金時しょうが粒

アンチエイジングで話題のルイボスは冷え性に良い?

クセがあまりなく飲みやすい・ノンカフェインで安心・美容面でも嬉しい効果が期待できる、万能健康茶として人気の高いルイボスティー。同じような存在に「マテ茶」がありますが、若干のカフェインを含むマテ茶よりもノンカフェインでより刺激性の低いルイボスティーは妊娠中の方などにも支持されている存在ですね。

ルイボスティーというくらいなので原材料は「ルイボス」という植物なのは想像がつきますが、ルイボスってどんな植物かというと???な感じの方も多いのではないでしょうか。狭い範囲の比較で申し訳ないですが私は謎の草だと思っていましたし、友人は紅茶の一種だと思っていたそうな(笑)

今回はそんなルイボスティーについてと、冷え性改善にどの辺が役立ちそうかをまとめてみました。

 

ルイボスティーについてザックリと紹介

ルイボスという植物はマメ科の灌木で、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈にのみ自生し、栽培もごく限られた地域でしかなされていない希少な植物なのだそう。わりと手頃な価格で販売されているのであんまり貴重とか稀少とかのイメージはないですが、気候変動でルイボスが消滅する可能性などが報じられたこともあるそう。

原産地の付近に古くから暮らしていたカポイド(コイサン人)の方々は古くからルイボスを叩いて発酵させたお茶を“不老長寿の飲み物”として普段から健康維持のために飲用していたと伝えられています。ヨーロッパ人がケープ地域に入植・植民地化したことで長らく「紅茶の代用品」されますが、20世紀入ったことからルイボスの研究が行われるようになります。

20世紀半ばには健康茶として欧米への輸出が行われるようになり、植物療法の先進国とも言われるドイツが高くルイボスティーを評価したこともあってか、世界的にもルイボスティーの持つ健康効果への注目が高まります。1980年には日本の研究者達によってルイボスティーにSOD様作用(活性酸素を除去するSOD酵素と同様の抗酸化作用)があることが報告され、健康維持の面からも美容面からも注目される存在となります。

近年はより高い抗酸化作用が期待される不発酵の「グリーンルイボス」も製造されていますが、流通量はさほど多くありません。個人的にはグリーンルイボスはティーパックタイプのものを買ったことがあるのですが、出し方が悪かったのか薄味でした。青臭さは感じなかったけど、緑茶をイメージしていたせいか「味がしない」のが嫌で、今のところ普通の焙煎タイプを飲んでいます^^;

ルイボスティーと老化予防(抗酸化)

ルイボスティーが健康茶として注目されるようになったのは、高い抗酸化作用が期待できることが大きいでしょう。先ほど日本の研究者が発見したとご紹介したSOD様酵素(イソビテキシン、ビテキシン、アスパラチンなど)が豊富に含まれていますし、フラボノイド類でルイボス特有の成分とされる「アスパラチン」には高い抗酸化作用だけではなく、抗糖化作用も期待されているそうです。

何故先にアンチエイジングの話かというと、勿体をつけているわけではなくて、本題である「冷え性の緩和・改善」についてもこの抗酸化が関係しているからです。もちろん抗酸化物質だけではなく他にも冷え改善に役立ちそうな成分は色々ありますm(_ _)m

 

【生活習慣病予防】

ルイボスティーは高い抗酸化作用を持つため、活性酸素と脂質が結合して出来る悪玉コレステロール・過酸化脂質の生成を抑制すると考えられています。悪玉コレステロールが増えると血液がドロドロになり血液がスムーズに流れなくなり、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの原因となります。抗酸化作用によってこれらのリスクを低下する働きがあることに加え、血圧上昇酵素の活性阻害作用や血糖値上昇抑制作用なども報告されていることから、生活習慣病予防と呼ばれる病気の多くの予防に対してルイボスティーは役立つと考えられています。

 

【肌のアンチエイジング】

抗酸化作用は活性酸素によるダメージから肌を守ることにも繋がります。加齢やストレス・紫外線などで増加した活性酸素を抑制することでシミ・シワ・たるみ・くすみ・乾燥などの肌老化症状を予防する働きが期待でき、内側からの紫外線対策としても役立ってくれそうです。また過酸化脂質は血流を妨げるだけではなく、大人ニキビの原因物質とも言われていますからニキビ予防効果も期待できるでしょう。

ルイボスティーにはビタミンCの吸収を助けるフラボノイドの一種ケルセチンも含まれているため、ビタミンCと合わせて摂取することでより高いニキビ予防効果やシミ予防効果に繋がると言われています。

温活宣言

「塩入浴」が冷えとりやダイエットに良い理由とは?

