金時しょうが粒

体を冷やさない夏野菜?! とうもろこし

夏になると食べたくなるトウモロコシ。
茹でたてそのままを食べるのもあり、サラダやチャーハンなどのトッピングとして利用するのも良し、かき揚げやパンに混ぜ込んでもよしと使い勝手が良い食材でもあります。好き嫌いのあるお子さんでも食べやすいため、お子様メニューにもよく使われていますね。

その反面、栄養的には微妙・カロリー高いし…、というイメージもあったりします。ムシャムシャと食べたいけど太りそうだから我慢しようと思ったり、私はしてます(苦笑)

太るのも怖いけど、夏のものって体を冷やすと言われるものが多いからそれも怖い…というわけで、トウモロコシって正直どうなのか見直してみました。とりあえず体を冷やす心配は少なそうなのでホッとしてます。

 

トウモロコシについて

トウモロコシは原種(野生種)が見つかっていないことから起源は諸説ありますが、紀元前5000年頃にはアメリカ大陸においてトウモロコシの栽培が行われていたと考えられています。マヤ・アステカ・インカなどアメリカ大陸で栄えた文明ではジャガイモと並んで常に食基盤と言える存在であったと考えられており、マヤやアステカにはトウモロコシの神様もいらっしゃるそうです。

コロンブスのアメリカ大陸到達後はヨーロッパ・世界へと広まり、圧倒的に収穫率が高いことから冷害や飢饉での死者数減少に貢献したとも言われています。現在はアフリカでもトウモロコシを主食として利用する地域が多くありますし、食用以外の飼料・工業用を含めると世界で8000万トン以上もの生産量になるそうです。

トウモロコシの日本伝来は安土桃山時代と言われ、栽培が行われたのは江戸時代、本格的な栽培は現在食用としているスイート種が伝わった明治時代以降だそう。ちなみにトウモロコシというのは“唐”から伝わった“もろこし(黍)”という意味だそう。私の地元北海道を含むいくつかの県ではトウキビと呼びますし、ナンバンキビなどと呼ぶ地域もあるそうです。どれも同じ意味で、表現する言葉が違うだけなんですね。

ブラックペッパーはアロマでも冷え性さんをサポート

私は個人的にショウガよりも胡椒が好きなので、冷え対策効果を期待して振り掛けるのは七味ないし胡椒が多いのですが(笑)ルームフレグランス用に安い精油を探していた時に発見した“ブラックペッパー”のアロマが気になってしまった次第。

スパイス系のアロマって結構使いにくいイメージがあって、今まで柑橘系と樹木系をメインに買っていたんですが、ブラックペッパーのアロマってどの文献やサイトさんでも「初心者〜中級者」向けってことになっているようです。使いやすいなら使ってみたい!ということで胡椒の香り効果について調べてみました。

 

胡椒について

大分昔に胡椒についての記事を書かせていただきましたが…でも自分でも忘れかけていた胡椒効果をザックリとおさらい。


 

【スパイスとしての胡椒の働き】

胡椒に含まれている辛味成分、アルカロイド類の「ピペリン」には血管拡張作用があり、血行促進に役立つと考えられています。また神経伝達物質の一つであるアドレナリンの分泌を促す働きも報告されており、結果としてエネルギー代謝向上にも効果が期待されています。

この2つの働きから臭み消しや食欲増進などの目的だけではなく、冷え性改善やダイエット促進などに役立つスパイスとして取り入れられています。同様の働きは唐辛子にもありますが、胡椒のほうが作用が穏やかなので副作用・毒性の心配が少ないということも取り入れやすさに繋がっているのかも。料理にかけるにしても和洋中その他問わず、何ににでも合いやすい(そしてさほと辛くない)というのも胡椒の魅力なのではないでしょうか?

