好き嫌いはあるけど、大葉(シソ)って意外と優秀じゃない?

最近は冷え対策として「コレを食べるのはダメ」ではなく、「コレだけじゃなくてコレを組み合わせて食べよう」方式を意識している私です。食べないように〜って考えるよりも気分的にも楽しくて苦痛じゃないので。

 

で私の周りには苦手な人ばかりで話が全くできないんですが、個人的に大好物のシソ。ちょい足し食材としてよく使う存在で、油っこいものが苦手なんですがシソ入れるとすごく食べやすくなるのも嬉しいところ。何年か前にはシソの醤油漬けが“合法ハーブSHISO”と言ってSNS辺りで話題になっていた記憶もあるので、、、きっとシソ好きの人も日本にはまだまだ居るはず!

 

★紫蘇(大葉)について紹介

好き嫌いはあれど、ワサビやミョウガと共に和食の薬味として欠かせない食材である紫蘇。中でも大葉と呼ばれる青い葉は「おそしそハンバーグ」や「シソベーゼパスタ」など洋食系レシピ系にも活用されており、ちょっと入れるだけでサッパリとした印象をプラスしてくれる優秀な存在だと思います。あまり気にしたことはないんですが福神漬や七味唐辛子などにも使われているようで、和ハーブと呼ばれたりもしていますね。

 

そんな和風メニューにも欠かせない紫蘇ですが、原産地は中国南部あたりではないかという説が有力です。しかし日本でも縄文自体の遺跡から種子が出土しているため、非常に古い時代から私達の先祖はシソを食べていたと考えられています。日本で現在使われているハーブ・スパイス類は奈良時代くらいに伝わったものが多いこともあり、シソを日本最古のハーブとする説もあるそう。

 

日本だけではなく中国でも古くからシソを利用しており、食用だけではなく薬用(伝統医薬)としても紀元前には取り入れていたと言われています。三国志でもお馴染みの曹操の典医とされる伝説の名医「華佗」が食中毒の治療に用いたという伝説もあるのだとか。奈良〜平安期になると中国との情報交換も行われるようになり、日本でも紫蘇を生薬として用いるようになります。現在でもシソの葉は生薬「蘇葉(そよう)」として漢方処方に使われているそうですよ。また平安時代にはシソの栽培も行われていたことが分かっています。

 

植物としてはシソ科シソ属に分類され、種子名はシソの種類によって変わります。すごく余談で学名としては科名が“Lamiaceae”で属名が“Perilla”とシソとは関わりのない言葉が使われているんですが、日本語版だとシソ科・シソ属と同じ呼ばれ方をしていたりします。日本で植物分類とか学名が導入された時に代表的な植物がシソだったんだろうな〜と個人的に思ったりしています(笑) シソ科植物にはラベンダー・ミント・セージ・ローズマリーなど欧米でフル活用されている感じのハーブが多々含まれていますよ。

上記のハーブ類は別属なのでそこまで近い種とは言えませんが、シソと非常に近い存在として「エゴマ」があります。韓国料理でサンチュとともに肉を包む葉として使われるアレですね。遺伝子研究でシソはエゴマの変種ということが認められており、学名がPerilla frutescensとされるものはエゴマ、シソはPerilla frutescens var. 〇〇という表記になっています。

 

エゴマやシソなどerilla frutescens系統の植物は中国から日本にかけてだけではなくアジア全域に分布していると言われていますが、地域によってシソ系統を好む・エゴマ系統を好むというのがハッキリ分かれていることが多いとも言われています。もちろん両方を使う地域もありますし、近年では日本でもエゴマの葉を取り入れているようなど食のグローバル化(?)も見られるそうですが…ちょっと面白いですよね。

 