冷え性対策に役立つ入浴法を検索すると必ずと言って良いほどヒットする「塩」入浴。冷え改善から魂の浄化(?)までありとあらゆる効能が挙げられています。がしかし、細かく調べても「こういう効果があります」というだけで何故かという理由は紹介されていないものがほとんど。ちょっと消化不良気味だったので、自分なりに納得できる働き・期待できる効果についてだけまとめてみました。

予めお断りしておきますが、スピリチュアル観点からの見解についてと、「ミネラルが豊富」という微妙な表記についてはレポートから外させていただきます。ミネラルというならば塩自体の主成分がミネラルの一種“塩化ナトリウム”ですから豊富でなければそもそも塩でなくなりますし、カリウムやマグネシウムが豊富というのも雪塩など特別なもの以外にはさほど当てはまらないと思われるためです。
スピリチュアルな話は個人的に信じていないので紹介しようにも出来ないですm(_ _)m

 

塩入浴と冷え性改善

塩風呂とは異なりますが、温泉の中には食塩泉もしくは塩化泉物と呼ばれているものがあります。舐めてみると塩辛さを感じるのが特徴で、名前の通り塩(塩化ナトリウム)を含んでいます。このタイプの温泉は昔から体を温める・湯冷めしにくいことが知られており「熱の湯」「ぬくもりの湯」などとも呼ばれていたそう。慢性婦人病に良いとされているのも体を温める働きが強いためだと考えられています。

温泉と同等の効果が得られるというわけではありませんが、塩を入浴剤として利用することでも食塩泉の温泉と近い効果が期待できると考えられています。

 

【保温効果】

塩が冷え性の方の入浴剤として適しているとされる大きな理由の一つが「保温効果」。塩は皮脂などと結合することで皮膚表面を薄い膜でコーティングしたような状態を作り出してくれます。この膜によって熱が逃げにくくなることで温めのお湯でも体の芯までしっかりと温まることが出来ますし、お風呂から出た後もポカポカ感が持続します。

ただしこのコーディングによる保温効果はお風呂あがりに上がり湯・シャワーをすると減少してしまうとされており、そのままお風呂から出てきて体を拭くようにすることが(冷え性改善のために)塩入浴をするときの最大のポイントとも言われています。

塩が付くことで石鹸等の泡立ちが悪くなるため体を洗ってから入浴するのが好ましいとされていますが、始めたての時などはかなりドロドロの汗をかく可能性もあります。サラサラな汗なら問題ありませんが、脂汗に近い感じだったり、臭いが気になる場合は固執せず流してしまったほうが衛生的ですのでケースバイケースで対処するようにしてください。

ミネラルバスパウダー トライアル(分包セット)

 

【発汗・デトックス効果】

塩には「浸透圧」と呼ばれる、塩分の濃い方に水分を引き寄せて濃度バランスを保とうとする性質があります。生理用食塩水などがよく知られているように、私達の体の中にも塩分(ナトリウム)が含まれていますから、浴槽のほうが体液よりも塩分濃度が濃ければ体内の水分を引き寄せることになります。簡単に言うと青菜やナメクジに塩を振ることで水分が抜ける、あのイメージ。

ベンゾイン(安息香)は冷えとり効果×保留剤にもなる便利アロマ

香りを漂わせているだけで冷えの改善になるのかはさておき、せっかくアロマを使うなら冷えとり効果が期待できるものを取り入れてみたい。冷え解消にお風呂・マッサージなど肌に付けられるものなら尚可!と探した所、ヒットしたのがベンゾイン。

お手頃価格な量販店・雑貨コーナーではあまり見かけないものの、香水のノート表記などでミドル〜ベースノートのあたりでよく見かけるやつですね。調べてみたところベンゾインは香水原料としても香り付けと揮発保留材を兼ねて配合されているそうで、ルームフレグランス的な使い方をする時にも保留剤として役立つのだとか。