ブラックペッパーのアロマと冷え性緩和について

コショウは製法によってブラックペッパー・ホワイトペッパー・グリーンペッパー・ピンクペッパーに分かれます。精油で一般的に利用されるのは「ブラックペッパー」ですが、ホワイトなどを原料としたものもあるそうです。ただし流通量が少ないことと、ブラックペッパーが最も香りが良いと言われていますから、何らかのこだわりがない場合はブラックペッパーで十分でしょう。

美めぐり習慣

日本の薬味ミョウガは現代女性の強い味方

夏の薬味としてさっぱり感を演出してくれる茗荷。好き嫌いは分かれるものの、個人的には冷奴や冷やしうどんに乗せるのが大好きです。ほとんど手入れをしなくても、ちょっと日当たりが悪くても育ってくれることからお庭の片隅などに植えている方も多いのではないでしょうか。

さっぱり感で食欲が進む…くらいの認識しか無いですし、独特の香りから若い人が食べなくなっているとも言われています。好きなんだけどなんか存在感薄いんだよねミョウガさん…と思って調べてみたら、血行不良や女性ホルモン系のトラブル・ストレスケアとなんかすごい働きが期待できるそうな。

ミョウガ好きとしてはミョウガブームが来てほしい。

 

ミョウガ(茗荷)とは

ミョウガは植物としてはショウガ科ショウガ属に分類されている、いわば生姜の兄弟分。現在は日本中に自生しているので日本古来の食材とも言われていますが、原種がないことや分布域の関係から古い時代に大陸から生姜とともに持ち込まれたものが帰化したという説が有力です。伝来当時は香りの強い方を「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼び分けており、これがショウガとミョウガの語源になったとも言われています。

私達が普段薬味として利用するミョウガは「花ミョウガ」と呼ばれることもあるように、あの芽のような部分は花穂と呼ばれ、中に入っているのが複数形のツボミなのだそう。ミョウガと“冥加”の音が重なることから、昔の人には縁起の良い食材としても好まれていたそう。家紋に使われるようになったのもそのためだとか。茗荷紋って見た目も可愛いですよね。

ビックリしたのは「ミョウガを食べるのは日本だけ」ということ。
ミョウガ自体は東アジアにあるらしいのですが、野菜の一種と認識したり家庭菜園に植えていたりするのは日本人だけのようです。と言っても全く利用されていないわけではなく、生薬としては使われているそう。まさに食べる生薬?薬膳食材?…というか日本の健康食材なのかも。そのうちWasabiみたいにMyogaも海外で健康食品として注目されちゃったりして(笑)

レモングラスティーは夏バテ・夏の冷え性にピッタリ

なんとなく蒸し暑いような、その日の天気によって寒いような、オフィスやお店で気を抜くと寒いような…ハッキリしない気候にゲンナリしています。足先は冷たいけど顔とか頭とかは「暑い」感じで非常に微妙な状態になる予感がしているので、これからますます暑くなる、夏場に使っても暑苦しくないスッキリ系のハーブで冷えにも良さそうなレモングラスをご紹介します。

 

レモングラスについて

アロマスプレーなどの芳香剤や、ハーブティーのブレンドなどで良く目にするレモングラス。名前に“grass(草)”と付くようにイネ科の多年草で、東南アジアに広く分布しています。料理だとトムヤムクンやタイカレーなどにも利用されることが知られていますが、インド料理やカリブ料理などにも使われています。基本食べませんので「邪魔だなぁ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、独特の爽やかな風味付けや食材臭み消しとして無くてはならない存在なのだとか。

原産地でもあるインドでは古くから「チューマナ・ブールー」という名前で知られており、伝統医学アーユルヴェーダでは熱を下げる・感染症・吐き気の治療などに利用されてきました。ブータンでも同様に薬草として利用されていたそうですし、中医学(漢方)でも頭痛や腹痛などに対する鎮静・鎮痛効果を持つ生薬「檸檬茅(もしくは香茅)」として利用されています。

現在でもレモングラスのハーブティーは風味を楽しむほかリラックス用などとして活用されていますし、精油はアロマテラピーをはじめ香水・室内芳香剤・入浴剤・防虫剤など様々な製品に配合されています。その用途や期待される働きの広さから“万能ハーブ”や“アジアの薬草”とも呼ばれているのだとか。

 

ちなみにレモンバームやレモンバーベナなど「レモン」が付くハーブが幾つかあって紛らわしいですが、レモンバームは地中海原産のシソ科多年草・レモンバーベナは南米原産のクマツヅラ科落葉低木・レモンマートルはオーストラリア原産のフトモモ科常緑樹と原産地や植物分類(科)が異なります。