【小話:シソと大葉の違いって…】

単にシソと呼ばれたり、大葉や赤紫蘇・青紫蘇と呼ばれたりと、改めて考えると「私の呼び方ってあってるの? 大葉と青紫蘇って違う種類?」とか不安になることも。wikipediaさんの解説によるとシソは狭義であれば基本品種である縮緬紫蘇(P. frutescens var. crispa f. crispa)、もしくは代表品種と言える赤紫蘇(P. frutescens var. crispa f. purpurea)のみを指す場合もあるそうですが、一般的にはシソの品種を総称した言葉だとか。

 

食用としては赤紫蘇と青紫蘇((P. frutescens var. crispa f. viridis)の2つがポピュラーで、かつ青紫蘇と大葉は同じものを指します。呼称が違うのは昔、青紫蘇を束ねたものが“大葉”という商品名で売り出されていたためだとか。商品名だったはずが大葉という呼び名が定着して、単体の青紫蘇も大葉と呼ぶようになったのではないかと言われています。現在では青紫蘇を葉の形状を保ったまま使う場合に大葉と呼ぶ、という区分をしている方もいるそう。

 

用途としては青紫蘇(大葉)は葉そのままか刻んで薬味・香味野菜として使われることが多く、赤紫蘇は梅干しなどの色付け・ジュース・乾燥させて香辛料のように用いるなど加工品としての用途が多いと言われています。全国的に販売されている広島県の三島食品さんのふりかけ“ゆかり”も原料は赤紫蘇ですね。

 

紫蘇はストレス対策&冷え対策に役立つ?

しつこく言いますが…取りあえず入れておけば大抵のものは美味しくなると思っているくらい、私は大葉が大好き。身体に悪くても量こそ気にするが食べ続けるぜ、と思っていたんですが調べたところ健康維持や冷え性対策に嬉しい効果が期待できる食材でもあるようです。シソ優秀過ぎる(言ってみたいだけ)。

 

【シソの香り成分と期待される働き】

好き嫌いが別れる原因の一つでもある気がしますが…シソは独特の芳香を持つ植物でもあります。薬味(香味野菜)や和ハーブと呼ばれる所以でもあり、シソ科の植物に香料原料となるものが多いことを考えても…何というか納得ですね。シソには様々な芳香成分(精油成分)が含まれていますが、その主成分といえるのがモノテルペンのぺリルアルデヒドという有機化合物。シソに多く含まれていることからシソアルデヒドとも呼ばれています。

 

明確な根拠とは言い難いようですが、このぺリルアルデヒドを主とする紫蘇の香りには気持ちを落ち着けてリラックスさせてくれる鎮静作用があるのではないかと考えられています。またぺリルアルデヒドは優れた抗菌・防腐作用があるとされており、お刺身などに大葉が添えられているのも風味や見栄えだけではなく大葉が食中毒予防になると考えられていたためだそう。

 

実は一つのスパイス! オールスパイスは冷え対策にも役立ってくれる?

ミックススパイスの名前だと思っている方もいらっしゃるオールスパイス。オールスパイスという紛らわしい名前なのに単体スパイスだということは知っていましたが、何に使うか・どんな効果が期待できるかはサッパリだったり。最近市販のルーカレーが酷く胃もたれするので、カレー粉+αな感じの手作りカレーを作っている関係で初めて利用してみました。そこで気になるのが、スパイスだから(?)冷え性軽減にも良いのか・カレー以外に何に使えるのかなど諸々。

 

オールスパイスとは

オールスパイスはホールスパイスとして入手した場合、胡椒よりはちょっと大きい1cmあるかないかの暗褐色をした球体。植物としてはフトモモ科に分類されており、私達が使っているのは果実部分。そのほか葉も香辛料として使われることがあるそうです。原産地は西インド諸島で、中南米に暮らすマヤ系先住民族の人々は2世紀頃からオールスパイスを香辛料や防腐剤として利用していたとも伝えられています。ちなみに現在でも中南米・カリブ地方が主産地で、産地の名前と胡椒に似た外見から“ジャマイカンペッパー”とも呼ばれているそう。

 