スキンケア精油としても高い効果が期待されているので、買って使い道に困ることは少ない部類なのでは無いでしょうか。

 

ベンゾインとは

ベンゾインは和名だと安息香と呼ばれる、エゴノキ科アンソクコウノキの樹脂のことを指します。オイルはこの樹脂から揮発性有機溶剤抽出法で生成されるアブソリュートで、厳密にはエッセンシャルオイル(精油)ではありませんが、様々な作用が期待できることからアロマテラピーなどでもよく利用されている存在です。
ベンゾイン(安息香)の元となるアンソクコウノキの原産はアジアで、インドシナ半島インドネシアのスマトラ島の2系統に別れます。ちなみに一般的にはスマトラタイプの方が質が良いとされています。

ベンゾインの香料としての歴史は古く、原産地付近である東洋からヨーロッパに至るまで数々の古代文明で香料・医薬品として利用されていたと伝えられていますし、原産地から遠く離れた古代エジプト文明でも既に香料として利用されていたそうですから、紀元前のうちにかなり知られた存在だったと考えられますね。またベンゾインは悪霊を追い払う力がある力があるとして、宗教儀式の際の薫香にフランキンセンス(乳香)やミルラ(没薬)と並んで重宝された存在でもあります。
 

ところで樹脂系(バルサム系)の香りというと、スモーキーさや油っぽさの強いイメージがあってイマイチ手を出しにくいという方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。かく言う私も柑橘系などは安全ラインで、バルサム系は要注意ラインと思ってました。好き嫌いが別れる個性的なヤツが多いイメージよね。

ところがベンゾインの香りって、案外クセが少なくて「バニラのような」と例えられることの多い甘い香りがします。“バルサム”と聞いて連想するようなキツイ感じはなく、普通に室内芳香剤とかにもありそうな感じです。好き嫌いは勿論ありますが、甘めの香りに耐性ある方ならあまり抵抗なく行け入れられる香りではないかと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷え・むくみとりに人気のコーン茶ってどうなのか…

前回夏になると食べたくなるトウモロコシ…冷え性としては食べて大丈夫なのかを調べて書いてみましたが、そうなるとついでに一時期“体に優しいお茶”として人気を集めたコーン茶も気になったりします。保存が効くこととカロリーがほとんど無いことを考えると、「お茶」として飲んでも似たような感じであれば嬉しいですよね。

トウモロコシおさらい

日本では野菜として扱われていますが、世界的に見ると“主食(穀物)”という利用も多く…カロリーとか糖質量とか栄養成分とかを見た限り、特にスタイルが気になる場合なんかは主食的な使い方をした方が無難な感じなのではないかなと、個人的にはそんな認識です。

体を温める働きがあるというわけではないのですが、トウモロコシはカリウムを多く含んでいる夏野菜でありながら『平性』に分類される体を冷やす心配が少ない食材ではあります。代謝に関わる栄養素も含んでいることから、夏バテ・むくみ・疲労感の改善なども期待できるというメリットがあります。

鉄分含有量が多いので貧血緩和・代謝サポートという点では冷え性改善にも役立たなくはない(劇的な温め効果はないものの栄養バランスなどの関係で改善は見込める)という感じ。


詳しくは前回の記事⇒

コーン茶について

トウモロコシのお茶としてはヒゲ部分を使ったもの実の部分を使ったものの大きく2つがあります。ヒゲを使った茶はコーンシルクもしくは“トウモロコシのひげ”茶という表記で売られていることが多いので、コーン茶(実部分)を買おうとしたのに間違えた!という事は少ないかと思いますが、ヒゲ茶の場合は飲みやすさや価格面の問題から実を混ぜたものも多いようです。

体を冷やさない夏野菜?! とうもろこし

夏になると食べたくなるトウモロコシ。
茹でたてそのままを食べるのもあり、サラダやチャーハンなどのトッピングとして利用するのも良し、かき揚げやパンに混ぜ込んでもよしと使い勝手が良い食材でもあります。好き嫌いのあるお子さんでも食べやすいため、お子様メニューにもよく使われていますね。

その反面、栄養的には微妙・カロリー高いし…、というイメージもあったりします。ムシャムシャと食べたいけど太りそうだから我慢しようと思ったり、私はしてます(苦笑)