 

共通しているのは呼び名にも付けられている「レモン」様の芳香成分であるシトラールを含むこと。ただし成分含有率やシトラール以外の成分の違いから期待される働きも若干異なっています。原産地や製造社などによって差はありますが、レモングラスはシトラール含有量は中くらい〜高めくらいのポジションの模様です。ちなみに本家であるレモンのシトラール含有量は10%前後とかなり低いのだとか。

ミネラルバスパウダー_冷え改善

 

レモングラスと冷え性の関係

レモングラスの爽やかな香りのもと「シトラール」には血管弛緩作用があることが報告されています。

「にがり」は手軽な保湿・冷えとり入浴剤だった?!

結構昔に健康食材として持て囃されたらしい「にがり」。敏感肌(アレルギー肌)がなかなか改善しないため、何か良い物はないか(なるべくお安めで)と探していたところヒットしたのがコレ。

調べていくうちにニガリは肌だけじゃなく冷え性にも良いこと、入浴剤として利用できることなどがわかり、スーパーで購入してみました(500円以内!!笑)。かぶれることもなく利用できたうえ、いつもよりも汗が出やすいような気はしています。今までスルーしてたけど、にがりすごいじゃないかと見直した次第です。

にがりについて

にがりって豆腐を作るときに入れる透明のアレ、舐めると不味い液体…みたいな印象があります。漢字だと「苦汁」と書くように強い苦味があるのが特徴です。

にがりの原料は主に海水。

海水から水分をある程度飛ばして行った後、まず塩(塩化ナトリウム)が結晶化するのでそれを取り出した後に残るのが“にがり”なのだそう。そのため塩を作る時の副産物という扱いで、お塩に関して言うならばにがりをしっかりと抜いたもののほうが苦味・エグみが無くて美味しいとされています。

ただし海水からナトリウムだけを抽出した“塩”に対し、にがりは海水に含まれる様々なミネラルを含んでいます。大雑把に言うならば海洋ミネラルの濃縮体ですので、塩よりもにがりのほうが栄養的には優れていると考えられています。お豆腐を作るだけではなく、現代人に不足しがちなミネラルを手軽に補給出来る素材としても活用されています。

 

一般的に炊飯や料理の隠し味としてごく少量入れるとコクが出る・素材の味が引き立つと言われています。炊飯用に使ったところ味の違いはわかりませんでしたが、確かにモチモチ感はちょっとアップしたと思います。食用以外の活用法としては化粧水やヘアトリートメントなどにミネラル分として加える方もいらっしゃいます。

近年はにがりを原料に使ったエコエネルギー「マグネシウム燃料電池」なども考案され、環境に優しい燃料としても活用が研究されているそうです。

 

にがりに含まれる成分

にがりの主成分はマグネシウムです。

その他にカリウムやナトリウム・ヨウ素・ケイ素など様々なミネラルも微量づつ含まれていますが、にがりの健康効果として紹介されている多くはマグネシウムの働きによるものと考えられます。

マグネシウムというと直接的には便秘改善・むくみ緩和に良いくらいの印象ですが、約300種類の酵素の働きを助ける“補酵素”として働く成分のため様々な生体機能に関与している存在でもあります。そのため代謝の維持や血流正常化・血液合成など冷えとは切っても切れない関係です(大体の栄養素がそうですけどね^^;)

⇒マグネシウムについて詳細はこちら

 

ミネラルバスパウダー トライアル(分包セット)

 

豊富なビタミンCが魅力の「柿の葉茶」は冷え性的にどうか

ビタミンCやポリフェノールを豊富に含むことから、美肌・美白・抗酸化と美容効果が期待できる健康茶として注目されている「柿の葉茶」。花粉症緩和への有効性なども報じられ、美容・健康維持に気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

一方で果物の「柿」は体を冷やすからあまり食べないほうが良い、柿の葉茶も冷え性の人には良くないという話もちらほら。美肌と冷え性改善とどっちをとる、と言われると結構困るところです…笑よくわからないまま遠ざけるのも悔しいので、冷え性が柿の葉茶を飲みたいときはどうすれば良いのかを(超個人的に)考えてみました。

 