オールスパイスが世界的に知られるようになったのは、1570年代にスペインの探検家が発見したことがきっかけとされています。16世紀後半から17世紀初めにヨーロッパへと持ち込まれ、ナツメグ・シナモン・クローブの3つを混ぜ合わせたような香りがすることから“オールスパイス”と呼ばれるようになったそう。

 

当時ヨーロッパではブラックペッパーナツメグシナモンクローブが4大スパイスとしてもてはやされており、これらの香辛料産地を確保するためにスペイン・ポルトガル・イギリス・オランダ・フランスが「スパイス戦争」と呼ばれる熾烈な争いを繰り広げたことが知られています。歴史で出てくる“東インド会社”の設立もこの争いを有利に進めるためだったそうですよ。

 

スパイスの普及の裏にはヨーロッパ各国の争いや植民地化などブラックなものが沢山ありますが、それはつまりスパイスが当時非常に高価だったということ。そんな中で3種の(当時の)高級スパイスを合わせたような香りを持つオールスパイスは歓迎されたのではないでしょうか。邪道だという頑固者も居たような予感はしますが…^^;

日本や中国でもかつては3つのスパイスの香りを持つことから“三香子”と呼ばれていたそうです。そのほか“百味胡椒”とも呼ばれていますが、3からかなり増えてますよね(笑)ただし実際に香りを嗅ぐと百と言いたいくらいの色々なスパイスを組み合わせたような印象があります。そこまで詳しくもないのでミックススパイスだよって出されても疑わないと謎の自信を持って言えるw

 

オールスパイスの香りに期待される効果

とっても複雑な香りを持つオールスパイス。食品成分表などでは100gあたりのビタミン・ミネラル量なども公開されていますが、スパイスとして使われる存在のため実際の摂取量は極微量。そのためオールスパイスに期待される効果としては栄養素というよりも“香り”の成分によるものが大半となっています。香りが良いということもあり、ポプリ作りに使われたり、精油も作られており香水などにも使われているそうですよ。

七草粥でもハーブティーでも、ナズナは冷え・むくみケアに良い?

お正月セットの隅にひっそりと置かれている七草粥シリーズ。お正月のご馳走は実のところあまり興味がない(高いし、胃にもたれるし…)な自分にとっては、こちらのほうが狙いの商品だったりします。フリーズドライタイプやフリカケタイプなども多いので、年末〜今頃まで買い集めて1月7日以外にも“お茶漬けのもと”的な感覚で普通に食べてたりします^^;

 

そんな七草粥の“七草(春の七草)”を諳んじれる方、多くないのではないでしょうか。私は言えないので調べたところ「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」だそうです。今回はその中のナズナなる葉について掘り下げてみます。

 

ナズナとは

植物に詳しい方はさておき、多分あまり聞き覚えのない方も多いであろうナズナ。生野菜(?)がセットになっている七草セットでもどれがどれ?という感じなのは私だけではないはず。漢字では「薺」と書くそう。覚えられる気も、正しく書ける気もしない…。

 

ナズナと言うとアレですが、もっと身近な呼び名はペンペン草もしくは三味線草。野菜というより野草ですね。花の下についている果実(小さい葉のように見える部分)が三味線のバチに似ていることが特徴的です。ちなみに小説やドラマなどで「ペンペン草も生えないぜ」というセリフがあったりしますが、これはナズナが荒廃した場所でもどこでも至る所に生える植物のためだとか。

 

植物分類ではアブラナ科ナズナ属に分類され、原産はヨーロッパから西アジアにかけてのエリではないかと言われています。トルコにある新石器時代から金石併用時代の遺跡チャタル・ヒュユク遺跡などからも発見されており、紀元前のうちには中央〜西ユーラシアエリアで食用とされていたと考えられます。日本にもムギ栽培と共に伝わったと考えられ、現在ある帰化植物の中でも古い時代に自生するようになった史前帰化植物に数えられています。

 

現在でこそ七草粥の具、人によっては天ぷらやお浸し・和物に使うかなぁという程度ですが、古くは冬〜春にかけての貴重な食料であり栄養源であったと言われています。また民間薬としても使われてきた存在で止血・緩下・利尿作用など様々な薬効があると考えられていました。特に止血用として用いられることが多く、薬の入手がしにくかった第一次世界大戦中に薬代わりに使われていたとも言われています。

 

デトックスサポートが期待?