太るのも怖いけど、夏のものって体を冷やすと言われるものが多いからそれも怖い…というわけで、トウモロコシって正直どうなのか見直してみました。とりあえず体を冷やす心配は少なそうなのでホッとしてます。

 

トウモロコシについて

トウモロコシは原種(野生種)が見つかっていないことから起源は諸説ありますが、紀元前5000年頃にはアメリカ大陸においてトウモロコシの栽培が行われていたと考えられています。マヤ・アステカ・インカなどアメリカ大陸で栄えた文明ではジャガイモと並んで常に食基盤と言える存在であったと考えられており、マヤやアステカにはトウモロコシの神様もいらっしゃるそうです。

コロンブスのアメリカ大陸到達後はヨーロッパ・世界へと広まり、圧倒的に収穫率が高いことから冷害や飢饉での死者数減少に貢献したとも言われています。現在はアフリカでもトウモロコシを主食として利用する地域が多くありますし、食用以外の飼料・工業用を含めると世界で8000万トン以上もの生産量になるそうです。

トウモロコシの日本伝来は安土桃山時代と言われ、栽培が行われたのは江戸時代、本格的な栽培は現在食用としているスイート種が伝わった明治時代以降だそう。ちなみにトウモロコシというのは“唐”から伝わった“もろこし(黍)”という意味だそう。私の地元北海道を含むいくつかの県ではトウキビと呼びますし、ナンバンキビなどと呼ぶ地域もあるそうです。どれも同じ意味で、表現する言葉が違うだけなんですね。

ブラックペッパーはアロマでも冷え性さんをサポート

私は個人的にショウガよりも胡椒が好きなので、冷え対策効果を期待して振り掛けるのは七味ないし胡椒が多いのですが(笑)ルームフレグランス用に安い精油を探していた時に発見した“ブラックペッパー”のアロマが気になってしまった次第。

スパイス系のアロマって結構使いにくいイメージがあって、今まで柑橘系と樹木系をメインに買っていたんですが、ブラックペッパーのアロマってどの文献やサイトさんでも「初心者〜中級者」向けってことになっているようです。使いやすいなら使ってみたい!ということで胡椒の香り効果について調べてみました。

 

胡椒について

大分昔に胡椒についての記事を書かせていただきましたが…でも自分でも忘れかけていた胡椒効果をザックリとおさらい。


 

【スパイスとしての胡椒の働き】

胡椒に含まれている辛味成分、アルカロイド類の「ピペリン」には血管拡張作用があり、血行促進に役立つと考えられています。また神経伝達物質の一つであるアドレナリンの分泌を促す働きも報告されており、結果としてエネルギー代謝向上にも効果が期待されています。

この2つの働きから臭み消しや食欲増進などの目的だけではなく、冷え性改善やダイエット促進などに役立つスパイスとして取り入れられています。同様の働きは唐辛子にもありますが、胡椒のほうが作用が穏やかなので副作用・毒性の心配が少ないということも取り入れやすさに繋がっているのかも。料理にかけるにしても和洋中その他問わず、何ににでも合いやすい(そしてさほと辛くない)というのも胡椒の魅力なのではないでしょうか?

ブラックペッパーのアロマと冷え性緩和について

コショウは製法によってブラックペッパー・ホワイトペッパー・グリーンペッパー・ピンクペッパーに分かれます。精油で一般的に利用されるのは「ブラックペッパー」ですが、ホワイトなどを原料としたものもあるそうです。ただし流通量が少ないことと、ブラックペッパーが最も香りが良いと言われていますから、何らかのこだわりがない場合はブラックペッパーで十分でしょう。

美めぐり習慣

日本の薬味ミョウガは現代女性の強い味方

夏の薬味としてさっぱり感を演出してくれる茗荷。好き嫌いは分かれるものの、個人的には冷奴や冷やしうどんに乗せるのが大好きです。ほとんど手入れをしなくても、ちょっと日当たりが悪くても育ってくれることからお庭の片隅などに植えている方も多いのではないでしょうか。

さっぱり感で食欲が進む…くらいの認識しか無いですし、独特の香りから若い人が食べなくなっているとも言われています。好きなんだけどなんか存在感薄いんだよねミョウガさん…と思って調べてみたら、血行不良や女性ホルモン系のトラブル・ストレスケアとなんかすごい働きが期待できるそうな。

