える

 

酒粕しょうが粒

ヒートインナー(化繊)は逆に体が冷える?!

大手メーカーはヒートテック、ヒートファクト、ファイバーヒートとヒート系インナーをそれぞれ販売して、ガンガンCMを流していますし、裏起毛タイプの着た瞬間のヒンヤリ感がないものは確かに暖かいような気がします。天然素材の冷え取りグッズなどを比べると値段もお手頃なのもグッド手
寒がり冷え性としては春先とかの防寒としてもお世話になっていたんですが…

ヒート系インナーやフリースのものを着るのは冷え性改善にはNGという話が!!
逆に体が冷えやすい状態を作り出してしまって、体が温まらないという残念な自体を引き起こしてしまう危険性があるということ。
(冷え以外にも「化繊焼け」「ヒートテック湿疹」なんて言われる衣類皮膚炎(布かぶれ)で痒くなったり湿疹が出てしまう人も多く、敏感肌の方やアトピー持ちの方にとってもオススメできない素材と言われています)

化学繊維が冷えに良くないと言われる理由は何か、どうして暖かいはずのヒート系シリーズが冷えを起こしてしまうのかを調べてみました。
 

吸湿発熱素材の落とし穴

ヒート系インナーの多くは「吸湿発熱」という、皮膚から放出される水蒸気を吸って発熱する機能を強化しているために暖かさを生み出しています。吸湿発熱の現象自体は暖かさを売りにしている繊維以外でも起こるのですが、ヒート系の素材は水蒸気の吸着を肌に近い部分で起こるようにして、暖かさを感じやすいようになどの工夫がされているんです。

ですが、レーヨンが混じっている場合、肌さわり感が良くなるものの吸水性が高すぎるため汗をかくなどすると通気や乾燥が追いつかなくなるため汗冷えしやすいという側面もあります(ヒートテックはレーヨンの割合が高いため、スポーツシーンには不向きだと言われています)。ヒート系のインナーを着たまま汗をかいたり、着たまま寝てしまうと逆に体温が低下してしまう危険があります。扱い方に注意ってことですね。

これが一般的に言われる「冷え性によくない」理由ですが、他にもありますよ。
続きを読む >>
| 2015年03月01日 | 冷え取りグッズ | trackbacks(0) |
Copyright (C) 冷え取りグッズ | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.