ナズナ、ハーブとしてはシェーパーズパースと呼ばれる植物は、便秘やむくみなど溜め込み体質の方のサポートに適した食材であると考えられています。デトックスハーブに数えられることもある存在なので、冷え性軽減はとりあえず置いておいて、そのあたりを先にご紹介します。

 

むくみ予防・改善に

ナズナは栄養価としてはカリウムが比較的多く、そのほかに血液サラサラ効果が期待されるサポニン抗酸化作用を持つフラボノイド系ポリフェノールの“ジオスミン”なども含んでいます。ジオスミンは抗酸化作用だけではなく血管の弾性保持や回復を助ける働きが期待されており、毛細血管の透過性を適切に維持することで足のむくみ・下肢静脈瘤などの軽減効果が期待されている物質でもあります。

 

こうした成分が複合して働くことで、ナズナは利尿作用やむくみ改善効果を持つと考えられています。ヨーロッパの民間医療ではナズナを煮出したお茶“シェパーズパースティー”は、殺菌作用を持つ利尿剤としても用いられているそうです。

 

 非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】αGヘスペリジンプロモーション

女性に優しいハーブ、アンジェリカとは?

生理前になると自分のめまいに酔ってグロッキーな感じになる管理人です。一時期婦人科にも行ったものの改善せず、婦人科医との相性が悪く憂鬱だわで…よく考えたらそれが冷え性改善とか、ハーブなど“民間療法”と呼ばれる類のものに足を踏み込むきっかけになっているのかもしれない。まぁ前世とか霊とかそっち系には行かなかったし、食べ物系に関しても「結局は自分に合うかどうかよね」っていう開き直り(?)の境地ですが。

 

で、多分そこまでメジャーでは無いものの“女性系トラブル”で検索するとよくヒットする「アンジェリカ」というハーブ。女性系なだけにホルモン様作用というものが大きいようですが、冷え・むくみにも良いと言われているので紹介します。

 

アンジェリカとは?

アンジェリカは和名を“セイヨウトウキ(西洋当帰)”と言う、セリ科シシウド属の植物です。名前の通り漢方の生薬として使われる当帰(トウキ)と同属で、そのほか生薬では白芷(ビャクシ)、より身近な植物としては青汁でお馴染みの“明日葉”も同属の植物です。セリ科全体で見るともっと色々なハーブ・生薬がありますから、世界的に古くから民間医薬として利用されてきたグループと言っても過言ではないのかも。

 

和名に“西洋”と付けられているように、アンジェリカは北欧〜東欧あたりに自生する植物です。学名はAngelica archangelicaと言い、属名と呼び名に使われている「Angelica(アンジェリカ)」というちょっぴりファンタジー感のある(?)名前もラテン語の天使に由来しています。種子名のarchangelicaは大天使を意味しているそうで“大天使が修道僧に疫病除けの草として教えた”という伝説が元となっているのだそう。その関係か“Angel glass(天使の草)”や“Holy Spirit Root(精霊の根)”など、ますますファンタジーというか…もはやゲームのアイテムみたいな別名もあります。

 

東洋(漢方など)では近縁種の当帰が古くから用いられてきましたが、こちらのアンジェリカもヨーロッパでは長らくハーブとして親しまれてきたそう。名前の由来となった伝説が先だったのか、古くからそう使われていたから伝説が出来たのかわかりませんが、宗教的にも悪霊を払う神聖なハーブとされ大切にされていたようです。中世頃にも修道院の薬草畑などでも積極的に栽培されていたハーブの一つで、修道院発祥とされる薬草系リキュールのシャルトリューズやベネディクティンにも使われています。

 

ちなみに神聖なハーブ・薬用植物と言うと敷居が高いようにも感じますが、原産地とされる北ヨーロッパあたりでは普通に野菜としても食べられているようです。日本では「フキ」が原料として使わてれいることがほとんどのようですが、製菓原料として使われている“クリスタルアンゼリカ”も元々はアンジェリカ(セイヨウトウキ)の茎を使ったものなのだのとか。ケーキとかクッキーにのっている、あの緑のグニュッとしたやつですね。

爽やかで上品な香りのカルダモン、冷えケアにも役立つ?