柿の葉茶について

秋の味覚としても代表的な柿。「柿の実が赤くなると医者が青くなる」という言葉があるほど、健康維持に役立つ存在として利用されてきました。現在は果物として柿を食べるのが主流ですが、古くは捨てる部分がない植物と言われていたように葉・幹・ヘタ・柿渋と様々な生活を支えるために利用されてきました。今回ご紹介する「柿の葉」もおばあちゃんの知恵袋的な民間療法や、健康維持に役立つ野草茶として親しまれてきた存在です。

 

柿の葉茶の特徴と言えるのが、体内でビタミンCへと変換されるプロビタミンC(ビタミンC誘導体)と呼ばれる状態でビタミンCを含有していること。プロビタミンCは熱に強い性質があるため吸収・利用率が高く、柿の葉茶は緑茶の約20倍のビタミンCを含むと言われています。加えてフラボノイドやタンニンなどポリフェノール類も多く含むことからビタミンCと相乗して抗酸化作用を発揮することで、肌の老化予防・美白(シミ予防)・コラーゲン生成促進など美肌の維持に役立つと考えられています。

 

またビタミンCはストレス下において分泌される副腎皮質ホルモンの生成に必要ですから、補給することでストレス耐性を高める働きがあるとも言われています。そのほか殺菌作用を持つタンニンと相乗しての風邪予防、ポリフェノール類と症状しての生活習慣病予防などにも効果が期待されています。柿の葉に含まれるポリフェノール「アストラガリン」はヒスタミン分泌を抑える働きが報告されており、花粉症などのアレルギー症状緩和にも注目されているそう。

冷え性緩和に役立つ成分としては、柿の葉のポリフェノール中に含まれるルチンやケルセチンなどのビタミン様物質(ビタミンP)があります。ビタミンPは血管の強化・血流改善作用などが認められている成分ですから、柿の葉茶にも血流を改善する働きが期待できるでしょう。ビタミンCなど他の抗酸化物質もドロドロ血液の予防・改善をサポートしてくれます。

 

【柿の葉茶は冷え改善にも役立つものの、飲み過ぎ注意】
ここまでの紹介でも何度か登場した「タンニン」という成分。抗酸化作用や殺菌作用など有用な作用がある一方で、鉄分吸収を阻害する・便を固めるなどの働きもあります。そのため貧血・便秘気味の方は摂り過ぎると貧血が悪化する可能性がありますし、鉄錠やサプリメントなどの吸収を阻害してしまう可能性もあります。

 

おそらくこういった理由から、タンニンは体を冷やす成分とされています。柿の葉茶の効能としても高血圧やのぼせ緩和・解熱などに役立つと紹介されているとことが多いので、逆を言うと飲み過ぎると低血圧や冷え性の場合はあまり良くないと考えられます。

特にタンニンの鉄分吸収阻害作用がネックかなと思うので、血液・鉄分自体が不足している(貧血)タイプの冷え性の場合は要注意かと。摂取量はもちろん、食事やサプリメントからの鉄分吸収が阻害されないように飲むタイミングに注意が必要です。またタンニンによる胃腸への刺激があるので、空腹時の飲用は避けたほうが良いそう。

 

柿の葉を入浴剤として利用する

冷え性という観点で見ると、柿の葉をお茶として飲むよりも「入浴剤として利用」した方が無難です。というのも、柿の葉茶は摂り過ぎで体を冷やしてしまう可能性がありますがkyukyu、入浴剤としての利用であれば飲用時ほどタンニンの摂取・体を冷やす心配する必要が少ないため。

酒粕しょうが粒

6月病にも、冷えにも、アスパラを食べよう

5月病ならぬ「6月病」という単語をネットでちらほら見かけます。疲れやストレスは溜まる一方だし、6月も連休はないし、梅雨の気配がするし、鬱々…という方も多いのではないでしょうか? 日によって気温差もまだありますし、私はどこが悪いということはないのですが全体的にどんより重い「The ダル重」感と戦っております。

そんななか私の大好物(でも高いから頻繁には食べない)アスパラガスが、心の体の疲れ緩和に役立ってくれるという。旬でちょっと安くなっているし食べたいなぁと思いながら調べたら、冷えとかむくみとか女性の大敵改善にも役立そうな気配だったので、それを言い訳に買っちゃおうかなとニヤニヤしております。
ざっくりと自分に関係の有りそうな栄養成分だけ覚えるためにまとめ(余談ですけど、ブログとかに情報をまとめて書くと結構覚えていられたり…しますよね?)
 