ミョウガ好きとしてはミョウガブームが来てほしい。

 

ミョウガ(茗荷)とは

ミョウガは植物としてはショウガ科ショウガ属に分類されている、いわば生姜の兄弟分。現在は日本中に自生しているので日本古来の食材とも言われていますが、原種がないことや分布域の関係から古い時代に大陸から生姜とともに持ち込まれたものが帰化したという説が有力です。伝来当時は香りの強い方を「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼び分けており、これがショウガとミョウガの語源になったとも言われています。

私達が普段薬味として利用するミョウガは「花ミョウガ」と呼ばれることもあるように、あの芽のような部分は花穂と呼ばれ、中に入っているのが複数形のツボミなのだそう。ミョウガと“冥加”の音が重なることから、昔の人には縁起の良い食材としても好まれていたそう。家紋に使われるようになったのもそのためだとか。茗荷紋って見た目も可愛いですよね。

ビックリしたのは「ミョウガを食べるのは日本だけ」ということ。
ミョウガ自体は東アジアにあるらしいのですが、野菜の一種と認識したり家庭菜園に植えていたりするのは日本人だけのようです。と言っても全く利用されていないわけではなく、生薬としては使われているそう。まさに食べる生薬?薬膳食材?…というか日本の健康食材なのかも。そのうちWasabiみたいにMyogaも海外で健康食品として注目されちゃったりして(笑)

レモングラスティーは夏バテ・夏の冷え性にピッタリ

なんとなく蒸し暑いような、その日の天気によって寒いような、オフィスやお店で気を抜くと寒いような…ハッキリしない気候にゲンナリしています。足先は冷たいけど顔とか頭とかは「暑い」感じで非常に微妙な状態になる予感がしているので、これからますます暑くなる、夏場に使っても暑苦しくないスッキリ系のハーブで冷えにも良さそうなレモングラスをご紹介します。

 

レモングラスについて

アロマスプレーなどの芳香剤や、ハーブティーのブレンドなどで良く目にするレモングラス。名前に“grass(草)”と付くようにイネ科の多年草で、東南アジアに広く分布しています。料理だとトムヤムクンやタイカレーなどにも利用されることが知られていますが、インド料理やカリブ料理などにも使われています。基本食べませんので「邪魔だなぁ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、独特の爽やかな風味付けや食材臭み消しとして無くてはならない存在なのだとか。

原産地でもあるインドでは古くから「チューマナ・ブールー」という名前で知られており、伝統医学アーユルヴェーダでは熱を下げる・感染症・吐き気の治療などに利用されてきました。ブータンでも同様に薬草として利用されていたそうですし、中医学(漢方)でも頭痛や腹痛などに対する鎮静・鎮痛効果を持つ生薬「檸檬茅(もしくは香茅)」として利用されています。

現在でもレモングラスのハーブティーは風味を楽しむほかリラックス用などとして活用されていますし、精油はアロマテラピーをはじめ香水・室内芳香剤・入浴剤・防虫剤など様々な製品に配合されています。その用途や期待される働きの広さから“万能ハーブ”や“アジアの薬草”とも呼ばれているのだとか。

 

ちなみにレモンバームやレモンバーベナなど「レモン」が付くハーブが幾つかあって紛らわしいですが、レモンバームは地中海原産のシソ科多年草・レモンバーベナは南米原産のクマツヅラ科落葉低木・レモンマートルはオーストラリア原産のフトモモ科常緑樹と原産地や植物分類(科)が異なります。

 

共通しているのは呼び名にも付けられている「レモン」様の芳香成分であるシトラールを含むこと。ただし成分含有率やシトラール以外の成分の違いから期待される働きも若干異なっています。原産地や製造社などによって差はありますが、レモングラスはシトラール含有量は中くらい〜高めくらいのポジションの模様です。ちなみに本家であるレモンのシトラール含有量は10%前後とかなり低いのだとか。

ミネラルバスパウダー_冷え改善

 

レモングラスと冷え性の関係

レモングラスの爽やかな香りのもと「シトラール」には血管弛緩作用があることが報告されています。

続きを読む >>
| 2016年07月16日 | ホットドリンク | trackbacks(0) |
Copyright (C) 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.