ショウガブームに始まり、すっかり生姜が冷え性女性の味方として定着したような気がしています。生姜紅茶や生姜ココアなど冷え性軽減に生姜を使った飲み物も多く紹介されていますが、、如何せん飽きる(苦笑)シナモンを入れたり、駄目なのは分かっているけれどコーヒー止められない人種として“ブラックペッパーコーヒー”を飲んだりしているものの、もっとバリエーションは無いのかと探したところヒットしたカルダモン。

 

カルダモンとは

ガラムマサラやカレーなどインド料理に使われるスパイスの一つとして知られているカルダモン。恥ずかしながらスパイスやハーブなどに興味のなかった頃は「カレーっぽい臭いのする香辛料でしょ」と思っていたのですが、サッパリとしてカレーとはかけ離れた香りでした。それもそのはずカルダモンは“スパイスの女王”その香りは“高貴な香り”とも称され、精油はオリエンタル系の高級香水の原料としても使われているのだとか。

カルダモン自体もスパイスの中ではややお高めですし、田舎住まいだからかなかなかホールで売っているお店を探すのが大変だったりします^^;

 

で。

カルダモンってナニモノかと言うと、植物分類的にはショウガ科に分類されるのだとか。原産はずばりインド〜スリランカあたりの地域で、インドでは紀元前から生薬・スパイスとして活用されていたそう。現在でもインド伝統医学のアーユルヴェーダで取り入れられているそうですし、地続きの中国でも生薬の一つとして利用されています。ちなみに生薬名は「小豆蒄(しょうずく)」と言い、カルダモンの和名も同じく小豆蒄とされています。小豆の仲間のようで紛らわしいですが、ショウガの仲間です。

 

原産地の西側、古代ギリシアや古代エジプトでも宗教儀式の際の薫香用・解毒薬の材料などに用いられたのではないかと考えられています。ただし古代ヨーロッパではショウガ科のハーブをまとめて呼んでいたため、カルダモンなのかどうかはハッキリしていないそう。明確にカルダモンと分かる記録は12世紀以降と言われています。

そのほかバイキングがトルコから持ち帰ったという逸話もあり、現在でも北欧(スウェーデンなど)地域ではカルダモンが親しまれているそう。シナモンロールにもカルダモンが使われていることが多いようですし、焼き菓子にも多用されているようです。

月経トラブルだけじゃない、サフランは冷え性にも良い

香辛料として知られているほか、月経不順・生理痛・PMS(月経前症候群)など女性特有の不調がある方ならその方面で耳にしたことがあるかもしれないサフラン。かくいう私も冷えとり目的ではなく生理前の鬱っぽさを何とかしたいと思ってネットサーチしていて発見したのがきっかけです。

PMSに良いからと取り入れて見たんですが、なぜ生理前の不調や生理痛・月経不順に良いと言われるのかをちゃんと調べてみたら、その根底には「体を温める」働きがあることがわかり、ちょっと見直した次第です(残念ながらまだ期間が短いのか、不定期摂取のせいか、PMS緩和効果はさほど感じていないです)。
 

サフランとは

日本で最も良く知られているサフランの使い方は、おそらくサフランライスやパエリアでしょう。香辛料というよりは天然の黄色着色料というイメージの方が私は強いです。市販のパエリアミックス(シーズニング)はサフランだと高価なのでターメリックやパプリカ色素を着色剤として入れているものがほとんどだったりしますが笑
 