運動時にも、ストレス疲労にもアスパラは役立つ

アスパラガスの代表成分とも言えるのがアミノ酸の一つ「アスパラギン酸。名前からアスパラ由来(?)な感じもしますが、それもそのはずアスパラガスから発見・抽出された成分なのだそう(現在ではアスパラ以外の食材にも広く含まれていることが認められていますし、同グラム比較の場合はアスパラガスよりもアスパラギン酸を多く含む食材もあります)。アスパラガスは野菜の中ではタンパク質含有が多く、アスパラギン酸を筆頭としたアミノ酸含有量も多いことから“スタミナ野菜”の1つに数えられています。

【体の疲れ緩和との関係】
アスパラギン酸といえばスタミナドリンクに配合されていたりしますが、これはエネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸の一つであると共に、エネルギーを作り出すクエン酸回路(TCAサイクル)の活発化を助けたり、エネルギーを貯蔵するグリコーゲンの生成促進に役立つためだそう。アスリートや運動をする方向けの成分という印象が強いですが、酸化ストレスの増大からもTCAサイクルの低下が起こると言われています。精神的・肉体的なストレスによって栄養吸収の低下が起きるとする説もあり、現代人はTCAサイクル機能が低下しやすいのだそう。
   

マグネシウム不足を無くすと冷え改善に繋がるかも

カプサイシンやショウガオールなどは有名ですが、ビタミンB群は代謝アップ・ビタミンEは血行促進などビタミン類も冷え改善に役立ちそうな成分はなんとな〜く想像付きます。しかし“ミネラル”というと鉄欠乏性貧血改善に役立つ鉄分、むくみ緩和に役立つカリウムが間接的に冷え改善に関係するかな〜くらいで、あんまり冷えとりと関係ないと思っていた私。

最近「マグネシウムが冷え性に良いらしい」との話を聞いて(今更かよって話ですが)、調べてみたら、よくわからないけどマグネシウムすごいやつらしいです。冷え性改善に確かに色々関係している模様。
 

マグネシウムの働きとは?

マグネシウムはミネラルですが、何の働きがあるのと聞かれるとちょっと微妙な存在。一番知られているのが「腸に水分を送ってくれるから、便秘改善に役立つ」ということかなと思います。マグネシウム系の便秘薬もあるしね。

マグネシウムの基本的な働きとしては“300以上の酵素の働きを助ける存在・補酵素”ということらしい。マグネシウム自体が体を温めるとか、血液を送るように刺激するような作用はないものの、タンパク質の合成・エネルギー代謝・体温調整・血流調整・筋肉や血管の収縮弛緩・神経伝達物質の合成など、ありとあらゆることに関係している存在です。

そのためマグネシウムの不足は疲労感や無気力、偏頭痛、イライラなどの情緒不安定をはじめ、骨粗鬆症や不整脈・心疾患などなど幅広い不調の原因となるそう。原因不明で治らない不定愁訴と言われる不調も結構当てはまりますし、PMS(月経前症候群)の症状が重いのもマグネシウム不足では?という説があるようです。 

とことで。マグネシウムってたまに単体サプリも見かけますが(海外サプリ系は結構ある?)、身近に売られてるものってカルシウム&マグネシウムがセットのものとか、マルチミネラルタイプが多いくないですか?こういうの↓

なぜカルシウムとマグネシウムがセットのサプリが多いかというと、カリウムとナトリウムがバランスを取り合う存在であるように、マグネシウムはカルシウムがペア相手だから。血中のカルシウムとバランスを取り合うことで筋肉や血管の収縮・弛緩のバランスを取るなどの働きがあるほか、神経伝達物質の働きを正常にする効果も期待されています。
…そういえば昔“精神安定に良い組み合わせ”って健康番組で見たような。
続きを読む >>
| 2016年06月04日 | 冷えとり小話 | trackbacks(0) |
Copyright (C) 温→暖活!! 〜冷え症改善〜. All Rights Reserved.