↓パエリア

サフランは人類との関わり・歴史の古い植物です。原産地は定かではありませんが地中海沿岸ではないかとする説が有力で、紀元前からエジプト〜ヨーロッパで染料・香料・薬用として用いられています。薬用として見ても、サフランは古代エジプトの世界最古の薬物書「エーベルス・パピルス」に記録されています。
ギリシアやローマでも高級染色料として重宝されたほか、胃薬・精神安定剤・月経促進剤のような形で用いられていたと考えられています。「医術の父」ヒポクラテスもリウマチや痛風の治療にサフランを利用したと伝えられています。

中国では16世紀頃から用いられるようになり、日本にも江戸時代に生薬として伝えられました。薬用として用いられる(漢方薬などに配合される)ことは少なくなっていましたが、近年の自然派志向や薬効が見直されたこと、美容面への有用さが報告されていることなどから再び注目されるようになってきています。
 

サフランと冷えとりの関係

サフランの香り成分「サフラナール」は少量でも体を温める作用・発汗促進作用があると考えられています。また色素成分であるβ‐カロテンやクロシンなどのカロテノイド類には高い抗酸化作用があり、血中コレステロールなどの酸化を防いで血液をサラサラにすることで血液循環改善効果が期待出来ますき

芳香成分と色素成分の効果が相乗することで高い血行促進・体を温める働きを発揮すると考えられることから、サフランは冷え性の改善や冷え・血行不良による痺れ・肩こり・頭痛の改善などに用いられています。
 

サフランと女性の不調

サフランは古くから鎮静・鎮痛・通経などの効能が知られ、生薬「バンコウカ(番紅花もしくは蕃紅花)」として、主に月経不順など婦人病の薬として漢方で用いられてきました。日本薬局方第二部にも収録されています。

風邪予防と冷えとりにクローブを

一時期唐辛子やショウガを摂取するようにしていたんですが、よくネット・雑誌上で見るほどの「超ポカポカ」感はあまり感じされず、最近はどちらかというとスパイスをよく使うようにしています。定番はシナモンコーヒー(コーヒー控えろって説もありますが、無理なので…)もしくはシナモンミルクですが、そのほかにも温まる系のスパイスをいろいろ試しています。

もちろん個人差はあるでしょうが、私の場合はスパイス+サプリを取り入れている今が一番冷え性が落ち着いているようです。寒いし冷たいけど、感覚がないとか痺れるとかって状況まで至ることはなくなりました^^;
ついでにハーブ・スパイスに詳しいってデキる人っぽいという、ちょっとミーハーな願望もあり楽しく色々試しております。

クリスマス〜年明けくらいによく見かけるクローブ。ヨーロッパでもアジアでも冷え解消に役立つことが古くから知られていたスパイスです。
 

クローブとは

丁子(ちょうじ)、丁香(ちょうこう)、百里香(ひゃくりこう)など様々な名前で呼ばれるクローブ。インドネシア・モルッカ諸島原産のフトモモ科常緑樹で、名前の由来ともなっている釘に似た形のつぼみ(花蕾)部分を利用しています。3500年以上前から利用されていたと考えられているハーブで、日本にも5〜6世紀頃に伝えられています。シナモンなどと同じく、正倉院の宝物の中に貴重な薬として入っているのだとか。

クローブは日本でそこまでメジャーなスパイスとは言い難い存在ですが、実はインドのガラムマサラや、ウスターソース・ケチャップ類の主要なスパイスの一つ。料理に使った記憶がなくても知らずに食べている可能性が高いです。香りは甘さを含みスパイシーですが、どこか柑橘系を思わせる爽やかさも含まれています。

日本ではあまり馴染みがないですが、ヨーロッパではオレンジなどの果物にクローブを刺したポマンダー(フルーツポマンダー)がというもともとは中世に魔除け・病気予防として作られていたものだそうですが、現在はインテリアや芳香剤・防虫剤としての利用が主です。

続きを読む >>
Copyright (C) 体温かハーブ・スパイス | 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.